ここから本文です
諦めたら負け、投げなきゃ釣れない!!!

7月23日 ロックショア

釣果もありませんでしたので書いていませんでしたが、備忘録も兼ねて書いておきます。

週間予報では日曜日は雨!
雨なのがわかっていてツーリングしても楽しくないな…
ってことでイナダ&シイラ狙いです。
ま、結果的には快晴だったわけですが(笑)

夜中に入礁
マイカ&ハチガラ狙いも兼ねています。
新月の大潮でしたから、期待していましたが…
漁火もありませんし、根魚は小型のガヤばかり。
投げの方は30前後のハチガラをパラパラと釣っていたようです。

うっすらと空がしらみ始め、タックルチェンジ!

イメージ 1



本業の時間です♪

シイラを意識してポッパー、ダイビングペンシル、シンキングペンシルとローテーションしていきます。

が…
潮も動きませんし、たまーにイナダらしきチェイスがある程度。
うーん。厳しいですねぇ…

広大なフィールドには恐らく20人近く居たと思いますが、見渡す限り釣れている様子も無く…

10時頃、終了としました。
トップにはチェイスもありましたので、全く魚が居ないわけではなさそうでしたが、潮が動かないとやはり難しいですね。
ま!快晴のロックショアで思う存分ロッドが振れたのでよしとします!



イメージ 2





また来ます!夢を求めて…

この記事に

夜の磯でイカやハチガラを釣るべく日本海へ。

3人での釣行ですが、いつも夜の磯はエキサイティング…
初めて入る磯へ夜中にアプローチし、イカとハチガラをあの手この手で探るも応答がありません。

結局、日の出を迎えショアジギタックルに持ち変えることになりました(笑)
先週で終わりにすると言ったのに…諦めの悪い(((^_^;)

ちょっと気になるターゲットも居ますのでポッパーからスタート。

すると…

イメージ 1


うわっ!?
ちょっとびっくりです。

初めましてシイラさん♪
90センチありました。

ほんとに釣れた…

その後もイナダに2本ほど遊んでもらって

イメージ 2


なんか大満足(笑)

7時過ぎ、ケータイのアラームが豪雨に注意せよと告げている。。。
撤収しようと思っていたら、同行者さんのドラグが悲鳴をあげてます!

イメージ 3


メーターオーバーのシイラ!
スーパーダッシュとアクロバティックなジャンプ!
これはこれでエキサイティングなターゲットですね。

なんか…北海道じゃないみたい(笑)

撤収し、片付けをしているとやっぱり凄い雨が降ってきましてギリギリセーフでした(((^_^;)

今回は嫁も車中泊でついてきていますので。

イメージ 4

イメージ 5


美味しいランチを堪能して帰宅しました。


自分はやっぱりロックやエギングよりもガチのショアキャスティングが好きみたいです(笑)
またチャンスがあれば別のターゲットも狙ってみます!

こうしてみると…
やっぱり大遠征もしてみたいですねぇ…

この記事に

開くトラックバック(0)

ロックショア釣行

上期のブリシーズン。
前回で終わるつもりでしたが、まだ行けるかな?と、欲が出まして(笑)
いつも一緒に行ってくれる方々も同じ思いだったようで、総勢5名の釣行となりました。
今回はブリが登場しません。。。備忘録を兼ねていますので悪しからず。


まず夜中に日本海の漁港にて、何か居ないか探索!

イメージ 1


あら♪お久しぶりです。

夜明け前に磯に着くように行動開始します。
もうこの時点で話題はツナドリームやら、シイラ、ヒラマサ、カンパチ、真鯛などと夢はどこまでも膨らんでいきます(笑)

いつもの時間、まずはジグから3時40分スタートです。
大潮なのでちょっと期待していたんですけど、潮が効いていないようでノーバイト…
ダイペンやポッパーに切り替えて探ると、チュパッ!っとナマズのようなバイト!
のりませんねぇ。。。

他のみんなにもそれぞれバイトはあるものの、のりません。
これが一番恐れていた事態です。
「居るけど食わない!」
手を変え品を変え、あらゆる引き出しを駆使して誘いますが…
15時までみんな頑張ったんですが、全員完全ボーズ喰らいました(笑)
この立ち位置の近くにはワンドが有りまして、気が向いたのでペンシルを投げてみると磯際で銀鱗眩しい魚体がペンシルにアタック!
また謎が増えました。。。あの魚は一体…?

