全体表示

[ リスト ]

9日、日曜日の様子です。

午前中は種差でした。
イメージ 1

抜けるような青空の中、芝生地で種差海岸観光祭りが開催されました。今年は、市制施行88周年記念も兼ねて行われました。



イメージ 2

凧揚げ大会。



イメージ 3

凧揚げ大会市長賞授与。



イメージ 4

よさこい。



イメージ 5

ブイヤベース!

(追記)
いあや〜、本当においしかったです。

 八戸ブイヤベース 夏フェス2017 → http://www.hhrp.jp/blog/2017/06/20/hachinohe_bouillabaisse_summerfes2017/

今年初めて種差漁港を会場に開催したようです。

この日は、大勢のお客さんが詰め掛け、午前中に完売の勢いとのことでした。

なお、はっちでは15、16日で、「はちのへ七夕まつり」期間中ですね。 →http://www.8cci.or.jp/tanabata/




イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

暑かったけど、みんな楽しそうでした。



イメージ 13

午後、いわゆる千秋楽の舞台を観ました。

こちらも「88周年という一生に一度の洒落に勝手に付き合って」いただいております。

R−15を楽しみました。


次は、夕方からとんでん兵。
イメージ 14

マスター。



イメージ 15

敬々。



そして・・・真打、三上寛!
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

いろいろお話をさせていただきました。

三上さんのブログをのぞかせていただきましたら、書いていただいていました。

そのまま、引用させていただきます。


<引用はじめ>


○本八戸

2017-07-10 06:52:16
テーマ:ブログ

盟友加川良が、こよなく愛した街。一年に一度開催される『屯田兵・七夕ライブ』には、共通の友人たち結集し、思い出話に花咲き夜空見上げると鮮やかに北の満月。まるでそこに同席しているかのような、洒脱で乱暴な会話の中に、あの世から幾度も割り込んでくる。皆必死で会えなくなった辛さに耐えているのだ。意識しなくても、続いていく事で深まっていく絆。背負っていくしかないと思っていたが、背中を押してくれていたのは、加川の方だった。霊魂など私にはややこしいテーマだが、横に気配を感じることがあるのは確か。友よ!オレまだ生きている。ああそうだ。ここは『カモメ』の街。リバプールに突き抜けてくれ!!

<引用終わり>

次の日の朝に書かれたんですね。


ところで、ところで・・・

あの三上博史さんの芸名は、寺山修司が三上寛の本名を、三上寛の弟分ぐらいのつもりで三上博史さんに使ったのだということが判明しました。


三上寛は三上博史だった!

この記事に


.


みんなの更新記事