全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 
 
梅雨だったり、暑くなってきたりで、エアコンが必要な時期となりますが、まぁ効きは悪くないものの、ふとエアコンチャージ口のキャップ(Lと書いたキャップ)を緩めてみたらば、微かにプシュっと音がしました。
イメージ 1


こちら低圧側なので、それならばと高圧側(画像左下のHと書いてあるキャップ)を緩めてみても、無音。


これすなわち、低圧側のバルブ(タイヤの虫ゴム同様)がヘタってきてる可能性大。
とりあえずバルブから漏れても、キャップの中にパッキンが入っているので、そこで漏れを抑えている状態です。


ってことで、バルブを交換したいわけですが、いきなりバルブを抜いたらばエアコンガス(R134a)は全放出となります。


世の中便利なもので、エアコンガスを抜かずとも、このバルブを交換できる工具があるわけですが、R134a用は非常に高価。普通ので二諭吉超、安いのでも一諭吉超です。


昔のクルマ用の、R12用の同種工具は三千円ぐらいで売ってるのに!って思いますけども、R134aはチャージ口がワンタッチカプラーになってて、ここがコスト高なんですよねぇ。


仕方ないので、電装屋さんでバルブだけ替えてもらおうかなぁと思ってたらば、アストロプロダクツでR134aのワンタッチカプラ(補修用パーツ)が在庫処分で激安!


ってことで飛びつきまして、住宅エアコン用の3千円しないFUSO FS-792Aというのをば購入しまして。
イメージ 2


これに、バラして中のバルブ類を引っこ抜いて素通しに改造したワンタッチカプラを付け〜の、そのままだとバルブ回しが届かないから、手持ちのエーモンの長いのを小改造し〜の、穴径が細くてバルブが通らないことが発覚したので、φ7.0のドリルを通して内径を広げ〜の、その他ちょこちょこ修正を加えて、やっとこさ出来ました。
イメージ 3



で、バルブ交換はうまくいったので、念のためマニホールドゲージで測定すると、やはり少し圧が低くなってましたので、これまたアストロプロダクツで安売りしてたカルソニックのR134aを補充。


さて、マニホールドゲージの接続&ガスチャージ風景でも、、、と思ったら、デジカメの電池切れ(泣)
昨日、娘の体育祭に持っていって動画とか撮ったりしたんだった!ってのを思い出してもあとの祭り。


ま、バルブ交換とガスチャージは完了したから、作業的には良しです(笑)
 
 
またも、Oリングネタです(笑)


結構前から、パワステフルードのリザーブタンクが、フルードでなんとなくしっとりしている風でして、まぁ、キャップのOリングからって事は分かっていたものの、なんとなくそのまま放置となっていました。


しっとりしてるもんだから、軍手の指をカットしたものを腹巻きのように被せてあった次第です。これだと、万が一吹き出した場合でも周囲に飛び散らないんです。ジムカーナとかやってる人は、よくやってますね、これ。
イメージ 1



キャップを外してみますってぇと、こんな感じに、Oリングが伸びてしまっていて、浮いています(赤丸部分、隙間があいています)
イメージ 2


で、そんな状態であったことをふと思い出して、そうだOリング交換しよ!って思って、いつものように寸法測定からのぉ、いつもの桜シールへ発注です。


耐熱製やら耐フルード(ATFと同系なので、耐ATF性)にてチョイスすると、やっぱりこれまたフッ素系のFKM。

DIYなので、コスト重視ではないし、万能ではないものの、基本的にコレを選んでおけば間違いなし!ってことで(笑)


購入してみたのは、3種類。
S規格モノと、JASO規格モノを2種類の合計3個。
イメージ 3



この中で、実測値に一番近かったのはS規格のもので、線径が2.0mm、内径が41.5mmと、ほぼ実測値と合致なのですが、既存Oリングは、多少つぶれていたりするので、あまりあてにならないこともありますので。。。


と、言うことで順番に交換してみて、一番しっくりとキャップが締まり、感触的にも良かったのはS規格のモノで、品番はS-42。


これを付けた後100Km弱ほど走行しましたが、いまのところ、リザーブタンクがしっとり、というのは解消しまして、タンク表面はカラカラに乾いています。が、まぁ、もうちょい走ってみないと、完治!とは言えないかもですけど。


リザーブタンクがしっとりしてるぐらいじゃぁ、とくに問題ありませんが、気になる方は交換してみると良いかと思います!
 
 
5月7日に届いていたOリングですが、やっと交換しました。


まずは交換直前のエルボ部。
やはり時間経過と共に漏れ跡がくっきりと。
イメージ 1



で、取り外した状態です。手前は新品Oリング。Made in GERMANYとのこと。
イメージ 2



Oリングは、若干の弾力性はあるものの、かなり固くなってました。
断面もパイプ接触側はつぶれて、D型に変形。
そりゃ漏れてきますわねぇ。


ってことで、これで安心して夏本番を迎えられます。
 
 
某75掲示板にも書いたのですが、こちらでも。

我が75も中期型とは言え登録初年度から11年目。表題の「自動車税の重課税」が、人ごとではなくなりつつあります。

新しい、エコと言われているクルマへの乗り換え促進も結構ですけど、まだ乗れるクルマを廃棄させてまで、ってどうなんでしょうねぇ。
しかも古い車(って言ってもクラシックカーでは無いのにw)に乗ってるのは悪だと言わんばかりに、ペナルティ的に税金割増ししてまで。。。

廃棄にかかるエネルギー消費、新しいクルマを作るエネルギー消費を考えると、う〜ん?どのあたりがエコなの?という疑問しか湧かないんですけども、、、なんて田作(ごまめ)の歯ぎしりをしてみたり(笑)

EV系なんて、10年だまって乗れないわけですよ。現状では。
まずインバーターが壊れると共に、バッテリーも寿命を迎えるわけで。これはいくらメンテをしてても、ダメなもんはダメなわけで。そうすると、数十万円を10年以内にかけて、それらを交換して乗り続けるのか?っていうと、大半はそうしないですよねぇ。

と、すると、またぞろ、使える車体はゴミになるわけで。って正確にはリサイクルされるわけですけども、リサイクルはノンエネルギーで出来るわけもなく(笑)

さらに言えば、そのリサイクルに要するエネルギー源は、それこそ化石燃料だったりとか、電気を使うわけで、エコエコ言ってる方々が大嫌いな原発だったり、CO2をばんばん排出する火力発電だったり(爆)


さて、そこまで壮大な話にすると、突っ込みが入ったときには学のない私では太刀打ちできなくなるので、この辺でやめときますけども(笑)


効果の程は分かりませんけど、何もしないでいるよりは。。。ね。

ジムニーのタイヤ交換

 
 
以前トゥーランに乗っていた弟ですが、いまは古〜い、8年間放置されてたジムニーをもらってきて、修復して乗ってます(笑)


で、タイヤがヒビだらけで危ないので、とりあえずってことで良さげな中古タイヤを買ってきて、組んでくれ〜ってことなので作業しました。


ノーマルスチールホイールなので、タイヤレバーでえいえいっとこじっても、アルミと違ってあまり心配なし。
イメージ 1



するっと外して。
イメージ 2



バルブも交換。
イメージ 3




ちゃちゃっと組み替え。
イメージ 4



さすがにバランサーは持ってないので、そのまま近所のタイヤ屋さんに直行して、バランスとってもらって完了っす!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事