全体表示

[ リスト ]

◇昨日はひどいの一言。何せ、2頭しか放送がない。


[ 各コースの時計の見方 ]


◆坂路(美浦は左回り・栗東は右回り)


◇ 800m − 600m − 400m − 200m での時計
◇( 地点 )−( 地点 )−( 地点 )−( 地点 )


◆コース(美浦=南Wコース:南芝コース:北Cコース:南Dコース:南Pコース)
    (栗東=芝コース:Bコース:CWコース:DWコース:Eコース)


◇6ハロン − 5ハロン − 4ハロン − 3ハロン − 1ハロン での時計
( 地点 )−( 地点 )−( 地点 )−( 地点 )−( 地点 )


◆各コースについて


◇南Wコース・CWコース:DWコース = ウッドチップコース


◇北Cコース・南Dコース・Bコース・Eコース = ダートコース


◇南Pコース = ポリトラックコース



ーーーーー 



< 札幌競馬場・コース追い・7月1日 >




●アポロフェニックス:柴崎勇厩舎:助手騎乗:札幌ダートコース(右回り・重馬場):単走


◇時計:時計無し − 70,1 − 55,2 − 41,0 − 12,5(お終い少し手動く)



◇短評:フォームはいい。ただ、直線ではアタマが少し上がり気味の上、逆手前のまま。
お終いにいくにつれて加速。軽快な脚取りを見せる。軽めの稽古。最後は、回転速いフットワークに。
逆手前のままなのが、惜しい。



[ 採点 = 8,8点    ]




●グランプリエンゼル:矢作芳人厩舎:藤岡佑騎乗:札幌ダートコース(右回り・重馬場):併せ内


◇時計:時計無し − 69,1 − 52,3 − 38,3 − 11,9(やや強めに追う)


◆外のアルトップラン:やや強めに追うをコーナー中間で2馬身ほど追走し、半馬身先着



◇短評:たぐるような、回転の速いフットワークでコーナーを回る。
これでも予定外なのか、併走馬の乗り役はしきりにこの馬のほうを向く。
すぐに手前を替え、たぐるような、見栄えする脚取りですぐに並ぶ。
そのまま、先着。追われてから、フットワークが少し小さくなるけど、伸びは悪くない。


[ 採点 = 9,3点    ]



< 函館競馬場・コース追い・7月1日 >




●マヤノツルギ:梅内忍厩舎:助手騎乗:函館Wコース(右回り・重馬場):単走


◇時計:時計無し − 69,5 − 53,5 − 39,2 − 12,4(ムチ数発・軽く追う)



◇短評:厚みのある馬体ながら、それを使いきれてない。ムチが入り、追われるけど、
クビはあまり動かないし、活気はひと息。力で走ってる感じで、軽快さはイマイチ。
悪い、とまではいかなくても、目立ちもしない。


[ 採点 = 8,8点    ]




●メジロシリング:北出成人厩舎:松田騎乗:函館ダートコース(右回り・重馬場):単走


◇時計:時計無し − 66,4 − 51,1 − 37,2 − 11,9(強めに追う)



◇短評:姿勢もそうだけど、頭が高い。広めの函館ダートコースを大きく回り、直線へ。
手前を替え、軽快な脚取りで走行。クビはあまり使えてないし、少し硬さも感じられる。


[ 採点 = 8,8点    ]




●インセンティブガイ:角居勝彦厩舎:助手騎乗:函館Wコース(右回り・重馬場):併せ外


◇時計:時計無し − 時計無し − 56,5 − 41,0 − 12,6(軽く手が動く)


◇内のキャニオンブラウン:心持ち抑え気味にコーナー終盤で半馬身ほど先行し、アタマ差遅れ



◇短評:外を回るといっても、函館のウッドコースは実に狭い。直線では先行せず、遅れず。
ただ、併走馬に先行され、その後、追いつけず。クビは動くけど、少し硬さが感じられ、
特に良くなった感じはせず。


[ 採点 = 8,5点    ]




●アーバンストリート:野村彰彦厩舎:助手騎乗:函館Wコース(右回り・重馬場):単走


◇時計:時計なし − 64,2 − 49,8 − 37,3 − 13,3(少し手が動く)



◇短評:クビが良く動き、コーナーを回る。手前もすぐに替える。少し、硬さは感じられる。
そのせいで、クビを動かしてても、活気良く推進力ある・・・というふうには、いってない。
いい頃ほどか、どうか。



[ 採点 = 8,8点    ]




●タニノマティーニ:須貝彦三厩舎:宇田騎乗:函館芝コース(右回り・重馬場):単走


◇時計:時計無し − 66,1 − 50,4 − 36,4 − 11,5(軽く追う)



◇短評:直線入るまでは、ほぼ持ったままで走行。内を小さく回り、直線へ。
少し、外向きながらの走行。アタマが少し高いし、手前を替えたのは直線半ば。
そこからはクビが動き、脚取りも力強さが増す。とはいえ、少し軽めに映る。


[ 採点 = 9点    ]




●エムオーウイナー:鹿戸雄一厩舎:助手騎乗:函館Wコース(右回り・重馬場):単走


◇時計:時計無し − 63,3 − 49,0 − 37,1 − 12,9(軽く追う)



◇短評:頭は高めながら、それに見合った脚取りの大きさがある。
クビは使えてるけど、頭が高いし、逆手前のまま。
軽快な脚取りで道中走行も、前半飛ばした?影響か、お終いはあまり余裕なく。


[ 採点 = 8,8点    ]




●エーシンエフダンズ:藤岡健一厩舎:助手騎乗:函館Wコース(右回り・重馬場):単走?


◇時計:時計無し − 67,3 − 52,2 − 38,1 − 12,0(少し手が動く)



◇短評:併せ馬?外の馬を内から追走。コーナーワークで先行。アタマが恐ろしく高い。
ただ、手前を替えると、脚の回転が実に速くなり、併走馬を突き放す。
脚の回転の速さだけで走ってるようでは、ある。もっと、全身が使えれば、だけど。


[ 採点 = 9点    ]



< 札幌競馬場・コース追い・7月2日 >




●スピニングノアール:長浜博之厩舎:助手騎乗:札幌ダートコース(右回り・やや重):単走


◇時計:時計無し − 時計無し − 53,3 − 39,0 − 12,4(軽く追う)



◇短評:引き返し装着。コーナーでは持ったままながら、クビは良く動き、軽快な脚取り。
ベロがハミを越してるあたり、少し気性の問題も感じさせるけど、逆手前のままながら、
回転速い、実に活気ある脚取りで走行。もともと攻め馬は動くタイプながら、活気は1番。
細かいところに、問題は感じるけど。


[ 採点 = 9,5点    ]



< 調教VTRないっす >


○アルシラート:森秀行厩舎


○ウエスタンダンサー:崎山博樹厩舎


○シンボリウエスト:鹿戸雄一厩舎


○ブラックバースピン:手塚貴久厩舎


○メイショウトッパー:白井寿昭厩舎


○モルトグランデ:久保田貴士厩舎




★スピニングノアールが動くのは、もともと。今回、ダート追いで、余計に動いてる感じ。




[https://horserace.blogmura.com/keiba_yosou/ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ(文字をクリック)]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事