デジャヴ?いえ、ジンクス!

午前中、三人の方が表敬でおいでになりました。
イメージ 1

リクルートから出向し2年間市の観光課で活躍いただき、以後仙台の支店で東北(特に八戸!)の応援でご支援いただいた関さん(真ん中)が、東京本社転勤の挨拶でおいでいただきました。

私のブログ登場回数も半端じゃないです。是非、「関」で検索いただきたいと思いますが、仕事より飲んでる場面の方が多いですね。(だいたい私のブログの性格がそんなものですから)



イメージ 2

交代されるのは、写真向かって左側の竹直也さん。これから八戸いろいろお世話になると思います。



その前においでになったのがこの方。(「次に」と書くと、後ろに写っている時計で時間がばれますので)
イメージ 3

神戸在住の「編集者」藤本智士さん。

本の編集などを始め幅広い分野でご活躍です。

はっちの事業も手掛けていただきました。

そして、あの秋田県発行の「のんびり」の編集長でもあられたのでした!

私のブログでもうらやましげに取り上げさせたいただきました。


八戸ブックセンターに賛同していただいて、なんとカンヅメブースの市民作家登録をされ、カンヅメブースでの執筆のために飛行機を使っておいでになりました。

ここで執筆した書籍を近々発刊したいとのお話もいただきました。

本当にうれしいですね。


で、次は昨日のことです。(仮称)マチニワの安全祈願祭が現地で執り行われました。

コンセプトは長谷川明八戸工業大学教授(現学長)を委員長とする中心市街地にぎわい形成事業検討委員会によりまとめられました。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

日本のどこにもないような街の顔をつくる!というふうに受け止めさせていただきました。



INA新建築研究所の設計にもとづくパースです。森本千絵さんの水飲み場モニュメント「水の樹」のデザインも取り込んでいます。
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

これは、あくまでも現時点の暫定的なもので、例えばもっと緑に工夫を凝らしたりなど、いろいろ建築段階で知恵を絞ります。

そして何よりも、ここをどう使うか、使い倒すか、多くのアイデアが出されてくるのが楽しみです。



安全祈願祭の様子。
イメージ 10

イメージ 11

施主としてのご挨拶で、はっちの安全祈願祭のときも雲に覆われたいたのが、すぐに晴れ渡ったことを思い出しました。困難を吹き飛ばす象徴のようにと申し上げました。

この日も小雨模様の分厚い雲が、式が終わったころには、青空になりお日様が顔を出しました。

まさにデジャブ?いや、「うまくいくぞ」というジンクスにしたい!



イメージ 12

はっちに続け!

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事