過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 
 
某掲示板でイラっとしたので(笑)ちょっと調べたことをメモ書きしておきます。

自動車の、保安上重要な部位を整備するには、整備士資格が必要という話しがありますが、間違ってないけど正しくないんですよね、これ。


結論から言っちゃうと、自動車使用者が整備(まぁつまり自分の車を自身で整備)する場合には、整備士資格は不要です。

逆に言えば、有償無償を問わず、他人の車の保安上重要な部位を整備するには、整備士資格が必要です。

そして有償ならば地方運輸局の認証を得た工場(認証工場)でなければならない、という具合です。


ちょっと根拠を整理すると、まずは「道路運送車両法」によりますと、第四十七条に
「自動車の使用者は、自動車の点検をし、及び必要に応じ整備をすることにより、当該自動車を保安基準に適合するように維持しなければならない。」と書いてあります。
つまり、使用者自身に点検と整備を義務づけています。

そして、第四十七条の二の3項で「自動車の使用者は、前二項の規定による点検の結果、当該自動車が保安基準に適合しなくなるおそれがある状態又は適合しない状態にあるときは、保安基準に適合しなくなるおそれをなくするため、又は保安基準に適合させるために当該自動車について必要な整備をしなければならない。」と記しています。


とは言うものの、気になる条文もあります。整備管理者を選任しなさいという条項(第五十条)です。ただし、これは「車両総重量八トン以上の自動車」に関してですので、一般的な自家用車では該当しませんね。


と、いうことで、全条文を見ても、ど〜こにも、分解整備は有資格者が行わなければならない、という記載はありません。

それでは、なんで整備士資格をもってないと、ブレーキなどの(俗に言う)重要保安部品の整備をしてはいけない!という都市伝説ができあがったのか??


国土交通省関東運輸局では
「自動車の保安上重要な部位である原動機、動力伝達装置、制動装置等を取り外して行う整備又は改造を「分解整備」といい、この分解整備を事業として経営しようとする者は、自動車分解整備事業の種類及び分解整備の行われる事業場ごとに地方運輸局長の認証を受けなければならないこととなっております。」
と書いてあります。

恐らくここに書いてある「自動車分解整備事業の種類及び分解整備の行われる事業場ごとに地方運輸局長の認証を受けなければならないこと」だけが一人歩きしちゃったんでしょうね。「分解整備を事業として経営しようとする者は」の部分が抜けて(笑)


ついでなんで、その「保安上重要な部位」の「分解整備」に該当する範囲の詳細はというと、これまた国土交通省関東運輸局では、以下の記述になっています。

1.原動機:原動機を取り外して行う自動車の整備または改造
2.動力伝達装置:動力伝達装置のクラッチ(二輪の小型自動車のクラッチを除く。)トランスミッション、プロペラ・シャフト又はデファレンシャルを取り外して行う自動車の整備または改造
3.走行装置:走行装置のフロント・アクスル、前輪独立懸架装置(ストラットを除く。)又はリア・アクスル・シャフトを取り外して行う自動車(二輪の小型自動車を除く。)の整備または改造
4.操縦装置:かじ取り装置のギヤ・ボックス、リンク装置の連結部又はかじ取りホークを取り外して行う自動車の整備又は改造
5.制動装置:制動装置のマスタ・シリンダ、バルブ類、ホース、パイプ、倍力装置、ブレーキ・チャンバ、ブレーキ・ドラム(二輪の小型自動車のブレーキ・ドラムを除く。)若しくはディスク・ブレーキのキャリパを取り外し、又は二輪の小型自動車のブレーキ・ライニングを交換するためにブレーキ・シューを取り外して行う自動車の整備又は改造
6.緩衝装置:緩衝装置のシャシばね(コイルばね及びトーションバー・スプリングを除く。)を取り外して行う自動車の整備又は改造
※トラック等のリーフスプリング、エアスプリングが該当する。
7.連結装置:けん引自動車又は被けん引自動車の連結装置(トレーラ・ヒッチ及びボール・カプラを除く。)を取り外して行う自動車の整備又は改造




と、いうことで、キャリパーを取り外して行うブレーキパッドの交換は「保安上重要な部位の分解整備」に該当しますね。

じゃぁ、DIYでやるのは手放しでOKか!というと、実はちょっと違っていてですね、実は道路運送車両法の第四十九条を忘れてはいけません。

第四十九条  自動車の使用者は、点検整備記録簿を当該自動車に備え置き、当該自動車について前条の規定により点検又は整備をしたときは、遅滞なく、次に掲げる事項を記載しなければならない。
一  点検の年月日
二  点検の結果
三  整備の概要
四  整備を完了した年月日
五  その他国土交通省令で定める事項
2  自動車(第五十八条第一項の検査対象外軽自動車及び小型特殊自動車を除く。以下この項において同じ。)の使用者は、当該自動車について分解整備(原動機、動力伝達装置、走行装置、操縦装置、制動装置、緩衝装置又は連結装置を取り外して行う自動車の整備又は改造であつて国土交通省令で定めるものをいう。以下同じ。)をしたときは、遅滞なく、前項の点検整備記録簿に同項第三号から第五号までに掲げる事項を記載しなければならない。ただし、前条第二項において準用する第四十七条の二第三項の規定による必要な整備として当該分解整備をしたとき及び第七十八条第四項の自動車分解整備事業者が当該分解整備を実施したときは、この限りでない。
3  点検整備記録簿の保存期間は、国土交通省令で定める。


と、いうことなので、自分の車の「保安上重要な部位」の「分解整備」を自分でやったら、点検整備記録簿への記載を忘れずに!
あ、それともう1つ。
この条項の第2項に「第七十八条第四項の自動車分解整備事業者が当該分解整備を実施したときは、この限りでない。」と書いてありますねぇ。つまり、認証工場でやったら記載しなくても良いよって書いてある=認証工場以外=自動車使用者がやったら書きなさい、ということですね〜♪

あ、もう1つ忘れてた!
以前は、保安上重要な部位の分解整備を行った場合、分解整備検査(まぁ一般的には車検になります)を受けなければならなかったのですが、規制緩和により平成10年11月に、この条項は廃止になってま〜す。


と、言うことで、DIYerの皆さん、安心して保安上重要な部位の整備に励んでください。
もちろん「事故が起きたら自己責任」なんていうレベルではなく、他者(他車)も巻き込む可能性を十分熟慮した上で、自信が持てない作業はプロに任せることも大切なことです!

最後にちょっと小心者発言(笑)
上記の法解釈は、法律の専門家でもない私の解釈ですので、万が一誤っていたとしても、一切の責任はもてませんので、あしからず。

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事