映画と株とモルディブの毎日

ノルウェーでまったく雨に降られなかったヽ(・∀・)ノ♪

全体表示

[ リスト ]

清須会議

イメージ 8

評定を開く!場所が清須がいいだろう・・・これは、戦だな

【日付】 2013年11月9日(土)
【監督】 三谷幸喜
【出演】 役所広司 、大泉洋 、小日向文世 、佐藤浩市 、妻夫木聡 、浅野忠信 、寺島進 、でんでん 、松山ケンイチ 、伊勢谷友介 、鈴木京香 、中谷美紀 、剛力彩芽 、坂東巳之助 、阿南健治 、市川しんぺー 、染谷将太 、篠井英介 、戸田恵子 、梶原善 、瀬戸カトリーヌ 、近藤芳正 、浅野和之 、中村勘九郎 、天海祐希 、西田敏行
【評価】 4.5 ★★★★☆

本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市(鈴木京香)、秀吉は信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方にする。そして跡継ぎを決めるための清須会議が開催されることになり、両派の複雑な思惑が交錯していく。(シネマトゥデイ)


イメージ 1三谷幸喜監督の初時代劇とのことだけど、前作で西田敏行の落ち武者がいたせいか、初めてだっけ?って気になるね。

時代劇と言っても、戦をまったく描かないというのはいかにも三谷流じゃないか。
時代劇なのに会議を舞台にしていまう・・・
これって、現代劇でも十分使える設定だよなぁ〜。社長や総理大臣を決めるとかでさ。

そこを史実に当てはめて描き切ってしまうのが、さすがだ。ちゃんと戦になっていた!
有名どころの武将たちを、誰が、どんなキャラで演じるのかというのが、最大の見どころと言ってもいいだろう。

イメージ 2最後まで見た印象では、ストーリーでも主導権を握ってたからなのか、どうしても大泉洋演じる豊臣秀吉の映画だったなぁ〜。

大泉洋なんて、三谷映画に初参戦だよ!
なのに、こんなおいしい大役を任せられるとはっ!

笑いという意味では、大泉洋なんて三谷作品にドハマりだと思う。今まで呼ばれなかったのが不思議なくらいだ。逆に笑いが上手いだけに、呼ばれなかったのかな?
そんな私情は知らんけど、今回の豊臣秀吉は大泉洋でドハマリだっ!

イメージ 3最初こそ、頭がデカツルで耳デカで、おもしろキャラにし過ぎじゃね!?とも思ったけど、大泉洋のひょうきんで愛されるキャラが、そのまま秀吉の魅力に直結してたなぁ〜。
それでいて、計算高く、時に見せるキリっとした真面目な表情とか、大泉洋、シビれるぜぇ〜!

その秀吉に対抗するのが、役所広司}演じる柴田勝家だ。
三谷作品の常連だから、監督が求める、真面目だけど面白いってのが終始にじみ出てるよね。

まさか役所が、猛将・柴田勝家があんなに似合うとは思わなかった!
がさつ、愚直、豪胆、いつもの役所のイメージにないんだけど、さすがの演技力だ。
ヒゲとテカテカの汗臭そうな顔がいいねっ

イメージ 4他にも言っていくとキリがない、そしてどこまでもしゃべりたいくらいに、とにかく豪華なキャスト!
常連組から初参戦組まで、作品を重ねるごとに使い方が豪華になってるよなぁ〜

冒頭も絵巻をベースに信長討ち死にまでも描いてるとは思わなかった!
そのプロローグでだった、常連の浅野和久や若手の染谷将太とか贅沢!
まさか信長に逆のイメージの篠井英介とは思わんかったなぁ〜
よほど伊勢谷友介の方がイメージだ。あ、伊勢谷の三十郎もつかみどころがなくてよかったよねぇ〜!

イメージ 5織田一族の鼻をあんな風にしてるのも遊んでるよなぁ〜w

女優陣の扱いもヒドクなかった!?
中谷さんをあんなアクティブな役で使うとは思わなかったし、終盤のあの忍びの正体はサプライズだよな!
そして、まさかの起用の剛力彩は、監督の確信犯でしょ。完全に顔で遊んでんじゃんw

いつもの三谷作品ほど、爆笑やこれでもかって笑いは控えめだったかもしれない。
そこはちょっと欲求不満だな。

イメージ 6けど、歴史の分岐点となった会議としては、笑い抜きにして見応えがあった。140分なんてあっという間だよ!

武将たちの生き様、思惑、忠誠心・・・
そんな熱い想いを真面目に描きながらも、真面目ゆえにどこか滑稽。この絶妙な笑いのセンスは三谷監督じゃなきゃ出せないんだろうなぁ〜
何より、演じてるキャストたちが絶対に楽しんでやってるってのがスゴク伝わってくるもん!

そんな中で小日向はストレス溜まる演技だっただろうなぁ〜(笑)

イメージ 7ドラマみたいに登場人物の名前をテロップで出してくれると見やすかったけど、歴史好きの監督だからこそ、そこはあえてしなかったっぽいな。

多少、歴史の知識があった方が間違いなくみやすい!
でも、なくても流れとともに、どういう人なのか分かるようになってるし、まぁ、分からなくてもストーリーに支障なしだ!

戦国武将がこれだけそろっても刀を抜かない時代劇があるのか・・・
原作から脚本、監督まで、本当にお見事でした!


閉じる コメント(2)

アバター

以前、三谷監督の舞台で大泉洋は好演していましたので、
今回の映画出演、しかもほぼ主役になったのだと思います。
常連から初参加のメンバーまで、芸達者揃いでしたね♪。

2013/11/29(金) 午前 0:15 ffa**77

ふぁろうさん♪そういう繋がりだったのですねぇ〜。どうりで番宣でも気心知れた感が・・・
松山ケンイチも主要豪華キャストっぽくポスターに載せてるのには、オイ!と思ったけど、やっぱ贅沢なキャスティングでした。

2013/12/2(月) 午前 9:28 ハイダウェイ

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事