全体表示

[ リスト ]

誕生1

今年は八戸ワイン誕生の年です

関連する話題を三つほど

まずは、5月始めです
イメージ 1

イメージ 2

はちのへワイナリーの圃場で、ワイン用ブドウの植え付けを体験してきました

イメージ 3

蔓を絡める棒を差します

結構力が要ります

平成26年の試験栽培から始めて、これまで1万6千本以上植えてきました

今年度は、さらに2万5千本増やします

イメージ 4

素敵な作業小屋でした

障がい者の方々の雇用の場としての活用も考えているとのことでした



次は5月7日澤内醸造所でのシードルのお披露目会です
イメージ 5

ワイン用の醸造施設を活用してリンゴやイチゴのシードルを作ったとのことで発表会に参加しました

イメージ 6

私もリンゴ投入体験をさせていただきました(させられました)

イメージ 7

左がイチゴとリンゴ、右がリンゴ

八戸は県内一のイチゴの産地です。また、リンゴの紅玉が作られています

紅玉は酸味があり、リンゴジュースの味を引き締めるために使われたり、アップルパイの原料としても使われています

今回のシードルの原料に紅玉も使われているとのことでした

イメージ 8

甘味が抑えられすっきりしていて、とてもおいしかったです

八戸の様々な食材に合いそうです

イメージ 9

おめでとうございました


次は5月17はちのへワイナリーのワイン初リリースのセレモニーです
イメージ 10

はちのへワイナリーは醸造所の建設はこれからになりますが、八戸の南郷地区でとれたブドウから、岩手県紫波町の紫波フルーツパークに醸造委託して製品になりました

イメージ 11

始めなければ始まらないでスタートしましたが、とうとうここまで来ましたと挨拶させていただきました

イメージ 12

マスターソムリエの高野豊さんにも駆けつけていただきました

各地でワイン産業が立ち上がってきており、八戸は後発との声もあるが、これまでの国内の失敗例もも含めて学べるという優位性があると思ってがんばってほしいと激励をいただきました

イメージ 13

テープカット!

イメージ 14

えんぶりラベルとえんぶり・えびす舞ラベル

この記事に


.


みんなの更新記事