全体表示

[ リスト ]

縄文!

8月11日、東京国立博物館特別展「縄文―1万年の美と鼓動」において、縄文時代国宝6件が史上初めて一同に展示されることから、出土した自治体の首長による懇談会が東京国立博物館で開催され、私も出席しました

懇談会の様子
イメージ 1

コーディネーターに青柳正規前文化庁長官(中央)、ゲストに銭谷館長、井上副館長、品川考古室長をお招きして開催されました

 青柳氏は文化庁長官時代、芸術文化創造都市に八戸市が選ばれた際に八戸においでいただきました
   → https://blogs.yahoo.co.jp/makoto_mayor_2009/folder/727038.html?m=lc&sv=%CA%B8%B2%BD%C4%A3%C4%B9%B4%B1&sk=1

貴重な国宝という財産をこれからのまちづくりにどう活用していくかについて話し合いが行われました


懇談会の前、一般開館前に展示会場をご案内いただきました
イメージ 2

左から、辻俊行北海道函館市教育長、森富広山形県舟形町長、柳平千代一長野県茅野市長、私、関口芳史新潟県十日町市長


イメージ 3

左前:仮面の女神(茅野市)、左奥:中空土偶(函館市)、中央!:合掌土偶(八戸市)、右前:縄文のビーナス(茅野市)、右奥:縄文の女神(舟形町)

私だけ合掌土偶のポーズを決めさせていただきました


イメージ 4

国宝室の前で

手前の土器は火焔型土器(十日町市)です


イメージ 5

イメージ 6

合掌土偶は国宝室の中央に展示してありました

開館後に様子を見に行きましたが、本当に大勢のみなさんが、まさに「押し寄せ」ていました

特に国宝室では合掌土偶が一番人気でした(けして贔屓目ではなく)


イメージ 7

林芳正文部科学大臣も視察でおいでになりました


この日は新潟県十日町市に向かいました
イメージ 8

で、次の日12日、十日町市博物館を見学しました


イメージ 9

左は佐野誠市館長さん

とても博識で、いろんなことを教わりました(本当に勉強になりました)

専門は化学だとおっしゃっていましたが、なんにでもバケられそうな天才的な方でした


イメージ 10

国宝に指定されている火焔型土器14点のうちのナンバー1の土器です


イメージ 11

関口市長自ら国宝に手を?

ご心配なく、精巧に作られたレプリカとのことでした

実際の感触、重さを体感してもらうために作られたのことでした


イメージ 12

右の三人は八戸市の美術部門の職員です

妻有トリエンナーレの視察に同行するために来ましたが、まずは縄文の美を体感してもらいました


イメージ 13

で、十日町市と八戸市は縄文の国宝だけでないつながりがありました

レスリングの日本代表の合宿所が十日町市にあるんですね

十日町市は隣接地に新しい博物館を建設中です


佐野館長様、本当にありあがとうございました

この記事に


.


みんなの更新記事