独断と偏見で「世の中」を語る

ちょっと話題を広げ過ぎですが・・・・

全体表示

[ リスト ]

裁判長って何様?

ちょっと長くなりますが、愛媛新聞の記事から引用します。

【国旗国歌強制は違法】
 『東京都立高校などの教職員が都と都教育委員会を相手に、入学式や卒業式で国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務がないことの確認などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は21日、国旗国歌の強制は許されないとして請求を認め、斉唱しないことなどを理由とした処分を禁じた。
 難波孝一裁判長は国旗国歌法の制度趣旨などから「教職員の意に反し、懲戒処分してまで起立、斉唱させることは憲法が定める思想良心の自由を侵害する行き過ぎた措置だ。斉唱などを強制する都教育長通達や各校長による教職員への職務命令も違法」と判断した。
 職務命令による精神的苦痛の損害賠償として、原告全員に対する1人当たり3万円の支払いを都に命じ、原告のうち音楽科教諭には、国歌のピアノ伴奏義務がないことも確認した。
 国旗国歌法の制定後、国歌斉唱などの強制を違法と認定した司法判断は初めてとみられる。原告と弁護団は「極めて画期的な判決。教育基本法改悪にも歯止めをかける」との声明を発表した。
 原告は都立高校と盲・ろう・養護学校の現・元教職員計401人。
 判決によると、都教育長は2003年10月「国旗への起立や国歌斉唱の実施に当たり、各校長の職務命令に従わない場合は服務上の責任を問われる」との通達を出し、各校長は通達に基づく職務命令で、教職員に国旗への起立や国歌斉唱を強制した。原告は04年1月以降、順次提訴した。
 難波裁判長はまず「日の丸、君が代は第2次大戦終了まで皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱で、現在も宗教的、政治的にその価値が中立的なものと認められるまでには至っていない。信仰に準じた世界観、主義、主張から国旗掲揚や国歌斉唱に反対する人は少なからずいる」と指摘。
 また「国旗国歌は強制するのではなく、自然のうちに国民に定着させるというのが国旗国歌法の趣旨であり、学習指導要領の理念」との解釈を示し、国旗国歌を強制する通達や職務命令は「教育基本法が禁じた教育への不当な支配に該当する」と認定した。
 その上で「式での国歌斉唱などを積極的に妨害したり、生徒に国旗国歌の拒否をあおったりしない限り、教職員には国歌斉唱などを拒む自由がある」と結論付けた。
 原告のうち既に退職した32人については、損害賠償だけ認めた。』

小生は法律家ではないので、純粋に法的な批評・批判は控える。これは今後高裁、場合によっては、

いや間違いなく最高裁まで争われるだろうと思われるからその判断を待つしかない。

ただ、小生がどうしても気になるのは次の一節である。

『日の丸、君が代は第2次大戦終了まで皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱で、現在も宗教的、政治的にその価値が中立的なものと認められるまでには至っていない。信仰に準じた世界観、主義、主張から国旗掲揚や国歌斉唱に反対する人は少なからずいる」と指摘。』

