全日本大学野球選手権大会が始まるよ!

イメージ 1

4月27日から5月5日までの日程で、第16回フレンドシップ2019ピーウィー国際アイスホッケー八戸記念大会が開催されました。

アメリカ合衆国、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、チェコ、日本の世界6カ国から八戸の3チームを含めて13チームが参加しました。

チェコは、今回が初参加です。

開会式に参加しましたが、以下はその様子です。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

子どもたちは全員ホームステイでした。多くのすばらしい交流が生まれたとのお話をうかがいました。

試合結果は、初参加のチェコが優勝、地元八戸ホワイトベアが準優勝でした。

次回は、2年後にアメリカで開催されます。

準備に当たられた皆様、大会の成功おめでとうごさいます。また、大変お疲れ様でした。


次の話題もスポーツ。
イメージ 8

八戸学院大学硬式野球部が北東北大学野球春季リーグで優勝を果たし、ご挨拶でおいでになりました。

左が正村公弘監督、右が奥から北畠栞人主将、加藤豪人野球部主務です。

北畠選手は弘前学院聖愛高校出身です。


イメージ 9

イメージ 10

正村監督はみなさんご案内のとおり、今年巨人ドラフト1位で、すでに3勝をあげている高橋優貴選手をはじめ、多くのプロ野球選手を育ててこられました。

金足農業高校の吉田輝星投手も直接指導をしてこられましたが、育てすぎて八戸学院に入学予定が日ハムに行っちゃいましたが・・・

リーグ戦の成績は、10戦9勝1分で、圧倒的な優勝でした。

勝因について監督は、高橋が抜けて高橋に頼らない気持ちがチームメートに生まれたからというようなことを話されました。(実は、ここだけの話ですが、高橋のワンマンチームでなくなったからと言いました)

さて、全日本大学野球選手権大会は10日からで、組み合わせは次のとおりです。
イメージ 11

佛教大を破り、東日本国際大と愛知工業大の勝者を撃破すれば、相手はだぶん昨年度優勝の東北福祉大です。これが事実上の決勝戦ですね。

がんばれ!八戸学院大学!!


で、またまた次もスポーツです。
イメージ 12

八戸出身で自転車競技の第一人者上野みなみ選手に八戸市スポーツ大使を委嘱しました。

久しぶりにお会いしましたが、一回り大きくなっているように感じましたのでそのように申し上げましたら、「ハイヒールのせいです」と話されました。

たしかに!

上野選手は八戸工業高校から鹿屋体育大学に進まれ、大学院終了後CIEL BLUE KANOYAのチームに所属しています。

この間、インカレロード4連覇(大学時代全勝ということです)、世界選手権自転車競技選手権大会ポイントレース2位、ワールドカップ・ポイントレース2位、ワールドカップ・スクラッチ2位など、輝かしい戦績を重ねて来ています。

イメージ 13

イメージ 14

スポーツ大使には、八戸の子どもたちにスポーツのすばらしさを伝えていただくとともに、各地転戦される際に、八戸のPRをお願いすることとしています。

来年の東京オリンピックでの自転車競技に向けた日本の「ハードル」についても話題になりました。

是非、がんばってほしいですね。

今後ともの活躍をお祈りします。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事