ここから本文です
BMW中毒みたいです。。。(F 33オーナー’s日記)
フェイスブック更新中。お友達募集中です(*^^)v

書庫☆BMW☆

記事検索
検索

全77ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ということで、昨日はディーラーさんで
可愛いタオルをいただきました
 
イメージ 1
 
可愛すぎて使えません
 
 
イメージ 2

開くトラックバック(0)

と言うことで、記事が溜まってますけど、
本日の。。。
 
ちょっと気になる435のエンジン、やっぱり乗ってみないと・・・
と言うことで、ご近所からお声が掛かり行ってきました。
 
イメージ 1
エンジンを掛けた後は、結構静かです。
加速は、愛車君よりいいかも知れません。
(クーペだから当然?)
アクティブステアリングじゃないので、ちょっと操作に
戸惑います。
踏み込んだ時の音は・・・やや控えめ。
が、スポーツモードにしてみると
なかなかいい感じの音がします
音を耳に残したまま愛車くんに乗ってみると・・・
 
 
やっぱりこの音が好きな・・・
 
 
 
 
 
 
 
 

開くトラックバック(0)

 
BMWが17日(月)、新型「4シリーズ・カブリオレ」を発売。価格は826万円から864万円になっている。
ショート・オーバーハング、ロング・ホイールベース、後方に配置されたキャビンに加え、リトラクタブル・ハードトップの採用により、ハードトップの開閉にかかわらずバランスのとれた完ぺきなプロポーションを実現。
また、快適性と機能性に優れた3分割式のリトラクタブル・ハードトップには、吸音性に優れたルーフ・ライニングを採用し、大幅に遮音性を向上。さらに、トランク・リッドのボタン操作一つでトランク・ルームに格納されたルーフを持ち上げることが可能なコンフォート・ローディング機能により、ルーフをトランク・ルームに格納したままでも、容易な荷物の出し入れが可能。
搭載されるエンジンは、直列6気筒の3リッター、ツインパワーターボ。これに8速スポーツATが組み合わされる。
ドライビング・ダイナミクスにおいては、約50:50の理想的な前後重量配分に加え、3シリーズ・カブリオレに比べボディー剛性を約40%向上し、ハードトップを開けた状態においても、スポーティーで俊敏なハンドリング性能を実現し、圧倒的にダイナミックな走りを可能にした。
 装備面では、歩行者検知機能付きの「衝突回避・被害軽減ブレーキ」や、車速やルート案内などの情報をフロント・ウインドーに投影する「BMWヘッドアップ・ディスプレイ」といった革新的ドライバー支援システムを標準装備し、優れた安全性を実現している。
 <BMW「4シリーズ・カブリオレ」>
モデル/価格435iカブリオレ/826万円435iカブリオレ・ラグジュアリー/846万円435iカブリオレMスポーツ/864万円
 
※エンジンはいずれも3リッター直列6気筒ツインパワー・ターボ、ギアボックスは8速スポーツAT
 
 
<全文記事より>
 
コメントは後ほど。。。
 
 

開くトラックバック(0)

 
BMWは2月2日、『4シリーズ グランクーペ』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー14で初公開される。

4シリーズ グランクーペは、『3シリーズクーペ』と『3シリーズカブリオレ』の後継車として登場した『4シリーズ』の3車種目のバリエーション。すでにBMWは、『6シリーズ』に「グランクーペ」を用意。これと同様、2ドアの4シリーズに、4ドアクーペという新たな選択肢として加わるのが、4シリーズ グランクーペ。

フロントマスクは、4シリーズ ファミリーと共通。ボディサイズは全長4638mm、全幅1825mm、ホイールベース2810mmで、『4シリーズクーペ』と変わらない。ただし、1389mmの全高は、4シリーズクーペに対して、12mm引き上げられた。ルーフは112mm後方に延ばされていて、『3シリーズセダン』とは異なり、クーペらしい曲線を描いてリアへとつながる。

また、4シリーズクーペよりも、後席の頭上空間が拡大。トランク容量も、4シリーズクーペに対して、35リットル増え、480リットルを確保した。後席は、40対20対40の3分割可倒式。シートバックを倒せば、荷室容量は最大1300リットルへ拡大する。なお、3シリーズセダンとの大きな違いとして、4シリーズ グランクーペには、大きな開口部を持つリアゲートを装備。

搭載エンジンは、既存の4シリーズに準じる。ガソリンエンジンは3種類。「435i グランクーペ」は直噴3.0リットル直列6気筒ターボで、最大出力306ps/5800-6000rpm、最大トルク40.8kgm/1200-5000rpmを発生する。0-100km/h加速は5.5秒、最高速は250km/h(リミッター作動)。

「428i グランクーペ」は直噴2.0リットル直列4気筒ターボの高出力版で、最大出力は245ps/5000-6500rpm、最大トルク35.7kgm/1250-4800rpm。0-100km/h加速は6.1秒、最高速は250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを発揮する。

「420i グランクーペ」は直噴2.0リットル直列4気筒ターボの標準版で、最大出力は184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1250rpmを引き出す。0-100km/h加速は7.5-7.6秒、最高速は236km/h(リミッター作動)。
 
 
<全文記事より>
ということで、待望の4のグランクーペが登場です。
興味深々ですが・・・。
 
 
 

開くトラックバック(0)

ということで、例年通り、年末年始の終わりに
ディーラーさんに新年のご挨拶に行きました。。。。
 
が、担当さんは不在でした。
 
しかも、この滞在時間1時間弱の記憶が飛んでしまってます
 
いったい何しに行ったんだろう
 
詳細?はFBに。
 
 
イメージ 1
 
 
 
応援ぽち、お願いします↓ 
 
 
\¤\᡼\¸ 2←日本ブログ村
 

開くトラックバック(0)

全77ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事