バイク

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

 
 
さて、無事にアドレス110のフロント周りの移植は済んだものの、乗ってみたらばやっぱりフロントが高くなっていて、乗車しただけで違和感。


さらに走ると、12インチのジャイロ効果で気持ちが悪い感じ。曲がりにくいったらありゃしない。


おまけにフロントが高くなった分、全高が上がったおかげで、サイドスタンドで立たなくなったし(笑)


と、いうことで何もいいことがないので、V100の10インチホイルを使う決意。
イメージ 1



アドレス110は12インチなので、ブレーキディスクも少し大きく、当然ですがキャリパーの位置もそれに合わせてV100とは位置が違います。そのままV100のホイルを着けると、ディスクにパッドが半分しか届きません(笑)


さて、まずはブレーキディスクの移植。これがポン付けとはいかず、PCDが異なりますので、その加工も必要。。。と言うことで、取り付けボルト穴を長穴に加工です。
イメージ 2



これが出来たら、お次はフロントフォークの車高短化。これは割と簡単。
フォーク上側のボルト逃げの溝が切ってあるので、車高短化したい長さ分だけ下に溝を切ってあげればOK。


あとはホイルの取り付け部の幅も違うので、ちょうど良くなるようカラーを入れてやりまして、完成!
イメージ 3



と言いたいところですが、まだダメ。車高短化のためにフォークの突き出しを増やしたので、カウルに当たります。まぁそれ以前にアンダーブラケットも当たるんですけどね。

なのでカウルをカットして逃げを作ります。
イメージ 4


とりあえず、逃げ加工だけですが、このままだとカッコ悪いのでFRPかなんかで、カバーを作ってやろうかな。


で、やっと完成です!
イメージ 5



ちなみにこちらが、12インチホイル&車高短化前。
撮影角度が微妙に違うんで、見た目、あまりわからないかも(苦笑)
イメージ 6



でも!10インチ化&車高短化でばっちりになりました。フロントショックが細かい凹凸をしっかり吸収してくれるようになり、乗り心地アップ!さらにブレークディスクの微妙な大径化によって効く効く。楽しい!(笑)


が!アドレスV100のフロントをテレスコピック式にするならば、素直にV125のフロントを移植すべきですなぁ。。。
 
 
とくにコレといった不都合はなかったんですが、ヤフオク!でアドレス110のフロント周り一式が安くでてたんで、ついポチったら、そのまま落札できちゃったもんで、我がアドレスV100のフロント周りに組み付けてみようかと。

アドレスV100は、ふつーのみたいなテレスコピック式じゃなくリンク式のタイプ。
イメージ 1



で、アドレスV100は、兄弟車のアドレスV125のフロント周りだと、ほぼポン付けできるらしいのはネット情報で分かってたんですが、アドレス110のはどうもあまり情報がない。。。

しかもV125のは1諭吉以上が大半なのになぁ。ということで、この安値&情報僅少ってところがワナでした(笑)


さて、届いたフロント周り(アンダーブラケット、タイヤ&ホイル、キャリパー、マスターシリンダーなどなど一式)を早速ばらして、まずはアンダーブラケットとフォークの状態で、V100のと並べてみます。
イメージ 2



まずステムの長さが110のほうが短い!これではハンドルが着かないどころか、ステムを締めることもできない。。。僅少な情報のなかに「ステムを打ち替えればOK」なんてあっさり書いてあったので、これは想定内。


それよりも、そもそもV100は10インチホイルにタイして、110は12インチホイル。それだけでも(実測)直径で4センチぐらい大きいので、車高にして2センチほど前上がりになるのに、さらに2センチほどアンダーブラケット下端からアクスルボルトまでの距離が長いので、都合4センチほど前上がりになりそう。。。まぁなんとかなるか(と楽観的に見てたのも間違い)


さて、ステムの長さ違いの対策は前述の通りステム打ち替え。当然ですがアンダーブラケットは110のを使い、ステムはV100のをということで、V100のステム外しから。
下面溶接部をサンダーで削って熔接部を削除。
イメージ 3



