まこちゃんのブログ

てれんこぱれんこしちょるあいだに、梅雨に突入しちょった!(*^-^*)

まこカフェ

すべて表示

ソール・ライターに憧れて  *** Diana Krall 「The Look Of Love」 ***

5月中旬の、朝から雨の日でした。

イメージ 1

兵庫県の伊丹市立美術館に「ソール・ライター展」を見に行ってきました。
画家の目を持った、ソール・ライターの写真は、実に美しかった!

音楽を聴きながら、どうぞ♪

                          Diana Krall 「The Look Of Love」 
                         https://www.youtube.com/watch?v=Yr8xDSPjII8



イメージ 2


赤い傘が印象的な写真が、ポスターになっていました。
伊丹市美術館は、以前、鴨居玲の絵画展を見に来たことがありますが、静かでとてもいい美術館です。伊丹の街並みも好きです。


イメージ 24





イメージ 3






イメージ 4


伊丹を出て、大阪の商店街を歩きましたが、けっこうな雨が降っていました。
ソール・ライターの影響で、少し絵画的な写真を撮ってみたくなりました。
ソール・ライターのように、美しい写真はなかなか撮れませんが・・・


イメージ 5






イメージ 6






イメージ 7






イメージ 8
イメージ 9



























翌日に奈良の當麻寺の練り供養を見るために、電車で、橿原神宮前駅まで行きました。

イメージ 10





イメージ 11


當麻寺の練り供養は、この次に。
・・・と、ここで終わらないのが私たち。花より団子!文化よりお寿司・焼き肉!(笑)


イメージ 12





イメージ 13をh


       お昼は「春駒」のお寿司。夜は、鶴橋の「空」の焼き肉!!


イメージ 14





イメージ 15


今日の私は、大阪のアーケード商店街の中で買った久留米絣のもんぱん(もんぺぱんつ)と、白いTシャツ、黄色とブラウンのコンビのリネンのエプロンをつけて、仕事をしております。

イメージ 16


梅とあんずをいただきました
梅酒と梅シロップをつけこみ、あんずはあんずジャムにしようかと思っていましたが、生でかじるのが一番美味しい!


イメージ 17
イメージ 18


























ああ、もう6月だ。庭の紫陽花も咲いていました。


イメージ 19
イメージ 20


























やはり、いただきもののアーティチョークと、女郎花によく似たハーブの花。
葉っぱはアスパラガスのようですが、独特の匂いがします。お肉を焼く時につけると美味しいそうです。キッチンに生けてみました。


イメージ 21


ゴミ出しをした後よく見ると、アゲハ蝶が土の上で、ちっとも動かず止まっています。わが家の庭の、蝶がたくさんくる白い花の上に置いてやりましたが、やっぱり動きません。しばらくすると、ざあざあ降りの雨が・・・
赤い傘をさしてやりました。晴れるとどこにでも置いてくるので、赤い傘しかありませんでした。
あ、ソール・ライターの赤い傘のようだ!( *´艸`)
しばらくしても、やはりアゲハ蝶は動かず、晴れても動かず・・・
2日くらいその場にいて、それからいなくなり、またやってきたり、いなくなったり・・・
元気になったんだ!


イメージ 22


そのうち、お礼の玉手箱を持ってくるかな。うひゃ( *´艸`)
いや、玉手箱は開けちゃいけない。お爺さんになる。(いや、爺さんにはならんじゃろ。婆さんか?!いや、もう婆さんになっちょる(-_-;))
つづらも小さい方がいいに決まっちょる。一応、学習している。
でも、今日はとってもいいことがありました。アゲハ蝶のお礼かも〜!(#^.^#)


イメージ 23


蝶といえば、今年はアサギマダラは来てくれるだろうか。
この三日月とフジバカマの絵は、母の従兄弟のお嫁さんの妹、つまり遠縁の者が描いたものです。三日月の出始めは、まだ青の残る空の色。
そんな空の色が好きです。
庭のフジバカマもグングン大きくなって、アサギマダラを待っています。


その他の最新記事

すべて表示

2014年4月のちいさな演奏会は、クラシックギターデュオでした。 ...すべて表示すべて表示

2014年2月5日のちいさなちいさな演奏会は、全国でライブ活動をされている西尾まさきさんを迎えて。 曲は、 西尾まさき 「Kansas City」 ...すべて表示すべて表示

二十四節気では、2月19日から3月5日までが雨水。 降る雪が雨へと変わり、氷が解け始めます。大地が潤って目覚め、昔から、この時季は土を耕す準備の目安とされてきました。 新芽の目覚めを促すこの時季の雨を「木 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事