映画と株とモルディブの毎日

ノルウェーでまったく雨に降られなかったヽ(・∀・)ノ♪

全体表示

[ リスト ]

イメージ 6

これがオレのモテ期だぁぁぁぁ!!

【日付】 2019年8月31日(土)
【監督】 金崎貴臣
【出演】 福島潤(カズマ)、雨宮天(アクア)、高橋李依(めぐみん)、茅野愛衣(ダクネス)、豊崎愛生(ゆんゆん)、堀江由衣(ウィズ)、西田雅一(バニル)、原紗友里(ルナ)、稲田徹(荒くれ者)、長縄まりあ(こめっこ)
【評価】 4.0 ★★★★

ゲームが大好きなカズマは、交通事故に遭ってアクアという女神と共に異世界へと転生してしまう。ロールプレイングゲームのような冒険ができると期待するが、アクアらクセ者ぞろいの仲間に振り回されたり、国家転覆罪の容疑をかけられたりと、さんざんな目に遭う。ある日カズマは、紅魔族の少女ゆんゆんから自分との子供が欲しいと迫られる。その要求が彼女の故郷に迫っている危機と関係があることを知ったカズマは、何とかしようとする。(シネマトゥデイ)


イメージ 1まさかこのアニメが映画化されるとは思わなかった。
テレビで放送してたのって、もうけっこう前だよな?
2シーズンあったんだっけ?

だから、細かいとこは忘れつつあった。
カズマがなんで異世界に転生させられたのかとかさ。
けど、この作品はキャラが濃い!
パーティーのメンバーは忘れるわけもないし、サブキャラも観ればすぐに思い出す。

イメージ 2ゆんゆんなんて、あぁ〜〜いたなぁ〜〜!!
だったけど、なんと今回はダクネスよりも前にいるよなっ!
ひょっとしたらアクアよりも!!

そう、今回はめぐみんやゆんゆんの故郷の紅魔の里を救いに行くというところから始まる!
紅魔族、そういやぁ、めぐみんってそういう設定だったな。忘れてた。
そして、紅魔族ってこうやって書くなんて知らなかったから、サブタイトルの意味も今知ったわ!

イメージ 3映画になってもこのユルさやふざけた感じはまったくブレないなぁ〜〜
懐かしさすら感じるわ。

今回はカズマのモテ期も関係してくるのだが、この作品って、ちょっとエロいのを絡めてくるのも魅力の一つなんだよね。
そりゃ、オークのトラウマみたいなギャグ的モテ期もあったが、繰り返されるめぐみんとのあれは、どーせオチは分かってるんだけど、めぐみんがかわいくてちょっと興奮するわ!
ガンバレ!カズマ!イケ!って思うわ(笑)

イメージ 4ギャグやエロ以外で言えば、あの謎の遺跡とか、久しぶりにこの作品の原点を思い出させてくれたな。
そっかー、そういうパターンもできるのかぁ。
まるでタイムトラベルかオーパーツのようでワクワクした。
でもちゃんとボケも混ぜてくる。

今回の中ボスも、今までと同じで適度にふざけてたしな。
内容にあってたし、最後までアホだったし。

イメージ 5紅魔族もめぐみんがわりとマトモに見えるくらいにふざけてた。
そのくせチートレベルに強いというギャップ!

おもしろいんだけど、やっぱギャグ寄りかなぁ〜〜と思ってた終盤!
そうだった、このシリーズ、ちょこっとかっこつけるんだよ。
いや、今回はめちゃめちゃかっこいいじゃないか!!
爆裂魔法のビジュアルもパワーアップした!?
王道少年漫画のような展開は嫌いじゃないぞ!

まさかの最後はウルっとさせられた。
チッ、こういうとこまでブレてないな。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事