旅の記録帳

中年女性の海外旅行ブログ、マイペースで更新しています

全体表示

[ リスト ]




それではいよいよ、ドバイモールでお土産探し! 
…の下見です。(購入は最終日の予定)
職場メンバーやお世話になっている方々への、ちょっと体裁の良いお菓子類を物色することにしました。
 
ドバイモールには、アラブのお菓子類を取り扱っている有名店が目白押し。
せっかくだから、高級ブランドのスイーツをゲットしようっ!

イメージ 1

と、突撃したのがBateel(バティール)というお店。
ここはデイツの専門店として超・有名なので、お値段チェックのためにも入らないわけにはいきません。
 
しかしこれがまた、予想以上のハイクラス感〜〜。 (@@)
 
デイツって、単なるナツメヤシの実やよ!?
そこらへんに鈴なってる、ヤシの実!
スーパーでも売ってるし、ホテルの朝ごはんでも山積みされてる、単なるおつまみ程度のシロモノやん!
 
なのに、なんじゃこの洗練されまくった店構えというか、宝飾店並みの敷居の高さは…。
と思いつつも、迷わずGO!!

イメージ 2

さすがに、スーパーやホテルに並んでいるものとは、見た目の美しさや大きさが明らかに違ってました。
…ま、そりゃそうよね。
 
ピスタチオなどのナッツ類、オレンジピール、ドライジンジャーなどが詰められてたり、チョコレートコーティングされてたりと、なかなかゴージャスな装いを凝らしております。
もちろん、デイツ単体のものもラインナップ。

イメージ 3

そんでもって、こ〜んな立派な化粧箱に入れてステキなラッピングで仕上げてくれるらしい。
高そう〜〜!! (><
 
てゆうか、実際お高かったです。かなり。(←これでも控えめな表現)
値札を見た瞬間に買う気力を失くしたので、メモさえ取らずに終わったけど、、、。
かなり強気の値段設定でした。
高級ベルギーチョコレートの日本販売価格並みのお値段だと思ってください。
ヤシの実の分際で、さすがにこれはナイ
 
肝心の味の方は、試食がないのでわからなかったけど、間違いなく美味しいと思います!
もう、見ただけで美味しいってわかるもん。
なので、デイツが大好きでバティールというブランドをご存知の方にプレゼントするのであれば、価値あるんじゃないかなー?
わたしの近辺にそんなマニアックな人はいなかったので、購入は断念しましたが。
 
 
***
 
 
もちろん、デイツを売っているお店はバティールだけではありません。
なんたってアラブのお土産のテッパンですからね。

イメージ 4

モール内には、こんな感じのデイツ・ショップがあちらこちらにありました。
バティールに比べるとかなりカジュアルな雰囲気で、もちろんお値段もカジュアル・プライスです。
 
そしてこんなお店では気軽に試食させてくれるので、是非トライさせてもらいましょう。
何件か回って食べ比べると、「デイツはどこで買ってもそれなりに美味しい」ということがわかってくると思います。
つまり、どこで買っても失敗なし。
お値段と見た目の印象でチョイスすればよいでしょう〜。
ちなみに、バラまき土産ならスーパーで購入するのがベストだと思います!
 
 
***
 
 
続いてはこちら。
ドバイではこれまた超・有名なチョコレートブランド、Patchi(パッチ)のショップです。

イメージ 5

かなり大きなフロア面積を占めていて、超絶オサレな店構え。
 
ドバイ関連のガイドブックへの掲載率は、おそらく100%であろう有名ショップですよ。
そのためか、店内にはアジア各国からの観光客がひしめき合っておりました。
 
そんでもって、ここに並んでる商品ディスプレイがまたオサレなんよ〜。

イメージ 6

もう完全にジュエリーショップを意識したディスプレイ。
でも、積まれているチョコレートの種類や値段はさっぱりワカラナイという、非現実的なディスプレイ。

イメージ 7

これなんか、宝箱の中にセットされてるんよ。
おそらく希望すれば、これ丸ごと購入できるんだと思うけど。。。
値段がコワすぎる〜〜! (><
 
だって、パッチのチョコレートもかなりの高額商品だったんよ!
1ピースのサイズはけっこう大きめだけど、それにしても高っ! って思いました。

イメージ 8

われわれが日本人だとわかると、こんな値段表を見せてくれたので一応撮影。
詰め合わせセット500gが¥3500前後になるようです。
多分1516ピースくらいだと思うので、1ピース¥200超えっすね。
 
これはハッキリ言って高いと思う。
実は試食もさせてくれましたが、まこさん的には「甘い、くどい、デカすぎる」という評価。
もちろん個人の好みがあるので、一概には判定できませんが。
でもこれなら、ユーロ圏でピエール・マルコリーニを買う方がずっと安いし美味しいやん〜〜。
しかも、「日本人にはこんな感じのセット販売でええやろ」的な対応が、ちょっと気に入らなかったわたし。
本来は、希望の種類を指定してセットできるはずなのに、なにこの雑な扱い?
 