で、これで油圧プレスで押せば抜けるかと思ったらば、とんだ見込み違いが発覚。
V100のフォーク部分もしっかり熔接されていて、ここから悪戦苦闘。。。
結局、その溶接部を外すためにV100のフォークは見事バラバラに切断せねばならず。
とんだトホホ作業です。
(あまりの悪戦苦闘で写真を撮るのを忘れる始末)


で、やっとこさステムが抜けまして、ついでに110のほうのステムは油圧プレスで押し出しまして(こっちは割と楽)、並べたところがコレです。
イメージ 4



で、あとは110のアンダーブラケットにV100のステムを圧入すればオッケーと思ったらば、これです。

こっちが110のステム根元。
イメージ 5



こっちがV100の根元。
イメージ 6



はい。V100のほうが直径が1ミリ太いです。
これしかし、良かったんです。サンダーで熔接を削ったので、元々が同じ直径だったらば、たぶん細めになっていたことでしょうね。


で、これがまぁ、昨年末に友人から調達したミニ旋盤でぴゅ〜っと削ってやろうと思ったら、径が太くて、ミニ旋盤の限界超え。チャックに咥えられませんでした。。。
しかたなく、サンダーで荒削りした後、グラインダーで中仕上げ、その後ヤスリで仕上げと、戦時中の職工ばりの手仕事で(笑)
無事、ほぼ真円で、計測画像を忘れましたが31.05mmぐらいで仕上がりました。


仕上がったステムを110のアンダーブラケットに、位置を慎重に確認しながら油圧プレスで圧入すれば出来上がり。いやはや長い道のりでした。
イメージ 7



とりあえず、ホイル径は無視して、いったん110のタイヤ&ホイルを組み付けてみたところがコチラ。
イメージ 8



ここまでくればあとは楽勝。カウル類を元通りに組み付ければ完了!
と思ったんですが、想定外はまだ続きます。。。
 
 
今週もアドレスV100ネタです(笑)
先週のタイヤ交換の際に見つけちゃったのが、フロントホイルベアリングの回りが重い。つまりダメ。


と、いうことで、純正品は高いので、NTNのベアリングを調達。型番は6200LLU。
純正品も、NTNかNSKかNACHIかKOYOかと、いずれも国産ベアリングを使ってますので、型番さえ気にすれば、同等以上のベアリングが安価に入手可能です。


と、いうことで早速取り外し。

まずは左側のシール外しから。
ベアリングと一緒に新品交換したほうが良いのですが、これは汎用品はなく、ベアリングとは入手ルートが違うし、見た目的にもとくに問題なさそうなので、今回の交換は見送り。


シールの取り外しは、画像のようにマイナスドライバーを差し込んで、こじり上げます。
なるべく幅広のマイナスドライバーを使ったほうが、シールを傷めにくいです。
イメージ 1



さて、ベアリングの抜き取りです。
イメージ 2



抜いたベアリングを並べてみました。購入したのは両面シールタイプですが、付いていたのは片面シールのベアリングです。


左側のベアリングが左側(ブレーキディスク側)で、こっちはグリスが新品同様?
前オーナーが交換してたんですかね。回りも悪くなかったです。。。が、右側は回転が重かったほうです。

中が錆びて、その錆がグリスにまわってヒドイことになってます。
イメージ 3



さて、新品ベアリングの組込ですが、元の場所に挿入します。
毎度くどいですが、ベアリングの組込時は、内周に力をかけないよう、外周部を押していきます。押すといってもプレスはないので、プラスチックハンマーでコンコンと叩いていれていき、最後は外周部に合うサイズのソケット駒を利用してたたき込みます。


