ここから本文です
2ドアクーペで渓流釣りへ行こう
渓流ルアー初心者です。

春を探しに

4月1日(日)
曇り時々小雨
気温8度
ここ最近一気に春めいて来たので、小渓流はユキシロは終わっているかな?
と、様子見がてら車を走らす。
目的の地域の河川はユキシロ真っ最中。
徐々に南下しながら釣りの出来そうな小河川を見つける。
が、ネット情報もなく魚が居るかどうかもわからない…

イメージ 1

とりあえず、鱒族大好きスミスARスピナーを際や流れ込みにキャストしてみる。
!!
小ぶりだがチェイスを確認。
動きからしてヤマメっぽい。
あ、今禁漁期間か。
素行していくと、自然河川に。
んー反応無し。
入渓地点に戻りながら、用水路の落ち込み発見。
ここで数匹のヤマメを釣り速やかにリリース。
魚居るんだ…
最初のポイントに戻り、水深のある流れ込みをもう一度探る。
ドンっ!
結構デカイ…ジャンプ!
ニジマスだーヽ(・∀・)ノ

イメージ 2

計測しなかったけど40近くあるか?
まだ時間はある。
数年前に行った川の支流に入ってみる。
本流にはニジマスがいるから、何か居るだろう。

イメージ 3

タックルをベイトに変えミノーでアップで探る。
あれ?居ないのかな?
角度を変えダウンで
ググン!

イメージ 4

イメージ 5

そろそろ終わりかな…
最後の深目の流れ込み。
アップで攻めるが反応がない。
ダウンで釣れてるからミノーを積極的にチェイスしないんだな…
スプーンに替え、流れに乗せながらヒラヒラさせると…

来た!ジャンプ!ジャンプ!
元気いっぱいニジマスさんヽ(・∀・)ノ

イメージ 6

これにて終了。
4月に入り、徐々に湧水河川以外も釣りになるようになってきました。
今年はユキシロが収まるのは少し早いかな…GWには、渓流行けるかなぁ…

この記事に

以前から興味は有るものの
なかなか決心がつかなかったんですが…
スピニングタックルでの渓流ルアーも
ある程度、キャスト精度も上がり
次なる目標として渓流ベイトフィネスに
挑戦しよーと思います。
ネットで色々調べて、揃えたタックルは

リールは
アブLTX-BF8
ロッドは
シマノカーディフNX B50UL

イメージ 1

本日実戦投入!
近郊の小河川に行き、記念すべき
ファーストキャスト!

2メートル位しか飛ばない&バックラッシュ(笑)
想像通りの展開。
でも、あれこれ投げ方を変え、ブレーキ調整して、何とか4gのミノー、スプーンは投げれるようになりました。
バックラッシュとの戦いですが…
そんな中、アタリが!
はい、バラシ。
また、バラシ。
立て続けに5バラシ。
ドラグの調整していなかったのと、
ULのロッドを久しぶりに使うので、合わせが決まらないし、良型に振り回される…
んー、慣れなきゃな。
ひたすらキャスト!バラシ!
修行でごさる!
んで、やっと

イメージ 2

ちびブラウンゲット☆
入魂完了しました…
その後慣れて来たので、良型が居るポイントへ移動。
ボサ際を重点的に打っていくと、
ゴゴン!
ふりゃ!乗ったー
めっちゃ走る、柔らかロッドは成すがまま魚に好き勝手走らるし(笑)
ドラグは鳴らないからよくわからねぇ!
泣きそうになりながら、やっとランディック。
こりゃ結構なサイズですわ!

イメージ 3

54センチ!
これにて終了。

1日ベイトフィネス使って、巷で言われているメリット、デメリットを感じた。
けどスピニングよりも圧倒的に低弾道でキャストできる、特にミノー。
トゥイッチもかなり入れやすい。

3g台のスピナーは非常に投げずらかった、これはブレーキ調整してみたが、今日は丁度良いところを見つけられなかった。
ルアーチェンジの度に微調整が必要だ。

でも、慣れてくればかなり楽しくなる気がするので、頑張ろう。

この記事に

3月4日日曜日
曇り時々雨
気温は5度
春の陽気に誘われ、近郊河川に。
水量は少なめ、水温8度。
期待を胸にポイントへ…
先発はリュウキ50Sチャートピンク。
流れ込みの先に魚のモジリ発見
まずは手前の開きにルアーを入れ
ゆっくり誘いを掛け、止めたり…
んー反応無し。
スプーンに変更。
フォール&リフトで軽い反応有り…が乗らない。
スミスARスピナーに変更。
開き脇のブッシュ際をスローで…
小さなアタリ…すかさず合わせ入れると
ロッドにかなり重い感触!
首降りしながらも凄い重量感。
水中に見えた魚体は軽く50以上はある。バラセナイ。コレハトリタイ。
暫しやり取りし、観念した魚をランディック…入らない(笑)
無理やり頭からランディックし尾びれが飛び出してます!
デカー!これデカー!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ニジマス記録53を超える、61センチ
こりゃエライこっちゃ。
おそらく、渓流タックルで獲れる限界サイズか…?
その後ポイントを変え、緩んだ雪原を死ぬほど雪漕ぎして、

