全体表示

[ リスト ]

クランクプーリー交換

 
 
3年ほど前に、クランクプーリーが滑ってるのは分かっていたのですが、、、当時は高かったんですよねぇ。


で、RimmerBrosで今みると£125になっています。
いつの頃から安くなったかわからないんですが、3年前は£280だったんですよねぇ。

まぁ、私はたまたまヤフオクで新品が安く出てたので、それを調達したわけです(笑)
説明文ではえらく高いようなこと書いてありましたけども(まぁ国内なら5万円ぐらいのはずなので、あながち嘘でもないですけどね)


さて、そのプーリーはこちら。さすが新品。きれいです(当たり前ですけど)
イメージ 1



さて、それでは交換作業に入りましょうか。
まずはジャッキアップして右フロントタイヤを外し、タイヤハウス内のカバーをめくれるように、プラリベットを2つ外します。


で、カバーをめくると、クランクプーリーとご対面です。
イメージ 2



クランクプーリー真ん中のボルトを外すわけですが、レンチをはめて回すと、クランクシャフトも一緒に回っちゃうので、自作SSTを突っ込んで回り止め。
イメージ 3



160Nmで締まってますから、かなり気合いを入れないと緩みません。

ここで全部緩めるとエライことになります。
そう、サーペンタインベルトを外してませんからねー。

なのでこのボルトはとりあえずちょっと緩めておくだけです。


次に上にまわって、右エンジンマウントのアッパー周りを外します。

いきなり外すとエンジンが落ちます(全部落ちるわけじゃないけど)ので、オイルパンに木片をあてつつ、ジャッキで支えておきます。


で、マウントが無事に外れたらば、サーペンタインベルトのテンショナーを、アストロプロダクツの、ヘッドがくるくる回る3/8ラチェットレンチをテンショナーに差し込みまして、上に持ち上げる(左に回す、が正しいかな?)と、サーペンタインベルトが緩むので、オルタネータープーリーから外しましょ。
イメージ 4



さて、これでクランクプーリーへの負荷はなくなったので、またぞろ下にモグリまして、ボルトを抜いて、プーリーを外します。

左が新品、右が旧品。ちょっと仕様が違いますな。ダンパーゴムが旧品のほうが盛り上がっていて、幅も広く見えますが。。。
イメージ 5



まぁ、今さら気にしても仕方ないので、この違いは気にせずに組み立てます。
イメージ 6



ここまで出来たら、あとはもう、バラしたときと逆手順で組み立てれば完了です。


さて、旧品のプーリーはどんなかと言うと、こんなです。
ダンパーゴムが固くなって細かなひび割れが。
イメージ 7



で、どれぐらいダメになっていたかと言うと、外輪と内輪、ゴムがこんなに自由に動いていました(笑)
赤丸、黄丸が、それぞれ一直線になっているはずなんですが、相当ずれてますな。
イメージ 8


3年前にチェックしたときには、外輪とゴムはきちんとくっついてたんですけどねぇ。。。


で、なんだろう??
アイドリング時の音が静かになりました。元々それほどメカノイズは出てないのですが、さらに静かになり、振動も減りました。

そんな効果があるなんてまったく意識してなかったから、プラシーボとも考え難いんですが(笑)

もしかすると、外輪内輪がずれたことで、クランクプーリーの重量バランスが、狂っていて振動が出てたのかなぁ??

まぁダンパーゴムが劣化して外輪、内輪、ゴムのそれぞれが滑る状態になっていたってことは、サーペンタインベルトで引っ張られてるわけだから、微妙に偏芯しながら回ってたわけだし。その辺りが要因かもですねぇ。

なんにしても、良くなったんだから、結果オーライってことで(笑)


オマケ:ダンパーゴムの硬度が、外側と内側でこんなに違いました。ちなみに内側はヒビ割れもなかったです。
イメージ 9

イメージ 10

閉じる コメント(4)

最近、エンジンの回転振動が気になっていますが、こんなところからも振動が発生するんですね〜。。送料入れると20000円か〜!!

2018/6/24(日) 午後 1:32 moony

顔アイコン

> moonyさん
確証はないですが、回転部ですから振動発生源でも不思議はないですよね。
20000円だけど、3年前は5万円超だったことから考えれば、半額以下!(笑)

2018/6/24(日) 午後 2:31 [ macocci ]

顔アイコン

こういうのって、ジワジワと劣化するので、交換して初めて差に気が付きますよね。
しかしコレ…またもやデザイン的にホンダっぽいですね。

ホンダのヤツって、専用工具が有っても物凄く固く締まってて苦労したものです。

2018/6/24(日) 午後 4:38 [ 消え行くアメリカ車たちを追って ]

> 消え行くアメリカ車たちを追ってさん
おっしゃる通り、じんわりと劣化が進むので、これまでまったく違和感なかったんですよ。

確かにホンダ車のプーリーって、こんな風に六角穴ですね!
このエンジンを開発したころは、BMW傘下になるかならないかの頃だったと思うので、影響が残ってたのかもですねぇ。

2018/6/24(日) 午後 7:04 [ macocci ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事