過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 
 
世の中GWに突入ですが、私も例外なく(笑)
で、そんな初日と二日目は、友人S氏の中期型ROVER75のタイミングベルト交換三昧。
イメージ 1


詳しい?手順は過去記事をご覧いただくとして、いくつか気になった点とかをご紹介。


まず、うらやましかったのは、S氏の75のクランクプーリはダンパーがしっかり生きてまして、SAFEマークがドンピシャリ!これには驚きました。乗り方がうまいのか、『当たり』のプーリーだったのか。。。


さて、持ち上げておいて落とします(笑)
フロント側のタイミングベルト。もう寿命でしたね〜。
バキバキにヒビ入ってます。
イメージ 2

イメージ 3



お次は素晴らしいステンレス製エキパイ集合部。知り合いのレース屋さん作とのこと。
すげ〜うらやましい出来映え。
イメージ 4



次なるは、右ドライブシャフトのブーツ切れ(笑)
グリスが飛び散ってます。。。こりゃ早めにやらないとヤバイ。
イメージ 5



お次は、参考までに、の画像。
クランクプーリーを外した後のクランクシャフト部。タイミングベルトプーリーが見えている状態ですが、この位置が、SAFE位置になります。
私の75同様、クランクプーリーのダンパーが逝ってしまわれて、SAFE位置がずれてしまっている方用です(笑)
イメージ 6



あと、エンジン後ろ側、スターターリングギアにもSAFE位置がありまして、回り止めピンを差し込むことができるのですが、その位置です。
ちょっとわかりにくいですが、画像右側が車両前方になります。で、エンジンブロック側からAT側にこの差し込み穴があります。とくにフタなどはありません。

スターターリングギアに穴があいていて、クランクシャフトがSAFE位置にきちんとあると、そこに差し込むことができるようになっています。これできちんと差し込めた状態です。
これ挿しておくと、うっかりクランクを回しちゃった!などの失敗がありません。
イメージ 7



が、抜き忘れるという失敗があります。しっかりやりました(笑)
昨日、フロント側が組み上がって初日終了というところでセルを回してもらったら、カッキンって音がするだけでクランキングせず。。。
あれ??あっ!ピン抜いてない!!って(汗)セルに負けて、ピンが折れたりしなくて良かったですわ。


ちなみに、ピンはコレです。旋盤屋さんで作ってもらったもの。もちろん、ROVER純正SSTにもあります。
緑のヒモ状のものは、上記失敗後、セーフティタグ(飛行前の戦闘機などについてる赤いREMOVE BEFORE FLIGHTのリボン)代わりにつけたもの。目立つように頭も黄色く塗りました。
イメージ 8



ついでに各部寸法を記しておきますと。。。。
挿入部、先端の細い部分は、直径7.3mm/長さ12mm、太い部分は直径9.7mm/長さ35mmです。

つまみ部分は直径15mm/長さは25mm程度でOKです。つまみ部は太すぎるとエンジンブロックのリブに当たってしまいますので(私のは太めに作ったので、結局D型に削っています)なんでしたら挿入部の太い部分と同じでも問題ありません。


と、いうことで、GWの幕開けは、大仕事の巻でした〜

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事