ということで、ここでもイマイチ食指は動かず。
でもディスプレイがとってもプリンセスな感じでステキたっだので、しばらく見学させていただきました♪
 
 
***
 
 
そして、われわれが唐突に喰いついたのがここ。

イメージ 9

パッチのすぐ目の前にあったDeliceという小さなスイーツショプです。
「ここもちょっとカワイイやん〜。」なんて何気なく入店したのが、運の尽きでした。

イメージ 10

ラブリー&ファンシー&エクセレントなディスプレイに撃沈。
 
うわ〜、全然わたしの色じゃない〜〜!
でもここまでやり切ってると清々しくて好き〜〜!! って思っちゃいました。

イメージ 11

これもステキじゃないですか?
 
もはやお菓子屋さんの概念を逸脱しまくってます。
ここまで来ると、ジュエリーショップを通り越してブライダルショップのレベル。
ブーケとリングケースとウエディングケーキと引き出物、こんな感じでいかがでしょうか?みたいな…。
 
こんな店内にも心奪われましたけど。
何よりもわれわれが喰いついたのがこれ。

イメージ 12

なにこの、手仕事感満載のキュートすぎるお菓子たちはっ!?
これって、もはや和菓子やんっ!!
2人揃って大興奮。
 
これらはチョコレートやナッツやマジパンのようなものを使ったお菓子なんですが。
色も形もめちゃくちゃ凝りに凝っていて、しかもお店に併設されている工房のようなところで、このお店のご主人、つまりオーナーパティシエが作っているらしい。

イメージ 13

マカロンやデイツもありました。
デイツは、先ほどのバティールの方が大きくて重厚感があったけど、ここのはカラフルな装いで、見ていて楽しい♪

イメージ 14

チョコレートもラインップ。
 
もちろんこのお店のオリジナルで、1個試食させてくれました。
やっぱり少し甘味が強いけど、中のフィリングにゴマや香辛料っぽいものが入ってて、すっげーアラブな感じで面白い!
せっかくここまで来てチョコレート買うなら、こんな感じのご当地チョコがいいかもしれません。

イメージ 15

で、まこさんが目を付けたのがこれ。
豪華な化粧箱に入った24個入りセット、AED140≒¥4200なり。
1個¥175なのでけっこうお高いのですが、それでもパッチやバティールに比べるとお得感がございます。
てゆうか、高級ショップばかり徘徊してると、値段感覚が狂いますね。
 
よし!まずはこのショップをお土産候補にロックオン!!
ということで、実際のお買い物は最終日に持ち越しとしました。
 
 
***
 
 
その他にもちょっと気になったショップがありまして。

イメージ 20



れがこのVIVELという、アラブのお菓子専門店。
やっぱりここも高級感の演出が素晴らしい。
 
もうね〜、ドバイモールの専門店って、どこもかしこもこんな感じなんですよ。
めっちゃハイセンスで高級感ありまくりで、これは世界屈指の洗練度じゃなですかね?
店頭のディスプレイや商品のパッケージに釘付けになって、ついつい店内に吸い込まれてしまいます。

イメージ 16

で、このお店の商品たちがこれ。
伝統的なアラブのお菓子がずらーっと並んでて、これはこれで興味深々になります。

イメージ 17

これ気になったんよね〜。
寒天ゼリーみたいに見えるけど、ゼリーよりしっかりしてるようで、ヌガーに近いのかな??
レモン風味やローズ風味などが揃ってて、なんだかとっても美味しそう。
 
…買っとけばよかった、、、。 ←今頃後悔

イメージ 18

素朴なお菓子たちも、詰め合わせの技術でこんなにゴージャスに仕上がります。
すげーーー。
 
どのショップも、セットの仕方やBOXのデザインなどが秀逸で、オリジナリティの演出が素晴らしい。
 
いやー、ドバイモールのお菓子屋さん巡りは、けっこう目の保養にもなって楽しいです♪
ただし、あちこちで試食させてくれるので、胃もたれ注意ですが。  (^^;)



イメージ 19

ランキング参加中です


サークルで関連記事を探してみよう!

この記事に


.


みんなの更新記事