ホイルの中にスペーサーがあるのですが、これがベアリングとぴったり密着するので位置ずれを起こしたまま組むと、アクスルボルトが通りません。

なので、片面のベアリングを装着後、反対側のベアリングを組むときのちょっとしたコツとして、画像のようにアクスルボルトを差し込んで、両ベアリングとスペーサーを串刺しにした状態で、ベアリングをたたき込みます。
イメージ 4



両側のベアリングがしっかりたたき込めたら、最初に外したシールをはめ込んで完了です。

ちなみに、純正ベアリングは片面シールで、調達したのは両面シールタイプですが、とくに問題はありません。と、いうよりも、ベアリング内に水気やゴミの侵入を防げるので、両面シールタイプのほうが良いと思います。(両面シールタイプなら、右側ベアリングのようにはならなかったはず。。。)
 
 
このところ、ROVER75が週末の都度出動してて、なかなかメンテが出来ないんですが、まぁトラブルもなく走ってるから良しとしよう(笑)



さてさて、友人がバイク(JOG50)のヘッドライトに付けようと思って買ったハロゲンバルブですが、どうも型番を間違えたのか、うまく付かないらしい。

中華製激安バルブだったから、返品もめんどうだしイラナイ!ってことです。

macocciのに使えるならアゲル、というのでもらってきました。


型番的にはJOG90に装着できるタイプ(口金:P15d-25-1)です。友人のJOGにも付くはずなんですけども、それに付かないならば、私のJOG90にも付かないだろーなと思いつつ、物は試しとありがたくいただきました。


早速装着したものの、どうにもオカシイ。ヘッドライトにはめ込んでカプラーをはめるも、バルブが遊んでます。

ん〜?なんか変だなー。。。と、元々のバルブと比べてみたらば!
なんと台座の位置が浅い。
イメージ 1



こりゃー初期不良だな〜、これじゃぁ友人のバイクにも付くわけないなーと、台座をいじってたら、、、

ありゃっ!!

イメージ 2



なんと台座がとれちゃいました(笑)
位置がおかしかったのは、恐らく製造時にずれたままだったのか、輸送中にずれたか。。。いずれにしても、こんな状態ではいったん正しく装着できたとしても、いずれズレて光軸がズレるか消灯するか。。。


ってことで、正しい位置に台座をはめこみ、ハンダ付けにて完了です。
イメージ 3



友人にその旨伝えたところ、もうちゃんとしたのを買ったから、いらないよーってことだったので、そのままもらっちゃいました。いや〜ラッキー(笑)
 
 
さてさて、水曜に到着したシンコータイヤですが、今日、組み替えしました。


まずは車体からホイルを取り外しまして、タイヤを外します。
タイヤを外すには、まずは通称"耳落とし"と言われる、ホイルのリムにしっかり密着している部分を剥がす作業からです。


耳落としをするのは、空気を入れるバルブ部分の"虫"を抜きまして、エアーを抜いてからですね。
ここは専用の道具(ビードブレーカー)があったりしますが、そんなものは持ってないので、タイヤレバーで耳を落とします。


ただし、そのままではどんなにガンバっても、まぁ、無理ですね。
そこで私は、ホイルのリム全周(タイヤと密着してる部分)に浸透潤滑剤のWD-40を吹き付けます。これがうまい具合にタイヤの耳とリムの間に浸透してですね、特別な道具がなくてもさくっと落ちてくれます。
イメージ 1



WD-40を吹いてから5分ほど放置して、おもむろに上画像のようにタイヤレバーを2本差し込み、足でえいえいっと踏みつけると、はずれます。クルマのタイヤでも扁平率が60までは、これでイケました。それ以下の扁平率のは試したことありませんが(笑)


で、耳が落ちた状態っていうのがコレ。
イメージ 2


全周に渡ってこの状態になっていなければダメですが、一カ所、耳が落ちればあとは楽勝です。

で、ホイルを裏返して、反対側も同じように耳を落とします。


両面の耳が落ちたら、おもむろにタイヤレバーを差し込んでこじりあげます。
イメージ 3



このとき、こじり上げる場所以外は、きちんと耳が落ちた状態を維持することがコツです。耳が元の場所に戻ってたりすると、馬鹿力を発揮しないとタイヤがこじり上げられず、かと言って馬鹿力でやると、いくらノーマルのスチールホイルとは言え、リムが曲がります(苦笑)