これは明らかにこの裁判官の個人的思想であり、全く客観性を欠いている。『皇国思想や軍国主義』を精

神的に支える為に「日の丸、君が代」を作ったのではない。歴史的にそうした時代があったことは確か

だが、「日の丸、君が代」はずっと以前から、法制化こそなされてなくても、国旗、国歌として歌い続け

られて来たもので、日本という国の精神的支柱ではあっても、『皇国思想や軍国主義』だけの支柱であっ

たと考えるのは余りにも偏った歴史観である。これこそ「歴史観の強制」だと言って過言ではない。

次に、なぜ職務命令が出たのかということへの考察が無いことを指摘する。いみじくもこの裁判官が言う

「自然のうちに国民に定着させるというのが国旗国歌法の趣旨」を、ある特定の思想で否定し、妨げ、そ

れを子供に教えるという不必要な教育を授けようとする、職業、立場を無視した、或いは忘れた教師がい

るから、やむなく出たのが「職務命令」と考えるのが自然だろう。

『式での国歌斉唱などを積極的に妨害したり、生徒に国旗国歌の拒否をあおったりしない限り』と裁判官

自ら述べている通り、こうした騒ぎが全国で起きたことに全く無知な判決と言わざるを得ない。

小生は、思想、信条、表現、宗教の自由をもとより強く求める立場をとる。その意味では、どこやらの国

のように、ネットでの発言に強い制約を加えたり、時代として当然流通する他国の文化に規制を加えたり

する独裁国家に比べて格段に民主化された国が日本だとも思う。

従って、訴えた401人の教師が全くの個人としてどんな主義を持とうが、理解不能な思想に染まろうが

それをとやかく言おうとは思わない。しかし、それが知識、判断力に未熟な若者に、教育としてある種の

「刷り込み」をすることには、断固として反対する。そんな個人的な主観に過ぎない価値観を押し付ける

のは「教育」では絶対にない。もし、「日の丸」が血塗られた歴史を抱合する国旗と教えるなら、中国の

国旗は今もなお「血をすすっている」国旗と教えよ。北朝鮮の国旗は拉致された他国の人の涙で相当に

重くて掲げることさえ困難と思われると教えよ。世界中に「血塗られていない」国旗など探すのに苦労す

るほどであるという国際政治の非情性も教えよ。世界がワールドワイドな動きを始めたのが1492年の

コロンブスからだとすれば、それ以降の歴史で世界の列強が何をしてきたか。その流れの中で日本が如何

に危ういところを、いかにして切り抜けたか。切り抜けようとして、勢い余って間違った判断もあった。

それもこれも「歴史」だときちんと教えよ。一つ間違えば、インド、インドシナ半島の国々と同じ運命を

辿っても少しもおかしくなかった時代があったことを教えよ。その全ての時代を「日の丸、君が代」は見

てきた象徴的証人ではないのか。それでも納得できなければ、自分だけの戦いにせよ。子供を味方にしな

ければ戦えない程度の思想なら、社会で通用するはずもない。

余程のことがない限り「クビ」にならない「温室」で、税金を生活の糧とする立場に甘えて薄っぺらな

正義感など振り回して欲しくはない。それより、分数も小数点も分らない子供を一人も作らないように、

あるいは「いじめ」で登校出来ない子供を一人でも多く救う仕事を命がけでせよ。「クビ」を覚悟で、問

題児やその親と対峙せよ。そして、「飲酒運転」でつかまる、またはセクハラで問題化する教師仲間は

一人も出さない運動に熱中せよ。それでこそ「先生」として尊敬される人間に成られるのである。

それでこそ、税金を使って働いてもらう「公務員」に相応しい教師なのである。国家の命令や指導で働き

たくなければ、あえて民間に移って同様の行動をしてみるがいい。

良くも悪くも「公務員」というのは、国家や自治体という「公」が雇い主なのである。小泉さんは、コメ

ントを求められて「法律以前の問題」と切って捨てた。その通りである。

閉じる コメント(23)

顔アイコン

ご訪問、ありがとうございました。 この裁判のために、平日、有給休暇を利用して“思想活動 ?”をする感覚がわかりません。 その間、子供たちは、自習をしているのでしょうか ? 昔の国鉄の順法闘争を思い出します。 自分の主義に合わないのなら、都立をやめて、自分の主義にあった学校に再就職すればよいのです。 社会の枠に従わないで、自分の寸法に枠を変えようとする行為。 そんなことを皆がしたら、社会が構成されないと思うのですが・・・ 削除

2006/9/24(日) 午後 6:23 [ あらま ] 返信する

顔アイコン

あらまさん>コメント有難うございます。おっしゃる通りですが、こんな教師は民間ではすぐにはじき出されるのがオチです。社会規範にそぐわないのが社会規範を教える立場にいることがおかしいですよね。

2006/9/24(日) 午後 10:16 [ mak**ou081* ] 返信する

顔アイコン

こういうトンデモ教員と学級崩壊、指導力低下との間に何らかの相関が無いか調べてみたら面白そうですね。

2006/9/25(月) 午前 1:25 [ 太郎ともも ] 返信する

顔アイコン

太郎とももさん>直観としては、間違いなくトンデモ教員が大きく影響しているのだと考えます。彼らは「教師も一労働者」という発想が原点にあり、独善的な思想教育を正義と考える人種ですから。また、一生懸命にやろうとする教師をスポイルしていることも多いのだと聞き及んでいます。

