いつか光が射すように

アスベスト疾患の悪性胸膜中皮腫で亡くなった父の闘病記です

最新記事

すべて表示

終わりに

労災の認定もまもなく正式におりるであろう今日この頃。 これで父の、突然に始まった闘病と死を超えての労災手続きは終わる。 思えば、事が始まってまだ1年にも満たない。 去年の今頃は…、とまだ生きていた父の様子を思い出しながらの日々だ。 年末年始を(床に臥しながらも)最後に迎えた約1年前。 父は得意料理のもつ煮を作ってくれた。 ...すべて表示すべて表示

労災認定

2008/11/20(木) 午後 4:42

特に目に見える進展もなく、認定の言葉を待つ日々が続いていた。 そして先週。実家の母へ書類が届いた。 そこには、労災給付金の決定支給額と振り込み予定日を告げる書類、 確認と手続きのため監督署に出向くようの通達があった。 まだ仮ではあるが、労災の認定がおりたということらしい。 担当者からあらかじめ電話でその旨の報告があるとか ...すべて表示すべて表示

保留

2008/9/14(日) 午後 3:40

もうすぐで父が亡くなってから、半年になる。 色んな人が気持ちが落ち着くまでの期間のことを、 「半年は無理」とか「私は1年かかった」とか教えてくれる。 なかには、「いつまで経ったって無理」と言う人もいる。 今の正直な私の気持ちはこうだ。 父が亡くなったことは、もう仕方ないからいい。 どうせ人はいつか死ぬんだし、そのいつ ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事