このあたりの感覚は、まぁ、やってみてカラダで覚えるしかないんですけどね。


タイヤレバーを1本差し込んでこじりあげたら、その近くにもう1本を差し込んでこじり上げ、次に最初に差し込んだタイヤレバーを抜いて、2本目の近くに差し込んでこじり上げ、、、と繰り返します。
イメージ 4



片側、全周に渡ってタイヤがはずれたら、こんな風にタイヤレバーでこじりまして、ちょうど黄色丸の辺りを、プラスチックハンマーで叩きますってーと、タイヤが徐々に抜けてきます。
イメージ 5



くれぐれも、馬鹿力で叩かないことと、ホイルを叩かないように気をつけましょ〜。


タイヤレバーの位置と叩く箇所は、タイヤの抜け状態を見ながら、徐々に動かしていきますってーと、こんな風にタイヤとホイルが外れていきます。
イメージ 6


適当なところまで抜けたら、タイヤとホイルは手で分離できるはずです。
もちろん、上記の方法で叩きながら抜くこともできますけど、突然ホイルが外れてばったんと落ちますので、心配ならば段ボールとか毛布を敷いておきましょ。


新品タイヤを組むときは、概ねコレと逆の手順で組み付けます。組むときには、タイヤの耳部分に、タイヤ組み付け時用のタイヤクリーム(ビートクリーム)を塗っておきましょう。(私はWD-40でやっちゃいますけど)

これ忘れると、はめる時にタイヤとリムのスベリが悪くて、ひじょーに苦労します。というよりタイヤの耳とかリムを痛める原因になります。


タイヤが組み上がったら、今度は最初の逆で落ちてる耳を上げないといけません。
ま、スクーターのタイヤぐらいならば、コンプレッサーがあれば特別なことはほぼ不要で、そのまんまエアーを入れれば、パコン!といういい音をたてて耳はあがります。


どーしてもタイヤとホイルの間から空気が逃げて耳が上がらない!とか、手動ポンプしかない、という場合には、爆発ビード上げ、なんていう技もあります。
Yahoo!の検索で「ビード上げ」で検索すると、youtubeの動画がいくつもヒットしますので、見てみると良いかと。


さてさて、シンコータイヤですけども、前回記事の「V100用シンコータイヤ到着のコメントに書きましたけど、けっこーガッカリタイヤでした(笑)


なにが?って?
まず、タイヤのどこにもシンコー(SHINKO)の文字がない。
イメージ 7



あるのは「GOLDEN BOY」なんていう、なんともチープな文字。。。
イメージ 8



国内メーカーのシンコーだから、MADE IN JAPANをちょっぴり期待してたんですけども、こりゃぁひょっとして??と思って、よ〜く見たら、、、、やっぱり。。。
イメージ 9



で、「GOLDENBOY TIRE」で検索してみたらば、まぁ、クチコミは少ないものの、評判はよろしくない(笑)

おまけに、大陸のメーカーに、GOLDENBOY というバイクのタイヤとチューブを作ってるのがある。。。けど、シンコータイヤの商標でもあるような。。。


と、いうことで確証はないんですけども、大陸系メーカーのものを、そのまんま、シンコーのブランドとして売ってるだけなんじゃーないのか?という疑惑。。。


まぁ、まだ慣らしもしてないので、タイヤそのものの性能(耐久性とかグリップとか)は未知数ですけども、まー、でも、こんなにも疑わしいというか、騙された感があるようなタイヤは、私的にはもう買うことはないなぁ。。。

割り切って買うなら、台湾DUROの安いのにしとけば良かったわけだし。やっぱ次は、もうちょい予算出して、ちゃんとしたブランドのタイヤにしよーっと。

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事