幕内秀夫の食生活日記

食生活に関する出来事、出会いなど紹介します。申しわけありません。個人の質問にお答えするためのものではありません。

全体表示

[ リスト ]

2月8日の夕飯

イメージ 1
 
いんげんの胡麻和え、白菜の和え物、餃子、焼酎。
 
 餃子の材料は、白菜、にら、しょうが、にんにくだと思います。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 味噌煮込みうどん。いただきものです。左下は「出汁袋」、右下が八丁味噌。出汁袋には鰹節が入っています。水を入れた鍋に出汁袋を入れて、沸騰したら取り出し、うどん、具、味噌を入れて作ります。商品名は「献上うどん」と言います。「無添加」ですから、マニアの方にもおすすめです。濃厚な味噌の味と硬いうどんが大好きです。欠点は、ごはんを食べたくなることです。食べ過ぎになるので我慢しました。
 
 砂糖は、タバコやアルコールと同じ!!
 
 「砂糖は毒」として、米国の小児科医らがたばこや酒のように税を課すべきだとの意見を2日付の英科学誌 ネイチャーに発表、砂糖や飲料の業界が一斉に反論する事態になっている。 世界中で増加する糖尿病や心臓病の原因について、カリフォルニア大学のラスティグ教授らは、肥満だけでなく 「この50年間で砂糖の消費量が3倍増えた」として「砂糖の消費と関係している」と主張。過剰摂取による
肝臓への毒性や依存性、その結果もたらされる社会への悪影響を挙げ「たばこや酒と共通している」と指摘した。 安くて味がよくなるため、「製造業者に添加量を減らす動機付けがない」として、ジュースや菓子に添加される 砂糖への課税や子どもへの販売制限などを提案した。実際、食品に含まれる飽和脂肪酸への課税を昨年導入した デンマークが、砂糖に対する課税を検討しているという。
 これに対し、米砂糖協会は統計の取り方に問題があるとして「非科学的で無責任」と反論。「肥満は食べ過ぎと 運動不足が原因で砂糖だけを問題視するのは間違い」と訴え、「健康になることは楽しみを奪うことではない」 という子ども向けに食育活動を展開しているミシェル・オバマ大統領夫人の言葉を紹介した。
                           [朝日新聞]2012年2月6日16時27分

▼私は、少なくとも二十数年前から「砂糖」はタバコやアルコールとまったく同じだと主張してきている。ただ、アルコールやタバコとちがうのは子どものでも覚えてしまう可能性があるという点だけである。アメリカの小児科医は偉い!!日本の小児科医以上に危機感があるからだろう。ハンバーガーと清涼飲料水を食事にしている子供たちがどのくらいいるのだろう?
 ただし、「課税」に成功するかどうかは難しい問題だと思う。砂糖だけではなく、あらゆる食品に言えることだが、1つの食品の「害」を証明することは無理だと思うからである。「科学」になどにならないと思う。「非科学的で無責任」という批判はある意味では正しい。
 課税に成功はしなくても、小児科医師たちの主張は意味がある。少なくとも、砂糖がアルコールやタバコと同じだと、多くの人に伝えるだけでも大きいと思う。しかも、「砂糖は毒」というのは中々、インパクトがある。
 
 ― 「食」が科学的に証明されたときの結論は、手遅だとわかることである―
                                           (ヒデオ)
 だから、言い続けなければならない。
 
 

この記事に

閉じる コメント(25)

このままでは、命にかかわると思い、禁酒を始めて4ヶ月たちました。過去に2度チャレンジして、2回とも失敗してますもう自分には、無理かもと思っていましたが、今回は、どうにか続いています。ただ、アルコールを採っている時には、ほとんど甘いものを食べなかったのですが、今は毎日食べたくなります。
やはり、甘いものには、依存性があるようですね
食べすぎないように、気をつけねば

2012/2/9(木) 午後 3:09 [ マリポメ ] 返信する

顔アイコン

名古屋のソウルフード味噌煮込みうどん!寒いこの時期、私は毎週食べてます^^
>「食」が科学的に証明されたときの結論は、手遅だとわかることである
すごい重みのある言葉ですね。科学的根拠ってなんなんでしょうね。

2012/2/9(木) 午後 3:16 [ ももんが ] 返信する

顔アイコン

ヒデオの名言、いいですね。幕内先生の様々な名言、どれも私は大好きですよ。

さて、私は子どものウィルス性腸炎が移り、仕事を二日休んでしまいました。

きつかったですが、伝統食や免疫力を日々意識していたおかげで、自分の体の中に潜んでいた排除力や回復力を感じることができました。
恥ずかしながら、40を前にして初めての体験でした。感動です

でも子どもは可哀想で、すぐ薬を飲ませてしまいましたが… 削除

2012/2/9(木) 午後 4:55 [ せいこ ] 返信する

昔、小児歯科で衛生士をしていたとき、砂糖を使ったお菓子よりも、りんごや梨などの天然の果物やホシイモを摂るように指導していたこと思いだしました。
最近は、野菜の甘味に砂糖の味付けはいらないな〜と思いつつ、和え物を作っています。
甘味=砂糖ではなく、素材の甘さを大切に味わいたいと思います。そんな生活を続けていて久々、某有名会社のチョコケーキを食べる機会に接したのですが、薬のような甘味を感じました。

2012/2/9(木) 午後 7:24 [ マリーゴールド ] 返信する

顔アイコン

砂糖の害のひとつとして言われている低血糖症について調べてみると、いろんな人がいろんなことを主張していてどれが信頼性あるのかわからなくなってきました。よろしければ先生のご意見をお聞かせ願えませんか?また、おすすめの書籍などありましたら是非教えてください。
かく言う私も身を持って砂糖の中毒性を実感している一人です・・・