イメージ 4

47センチこれもかなりの良型!
満足したので昼には納竿。
出来すぎた1日でした…

使用タックル
レイズスペクトラ53LML
Daiwaセオリー2004H
バリバスPE06x8
ショックリーダー8lb
スミスARスピナー3.5g
Bux赤金3.8g
リュウキ50Sチャートピンク

この記事に

冬の釣り

12月17日
晴れ、気温マイナス4度、水温3度
胆振の有名河川。
この時期は河川でのトラウトフィッシングは厳しさを極める。
…良いんです。キレイな景色、透き通った水、その中でキャストをし、釣り仲間とワイワイ楽しむ。
それだけで…
と、水深のある対岸のブッシュ周りからミノーをアップクロスでゆっくりと巻いてきてドリフトさせると、ゴツゴツとロッドに反応
ボトムを拾ったかな?
再度同じポイントへキャスト。
フォールさせ、ロッドを立て軽くトゥイッチ…ロッドに大きな重みが
根掛かり?ドラグがかかりラインが一気に放出!
魚だ!ドラグを少し締めて、下流に走る魚をいなしてやる…って猛スピードで下流に走る!イヤァァァ
その先は荒瀬が…自分も下流に走る!
何とかギリギリの所で魚を反転させ主導権を得る、が一瞬見えた魚影はデカイ!
しばらく、格闘しネットへ…デカ過ぎて何度かしてやっとネットイン!
チョレーイ!(笑)

イメージ 1

イメージ 2

デケェ…アメマス((((;゜Д゜)))
計測すると60ジャスト!
自己新記録です…
手早く撮影を済ませ弱らないうちにリリース。

イメージ 3

この後は、支流を釣り上がりましたが三人とも反応はなく、また本流に戻り粘りましたがタイムup。
正直、釣れるとは1ミリも思ってなかったので嬉しい結果となりました。
しかも、大物ゲットヽ(・∀・)ノ
わからないもんですね、釣りって…

今回の使用タックル
ロッド:テンリュウレイズスペクトラ53LML
リール:シマノストラディックc4+
ライン:バリバスカバーブレイカー4LB
ルアー:スピアヘッドリュウキ50sチャートヤマメピンク

この記事に

コラボ釣行 初冬編

勤労感謝の日。
1ヶ月ぶりの休みで釣りに行こうかと思っていた所、やまねったさんからの釣りのお誘いが!しかも前日から宿をとって頂き、車まで出して頂きまして超VIPな釣行に…いつもいつもすみません(汗)
前日20時出発して22時位には宿に着き温泉に浸かりコンビニのお酒で乾杯☆
車でも温泉でも釣り談義に花が咲き、これだけでも楽しい(笑)
お互いにかなりの釣り吉なので話は尽きません(笑)
0時位には就寝しました。
翌朝6時に宿を出てやまねったさんの実績ポイントに。
朝イチ入ったポイントは里川風の落差工ポイント、この場所を譲って頂きやまねったさんは上流の落差工へ
先発はバックスアカキン3.8g。
落ち込みの脇に打ち込みスローで誘う。
すると魚影がターンするのが一瞬見えた。しかし、明らかに活性が低い。
落ち込み対岸側にキャストし流れに乗せながらヒラヒラさせると、小さな手応えが…
しっかりアワセてフッキング!
最初は30位かと思って楽にいなしていたら急に下流に走り始めドラグを鳴らされる!以外にデカイ〜

イメージ 1

ドーン。ファーストヒットで45センチ!時期的にボウズを覚悟していたが、まさかの良型ヽ(・∀・)ノ
上流のやまねったさんも尺上を2つ上げていました。流石でございます!
その後ワンポイントで里川を巡り、

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 3

イメージ 5

びっしり、日暮れまで釣りを楽しみました。
やまねったさんはニジマスを40サイズを始め15匹以上は上げてました!自分は数は出ませんでしたが予想外の釣果に大満足(*´∀`)
帰りに冷えきった体を温泉で温まり、しかしシャワーは修理中で使えず(笑)
昼御飯も食べていなかったので豚丼屋さんに

イメージ 6

凄いボリュームでしたが美味しかった☆
厳しい初冬の釣りはやまねったさんのおかげで大満足でした〜
最初から最後までやまねったさん運転お疲れ様でした…完全にワタクシ大名待遇でした😅ありがとうございました…!

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事