2006/9/25(月) 午後 6:39 [ mak**ou081* ] 返信する

考え方が間違っているようでしたらご指摘ください。わたしは、敬意を払うべきは国旗や国歌ではなく、時に間違った方向に進みはしたけれどそれでも今日までこの国を築いてきた名もなき先人たちであると考えています。国旗や国歌はその象徴です。国際試合において選手たちが時に胸に手を当てて国旗を見上げ国歌を歌うのは、自分たちの前に道を切り開いた数多くの先人たちや同じ国の名の下に集う同胞たちへの尊敬と彼らの思いや威信を背負って闘う覚悟の表明に他ならないと考えています。

2006/9/26(火) 午後 6:53 taka 返信する

顔アイコン

それらは決して法によって強制されるべきものではないです。強制されなければならないほど情けない国民に成り下がった覚えはありません。まして、思想の自由などとほざくなど言語道断。イヤなら日本を出て行けばいいとさえ思ってしまいます。

2006/9/26(火) 午後 7:42 taka 返信する

顔アイコン

takahappyさん>おっしゃる通り、国を築いてきた先人達、つまり垂直の情念を国旗、国歌に見る情緒が大事だと考えます。しかし、残念ながら法制化しなければ成らないほど「情緒」を失い、法制化してもダダを捏ねる輩が少なくないのが現状だと思われます。しかも、ダダを捏ねる連中が正義であるかのように扱うマスコミの姿勢も改まりません。

2006/9/26(火) 午後 9:57 [ mak**ou081* ] 返信する

私はこの裁判は正しいと感じました。確かに先生方もヒステリックではありますが、でも、三国人呼ばわりする国粋主義者の知事が、日の丸を強要することのほうが恐ろしいと思えてなりません。それは危険な、ナショナリズムだと思います。校長が国旗を、国家を掲示・演奏するのはいいとして、それを生徒や教師に強制するのはどうかと思います。まして、懲戒処分とは。いきすぎです。いやなのは、こういう雰囲気が、軍備拡張や徴兵制へと道を開きそうな気配を持っていることです。

2006/9/26(火) 午後 11:10 ぱーぷるふぃんがー 返信する

顔アイコン

ぱーぷるふぃんがーさん>今晩は。初めて反対の意見に触れて、逆に意義深く受け止めています。これこそ議論の原点ですから。ところで、国民が意識的に国旗、国歌を貶めるような行為もしていない、或いは精々無関心程度の状況で強制となればこれは危険です。しかし、ギリギリまで国民の日本人としての情緒に任せようとしてきたと考えます。それを良いことに 公務員たる教師が子供に知恵をつけ、反対し、式典を妨害する輩が後を絶たず、法制化し強制的指導をせざるを得ない状況になったと理解しています。

2006/9/26(火) 午後 11:34 [ mak**ou081* ] 返信する

顔アイコン

日の丸の「白地」は戦争で犬死した人の骨の色、赤い丸はその血の色と、 知識も理解力も不十分な子供達に、公務員たる教師が「刷り込み」に近い教育を施すという状況が強硬な指導を生んだと解釈しています。 歴史教育としても非常に偏ったもので、これで育った若者が国旗、国歌を 自然に敬うはずがありません。しかも、度重なる注意を無視しての行為で謂わば「確信犯」的行為で処分は覚悟の上と思われます。いや、処分を 「奇貨」として新たな闘争のネタと考えている節さえあります。

2006/9/26(火) 午後 11:43 [ mak**ou081* ] 返信する

顔アイコン

さらに、軍備拡張や徴兵制は現状の国際情勢の中で日本の主体的考えでは 絶対に許されない環境にあるだろうと思います。ただ、隣国の拡張主義や 「核保有」というパワーゲームが度を過ぎる時、そしてそれに安易に迎合する売国的行為が目にあまるなら、鍵を握る米国の出方によってはあり得る選択肢だろうと思います。いずれにしても、かつてのように日本だけの判断で全てを決することは不可能な国際環境だろうと考えます。