2012/2/9(木) 午後 10:51 [ しまこ ] 返信する

顔アイコン

「佐藤」がアルコールやタバコと同じという根拠を示すのは、難しいでしょうね(笑)
「砂糖」なら、このブログでも何度も書かれているのでは?
探すのが面倒であれば、幕内さんの著書を手にすれば、解りやすく書いてありますよ。
私なら、砂糖についての賛否を論じている幕内さん以外の専門家の意見を、調べまくりますね。
でも、精製された砂糖や油を身体に入れない食生活を実行すると、自分の身体が答えを出してくれます。 削除

2012/2/10(金) 午前 3:28 [ fufumi ] 返信する

顔アイコン

たんたさん。本、購入、ありがとうございます。女優の宮崎ますみさんと、数度、メールのやりとりをしました。病気になったことで、より輝いて活躍されているように思います。
たんたんさんもこれからですよ!!!

2012/2/10(金) 午前 8:53 mak*u*hi44 返信する

顔アイコン

kayさん。なるほど!!いい言葉を教えていただきありがとうございます。「砂糖」は元々、薬ですから難しいです。

2012/2/10(金) 午前 8:55 mak*u*hi44 返信する

顔アイコン

なっかんさん。ほんと気持ちはわかります。義母は勝手にたべてくれですよね。ところが、「孫の餌付け」をしたくなる。これの解決法はありませんねーーーー(^;)

2012/2/10(金) 午前 8:58 mak*u*hi44 返信する

顔アイコン

宇宙の漂流者さん。ご指摘の通りです。でも、運動不足だの自動車だの・・・普段の食生活がより問題だの・・・・
とても、「課税」は無理だと思いますね。

2012/2/10(金) 午前 9:00 mak*u*hi44 返信する

顔アイコン

マリポメさん。頑張ってください!!!!と言いながら、アルコールもタバコもスイーツもない人は・・・・おそらく、300人に1人を目指すことだと思いますよ。東大に入るより難しいかもしれません。ごめんなさい。頑張ってください(^^)

2012/2/10(金) 午前 9:02 mak*u*hi44 返信する

顔アイコン

いわもちさん。ありがとうございます。おバカな話を聞いてください(^;)
いわもちさんは在日の方だったと記憶がありました。
おバカな私は、事務の女性に向かって。味噌煮込みうどんってソウルにもあるのかなーーー?
事務の女性:「ソウルの文字がちがうと思うんですけど」

穴があったら入りたい(^;)

2012/2/10(金) 午前 9:09 mak*u*hi44 返信する

顔アイコン

せいこさん。良かったですね(^^)お子さんの「薬」はケースバイケースだと思います。

2012/2/10(金) 午前 9:11 mak*u*hi44 返信する

顔アイコン

やまちゃんさん。そうですか!「砂糖」はもともと、薬として使われていたのですから。「薬臭い」と感じてもおかしくありません。でも、そこまで敏感になるのは容易ではないですね。
私の焼酎、アルコールも薬でしたが、「薬臭く」感じません(^;)

2012/2/10(金) 午前 9:15 mak*u*hi44 返信する

顔アイコン

ioe*tsさん。砂糖の「害」については、すでに明治時代から指摘した日本人の医療者がいます。「低血糖症」について初めて知ったのは、大沢博先生の本です。当時は喧々諤々議論がありましたが、今はそれほど揺れていませんよ。
大沢先生の本がいいと思います。私は『食原性症候群』がおすすめです。

2012/2/10(金) 午前 9:20 mak*u*hi44 返信する

顔アイコン

fufumiさん。たしかに「佐藤」の害は難しいですね。

2012/2/10(金) 午前 9:21 mak*u*hi44 返信する

顔アイコン

笑いました^^ソウル(魂)違いです(笑)
私は国籍は韓国ですが、生まれも育ちも日本の名古屋ですので和食&名古屋飯のが慣れしんでいます。韓国にも行ったことありません。韓国料理食べるのは法事の時くらいですね。日本人と同じように日本風に少し甘めに味付けされた韓国料理が好きです(笑)
申込したおむすび通信が届きました。微力ですが、私のブログでも給食の本とホームページとセットで読まれることをオススメすると紹介させて頂きました。一人でも多く関心を持たれる方が増えるといいなと願います。

2012/2/10(金) 午後 1:58 [ ももんが ] 返信する

顔アイコン

先生、低血糖症の本のおススメをありがとうございました。早速探してきます。
先日、人生初めて血糖値が低いという結果が出て動揺していまい、いろいろ調べて低血糖症という言葉に行き着いたわけですが、その対処法として「動物性たんぱく質を積極的に摂る」「動物性たんぱく質は避ける」という逆の主張があったり「飴を常備しておく」「間食には糖分のないナッツかチーズ」・・・何が正しいのか混乱します。情報に振り回されないためにもまずは先生のご意見を、と思った次第です。
正確な検査をしないとなんとも言えませんが、甘いものをやめられない自覚があるので、予防できるものはなんとかして予防したいですから・・・。

2012/2/11(土) 午前 8:59 [ しまこ ] 返信する

顔アイコン

いわもちさん。事務の女性が、さげすんだ目で私を見ているような気がしました。来週、出勤してくれるかな?
自分でも、あきれました(^^)
『おむすび』、ありがとうございます。

2012/2/11(土) 午前 9:55 mak*u*hi44 返信する

顔アイコン

ioe*tsさん。大沢先生の本がいいと思います。

2012/2/11(土) 午前 9:57 mak*u*hi44 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事