過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 
 
車検の時点で判明していた、エンジンロアロッドの破損ですが、前回いつ交換したかなと探してみたら2011年11月に「エンジンロアロッド交換」と記事にしてました。


それから約4年で、やっぱりゴムが破断してました。(画像では分かりにくいですが)
ここのゴムの痛みは、乗り方で寿命に大きく影響が出る部品かと思います。(もちろん経年劣化もありますが)
イメージ 1



アクセルのオン/オフが急激だと、構造上、ここへの負荷が大きくなります。
ちなみに我が75は、家内のアクセルワークがかなり荒いので(苦笑)その影響大なのは間違いなしです。


と、いうことで交換となるわけですが、単にパーツを調達して組み替えてもオモシロクないなーと思いまして、ゴムブッシュ部分のみ作り替えてみました。


丁度良いゴムブッシュが市販されていれば良いのですが、世の中そんなに甘くありません。(笑)

で、まずは大端部のほうから。
外径は77mmなのですが、市販のゴムブッシュ(防振ゴム)の規格で良さげなのは65mm。
77mmにするには、直径で12mm不足。

ってことで、ヤフオクで物色したらば、外径70mm、肉厚3mmのアルミ丸パイプがでてました。こいつを二重にすればぴったり。


と、いうことで、50mm長に輪切りにしまして、重ねるために切れ目をいれまして。
まずはゴムブッシュをはめ込みます。内側になるほうは切れ目は直角に入れず、応力を逃がすために適当な角度で斜めにいれてみました。
イメージ 2



続いて外側になるパイプをはめ込みますが、ここでまた油圧プレスの活躍です。
いやぁ、やっぱ買って良かったわー、油圧プレス(笑)
イメージ 3



で、無事にアルミパイプが二重になって、大端部はいったん完成です。
イメージ 4



で、またまた油圧プレスで、元のほうのダメなブッシュを打ち抜きまして、作ったブッシュを圧入しました。
イメージ 5

小端部は規格品の外径30mmのブッシュがぴったりですので、無加工ではめます。


で、そのままゴムの無垢ではさすがに硬すぎだろうとおもいまして、10mmドリルで合計6箇所の穴明け加工。
この穴明けは、木工用ドリルが良いです。鉄鋼ドリルではうまく開きません。
で、10mmドリルを使ったんですが、開いた穴は8mmぐらいになります。さすがゴム!
イメージ 6



で、大端部センターは16mm穴で大きすぎるため、外径16mm、内径12mmとしなければなりません。

外径16mm、肉厚2mmのパイプを探すも、これが見つからず。
しかたないので、近所のホームセンターで外径16mm、肉厚1mmのパイプと、外径13mm、肉厚1mmのパイプを調達し、内側になるほうを、先日のマフラーパイプと同様に油圧プレスで拡張して挿入し、二重管構造としました。


早速取り付けですが、前回交換時には、エキパイを切り離さないと、大端部のボルトが抜け〜ん!って言ってましたが、ここに謹んで訂正いたします。(笑)


なんでかって言うと、エンジンロアロッドを切り離すと、実はエンジンそのものが前後に簡単に動くことに気づいた次第。


なので、こんな風にボルトがエキパイに当たるのですが、この状態でエンジンを手で車両前方にエイ!って押しますと、ボルトの頭がスルリとクリアします。
イメージ 7



装着時は逆に、ボルトの先端を穴にあてがいながら、エンジンを同じく前側にエイっと押しながら差し込める次第です。ちょー楽ちんでした。これに前回気づいていれば、苦労しないで良かったのに(苦笑)


ちなみに、交換したらば、停止状態でシフトをDレンジにいれた時の、ゴン!っていう不快な衝撃もなくなり、シフトアップ/ダウン時のショックも皆無になり、いたってスムーズな変速となりました。メデタシメデタシ。


とは若干いかなくて、小端部の方にやや難あり。
ここ、ボルトが通る部分はゴムのまんまなのですが、これだと取り付け時にどんどん締まってしまいます。つまり、大端部側と同じように、一定の幅をキープするように真ん中にパイプを挿入する必要がありました。

が、材料もないので、とりあえず今日はそのまま組んじゃいました(笑)
また近々、取り外して穴を広げてパイプを組込みたいと思います。。。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事