旅人( 同行犬人)

旅行、シェルティー、民家、町並み、建物、ワールドミュージックなどをカメラで綴ります。シュールな伝説もあります。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

不良不定期中年トリオの続きです.

香嵐渓の帰りに足助のまちをぶらつきました.
街中は渋滞で交通マヒ、あちこちに住民が座っているのは駐車監視のためでしょう。
こちらはバイクなのに料金を取られてはたまりません。
手前の幼稚園に止めてさまようことで、新しい発見もあり旅の醍醐味もあるというものです.

お馴染みのマンリン小路の万屋さんは足助文化の中心らしく、カフェや雑貨展示に心が温まります.
ちなみに、この日は道中気温2℃、途中名倉では氷もはっていました.

もと東海銀行足助支店あとの中馬館。職人さんが長いはしごで天井の電球を取り替えていました.
エントランス上が、ぐるり小型のバルコニーになっており、劇場に来たような不思議な雰囲気です.
圧迫感はなく親しみの持てる外観、内装です。地方では銀行にいかめしさは不必要です.
金庫は2階建てはしごで登ります.やしき倉の伝統なのでしょうか.面白い構造です.

足助名物「シシコロッケ」というのも初めて聞きました。
店の前にはなんとご本体がお休みになっておりました。
内臓は抜かれていますが弾丸の跡がはっきりと残っています.小型なのでメスか子供なのでしょう.
いずれにせよもう少し路上でもうすこし休憩をされる様子でした.

たっぷりと塩の街を楽しんで岡崎市へ向かいます.メンバーのオジさんがフェチの苔があるからです.
「岡崎の苔寺」龍渓院は境内の杉苔も広々として清潔かつ簡潔です。
建築の方も山門、本堂、禅堂と揃い、回廊(とくに本堂前も貫通)が囲む典型的な曹洞宗寺院です.

いまでも厳しい修行がされているのでしょう。小馬寺、香積寺といい、今日は禅宗寺院に縁があります.
フェチオジさんによると苔は育てるのが大変難しく、採光、湿度、気温が特にデリケートだとか.
この地は東西北を山で囲まれて最適な場所なのだそうです.

走行距離約200キロ、ハプニングもあり、存分に充実したオジさんたちのツーリングでした.

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事