房総半島生息の彫金師 冨銀、語録です

興味のある方は、こちらも覗いてください。http://www.tomigin.com

全体表示

[ リスト ]

冨銀では、よく、動く作品を造ります
そのためには、銀や金にドリルで穴をあけて、カシメ構造で留めることが多いわけです
で、私が使うドリルの直径、細い物は0.5mm
シャーペンの芯と同じ、細さです
当然、折れます

板圧の厚い銀の中に、折れてしまった鋼鉄の極細のドリル歯が残ってしまうと、どうすることもできません
全部溶かしてやり直し 泣くに泣けませんが、仕方が無い

原子炉に入っている核燃料も、燃料棒の形をしていれば、引き抜くのはかんたん
でも、溶けてしまった燃料が、原子炉の壁を溶かして食い込んでいる、なんて形をしていたら、これはもう大変
5年や7年では、とリ出せないんじゃぁないの?

いっそ全部溶かすか?

仮定の話として、冷やすのをやめたらどうなる?
核燃料はどんどん加熱
原子力発電に使う核燃料と、爆発させることが目的の核爆弾では、放射性物質の濃度がまったく違うので、核燃料自体が爆発することはないらしい(らしい)
で、ともかく、どんどん熱くなり、
原子炉を溶かし、
重力に引かれておちてゆく
地殻を溶かながらし、どんどんめり込んでいき、
なつかしい、モホロビチッチの不連続面に達する
そして、マントルに迎えられる

そしたらどうなる?
マントル全体から見たら、核燃料なんて微々たる物だから、何事もなく溶け込む?
核燃料があけた穴を通って、マグマが噴出し、福島原発が活火山になる?
地球が割れちゃう?そんなばかな

何が起きるかわからないけど、ほうっておけば、どんどん沈んでゆく、というのはきっと間違いない
溶けて沈んでゆくときに起こす土壌汚染が、今の汚染水による、長期の汚染より少ないなら、こういうのも手だったりして

とにかく、ドリルの歯でも、核燃料でも、規定外の形になってしまった物質を取り除くというのは、大変なんです

tomigin.com




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事