ロックショアの釣りは潮、魚の居所、活性などが噛み合わないと本当に難しいです。
まさにタイミングが大切ってところでしょうね。

イメージ 2

夢を語ると止まらない二人(笑)
いつの日か、必ず!!!

今日は残念な結果に終わってしまいましたが、ショアからの青物狙いですからこんな日もあるでしょう。
それでも楽しい一日でした。

帰りに魚の感触を味わいたい面々は…

イメージ 3

プラグでソイと戯れて癒されました。

これにて上期のブリ狙いは本当に終了です。
状況によってはまた狙うかもしれませんが…


また下期の戻りシーズンでお会いしましょうヽ(^○^)ノ

この記事に

開くトラックバック(0)

昨日、愛機との別れがありました。

イメージ 1

HONDA
CB1000SF

H5年式
かれこれもう24才になるオートバイです。
旧車の部類に片足を突込みつつも、その輝きは未だ衰える事はなく…

イメージ 2


威風堂々とした佇まい
美しいボディライン
乗れるもんなら乗ってみろ!と言わんばかりの巨体。

今時の最新鋭機と比較してしまえばスペックこそ劣るものの、その存在全てがパーフェクト

重い、パワーが無い、曲がらないとはよく言ったものです。

その車重は抜群の安定感を産み
過不足の無い、扱いきれるパワー
スロットル全開、高回転までキッチリ回して走る楽しさ
立ちの強く感じる車体は、ライダーが操り曲げていく楽しさ
こちらの問いかけにはいつも答えをくれたのはコイツが初めて

本当に良き相棒となるオートバイだと思います。

距離も65,000kmを超え、昨年大規模なリフレッシュを行いましたが…

イメージ 3



新しい出会いもあり、別れの決断をしました。
いままでありがとう。
ちょっと無理させたこともあったけど、いつも頼れる相棒でした。

ショップまでのラストラン
コイツとの別れも雨でした。
前相棒、SC54型CB1300SBとの別れも雨。

7/3
ガレージから最後の出庫
いつもなら元気に始動するエンジンも何故か愚図り気味…
そしてヘッドランプもこのタイミングで点かなくなり…

泣きそうになりました

最後まで感情表現の豊かな子でした。

次オーナーさんも同じ市内ですから、元気に走っている姿を見る日を楽しみにしていたいと思います。

イメージ 4



またなっ!!!

この記事に

開くトラックバック(0)

ショップ主催のロードツーリングに夫婦タンデムにて参加させていただきました。

今回からは納車ホヤホヤの↓コイツで♪

イメージ 1


兼ねてからの野望、国内最強メガツアラーに乗る!
遂に実現しました。

今回のツーリング、本当であれば富良野ジンギスカンツーリングだったのですが、北上すると雨模様…
ショップさんの機転で長万部カニ祭ツーへと変更になりました♪お陰さまで終始天候にも恵まれ、良い一日を過ごせました。

ルートは白老から大滝へ、壮瞥〜洞爺湖〜静狩から山に入り黒松内、長万部へ。
帰路は静狩、豊浦から山へ入りルスツ〜喜茂別、フォーレスト〜支笏湖、樽錦線を下り解散となりました。

帰路の広島峠、支笏湖周遊は楽しませていただき〜♪
ZZRの素性をほんのちょっとだけ、垣間見る事ができました!

あー、また途中の写真忘れてました(((^_^;)

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事