ここから本文です
BMW中毒みたいです。。。(F 33オーナー’s日記)
フェイスブック更新中。お友達募集中です(*^^)v

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

先日見にいきました、アルピナ B3 ビターボの詳細です。
アルピナは新型B3ビターボを開発するにあたり、まずはベースになる335iのツインターボ・エンジンを徹底的に研究することから始めた。
そしてピストンのスペシャルメーカーであるマーレとの共同で新しく高剛性のピストンを開発した。
これにより圧縮比を9.4に上げ、さらに最大過給圧も1.1バールまで上げることに成功したのである。
この結果、最高出力は360ps/ 5500−6000rpm、最大トルクは51kg−m(500Nm)/ 3800−rpmの間でそれぞれ発生する。
つまりリッターあたり120馬力のハイパフォーマンス・エンジンが誕生したわけである。
このスペシャル・パワープラントと組み合わされるトランスミッションは、ZF製の6速オートマチックで、スポーティーな積極的シフトを可能にするスウィッチトロニック機能も持っている。
この結果、スタートから100km/hに至る加速所要時間は4.9秒、さらに1kmまでの到達時間は23.8秒、最高速度285km/hとなっている。

ホイールとタイヤは、フロントが、8J・18インチ・225/40R18、リアが9J・18インチ・255/35R18サイズのミシュラン・パイロットスポーツ2が装着されている。19インチのオプション設定あり。

エクステリアは、フロントスポイラー、サイドシル、リアのトランクエッジ・スポイラー、左右2本ずつ計4本のエグゾーストパイプ。

アルピナは、BMW車の基本である前後アクスル50対50の重量配分を守っており、その結果、ロイードホールディングは非常にバランスのとれたものになっている。
日本市場でのプライスは995万円と発表されており、アルピナ正規代理店ニコル・オートモービルズでセールスが開始されている。

<全文記事より>

やっぱり、いいですね〜〜〜!!
こんな車見ちゃったら、もうダメですね。。。
我慢できなくなっちゃいますね。。。
でも、無理なものは無理(ノ_<。)

開くトラックバック(1)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事