2006/9/26(火) 午後 11:50 [ mak**ou081* ] 返信する

一部の教師の行き過ぎが目に余る、と言うのも理解できます公立幼稚園は小学校に併設でしたので、そういう教師も目にして来ました。国旗も、君が代も、私は否定はしません。でも、たるんだ若者の性根を正す、と言うような知事の発言、そしてそのための国旗、国家であるなら、それには嫌悪感を持ちます。たるんだ若者は、いい加減な大人の生き様を映す鏡です。

2006/9/27(水) 午前 9:22 ぱーぷるふぃんがー 返信する

国旗国歌を強制することは、たとえば、農薬をヘリコプターでまくことです。本当に育てるにはまず土を豊かに耕すことではないでしょうか。それは、良い教育環境を、大人として整備してあげることと思います。こういう形で強制されると、多感な思春期の高校生は、かえって疑問に思い反発することでしょう。柔らかな子どもの心に無神経な人たちは、実はただ、兵隊さんごっこが好きなのじゃないのかと疑いたくなります。

2006/9/27(水) 午前 9:34 ぱーぷるふぃんがー 返信する

顔アイコン

主義主張を子供達の目の前で公然と押し通せると思っているところから言語道断ですよ。たとえ思想的に違う思想を抱えていてもそれは個人的なもので、やるべきところでははやらなくてはならない。式次第に国歌斉唱とあっても歌いたくないから歌わないとダダをこねてる訳ですからね。歴然と現在も国旗は日の丸で、国歌は君が代であるのです。立場を放り投げて個人的思想をさらすのは間違い。仕事です。民間でそんな我儘はききません。教育的にも教師として恥ずかしい事だという意識もない事がそれ以前の問題なのです。

2006/9/27(水) 午前 11:08 mar*ko*ens* 返信する

顔アイコン

言論、思想の自由を今一度深く教師の立場上、考えるべき。自由だからこそ、その自由を尊重して個人的言論や思想は思慮深く慎まなくてはならない。強制ではなく、日本国として現在も国歌は君が代で、国旗は日の丸であり、ましてや教師は公務に携わる者。であれば、その責務を全うすべき。個人的思想は別として。職務命令をださねばならぬ程の教育現場であるという事自体の方が問題では。。。ワカッテナイな〜いっくら言ってもワカランなーね、makiyouさん。。。

2006/9/27(水) 午後 0:16 mar*ko*ens* 返信する

顔アイコン

ぱーぷるふぃんがーさん>小生は知事の発言は知りませんでしたが、あの人一流のパフォーマンス的発言なのでしょうね。子供も途中からの強制に反発を覚えるのもいるだろうとは思います。しかし、国旗に敬意を表し、堂々と国歌を歌うのは世界的に当然の振る舞いですから、そこをきちんと教えて訓練することは決して悪いことではないと思います。でないと、口でいくら国際化を叫び、外国語を学んでもなんら意味を成しません。

2006/9/28(木) 午後 9:57 [ mak**ou081* ] 返信する

顔アイコン

マリコ先生>おっしゃる通り、命令を出さなければならないことが大問題なのです。公私の区別も、職務上の区別もつかないのがやたらと増えてきている。下は電車の中での飲食、化粧、上は教師の個人と公人の立場を忘れる行為。全てに通底するのが「私だけ」の広がりだと思います。

2006/9/28(木) 午後 10:03 [ mak**ou081* ] 返信する

顔アイコン

「コメント」拝見致しました。「ご教示」有難う御座います。今後とも、よろしくお願い致します。heihoujyuku

2006/9/30(土) 午後 1:23 [ 兵法塾 ] 返信する

顔アイコン

heihoujyuku さん>とんでもないことです。こちらこそ宜しくお願いします。

2006/9/30(土) 午後 4:40 [ mak**ou081* ] 返信する

私は、基本的に国旗国歌の学校の儀式での実施については賛成です。しかし、国旗国歌は教師個人の思想というよりは、教職員組合の闘争手段として利用されて来たようにも思います。一方で、日本人学校への派遣や管理職や指導主事などへの道が開けたとたんに、国旗国歌擁護派に転向した教員がいかに多いことか。そういう管理職に強制されたら、意地でも反対したくなってしまいます…。

2006/10/3(火) 午後 5:59 マック 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事