ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1
 


カラマンシーは健康の恵み
<mamamiyukiのフィリピン移住日記>



日本人の多くは慢性的なビタミン欠乏症といわれています。
ビタミンは体内では生成されませんから食事で摂取しなくてはなりません。
さて、ビタミンの"ビタ"は、ドイツ語で「生命」のこと、「私達が生きて行くために大切なもの」という意味を込めて名づけられたそうです。

老後の健康を守る、ということは、体は一定のリズムで新陳活動を行っている、不規則な生活をすると、それだけで体にストレスをかけてしまうということです。
大切なことは自分にどれだけのストレスが溜まっているかを自覚することですが、老人になってストレスチェック、知ることも実際は難しいことです。

いらいらする、不安がつきまとう と、ビタミンのエースといわれますが、A,C,Eを摂取ということです。
ストレスの強い人は食生活の改善からはじまましょう、って、ことです。
自分の体は自分で守るしかありません。
そこで、摂取ビタミン、ミネラルでストレスから体を守りましょう。と、いうことになります。
ビタミンCの花形といえば、南国に実るカラマンシーが上げられます。

カラマンシーとは、熱帯に実る緑皮柑橘です。多くのビタミンCを含み優れた抗菌抗酸化作用を持っています。そして、脂肪燃焼や生活習慣病に役立つ健康果実です。

フィリピンでは家庭の庭に実る生活と密着した神の恵みなのです。
でも、最近の田舎も変わりました。少しでも現金収入をとの考えもあるのでしょうか、朝市などで多く見かけます。 
おばあさんが小盛りで商いをしています。きっと、朝庭で収穫したカラマンシーでしょう。

身近な健康食品として料理に欠かせないのですが、何分田舎は仕事がない、ですから仕方がないといえそうです。
庭で簡単に育つカラマンシー我が家にも20本ほど植えました。やっと、その成果が実りました。
木の大きさは2m〜3mと、さほど大きくありませんから手軽に摂取できるビタミンCが庭先に育てるができるのです。実りは、鈴なりです。正に人類の健康の為に授かった神の恵みでしょう。

本来、自然とは人類の生活の身近には健康食品が実っていたのでしょうネ。
病気があれば病気を治す薬草があり、人類の健康の為の食べ物があるのが自然の摂理、因果率でもあると思います。
 
治らない、治せない、薬がない病気はこの世の中に存在しないのでは、 私は、そう信じています。
山奥まで、地の果てまで薬草を求めなくても、本来人間の生活圏の身近に存在していたのでは?
本来、人類は自然と共にあるべき、 
        そのバランスを崩したのは我々人類です。
自然を破壊し、住み良い環境を求め、便利よさを追求し、ジャングルを都会に変えてしまったのです。
都会の便利よさが家庭の庭が極力狭くさせ、観賞を得るために鉢植えに変わっていきました。
人類が緑化を好むのは太古のDNA、ベランダに観賞植物を植え精神を安らげているのです。

そして、
身近にあった、路地に、庭にあった神の恵みを遠ざけた結果、生活習慣病に苦しむことに繋がったのでは、・・・・・と、私は思います。

イメージ 2


フィリピンの然り、家庭のあり方も変化しました。
庭の木を伐採し、家を建て増しし、その付がいずれ不健康へと繋がるのでしょうか。

確かに、私の住むマリンドゥケにはまだまだ、各家庭にフルーツの木や作物が植えられています。自給自足が行われている、きっと、数少ない村かも知れません。
明らかに感じるのが、マリンドゥケでも山里あり、農村あり、漁村が揃っている朝市は地場で収穫されたものが多く並んでいます。

生活に欠かせない果樹は沢山あります。 
            身近にある、旬に実る必要な栄養素なのです。
バナナ、パパイア、マンゴ、グワバ など、
ご紹介しているカラマンシーは代表的な家庭菜園で得れる、ぎっしり詰まった栄養素は人類の生活には欠かせない恵みなのです。

イメージ 3


カラマンシーの効能
シネフシンは、脂肪がエネルギーとして代謝されるように促し、脂肪燃焼活性化には欠かせない成分です。

もろみ酢の4.3倍もあり、基礎代謝を活発にし、食べても太らない体質に寄与する
クエン酸

最近のフィリピン女性は肥満体が多くなりました。家庭菜園から離れていったカラマンシーが原因? カモシカの様な足は、とんと見かけなくなりました(爆笑)。

スペリンジンは、ポリフェノールの一種で、毛細管血管のメンテナンスをする役割があるので血液が健康に、抗アレルギー作用や血中中性脂肪の分解効果も期待できるとか。

クリプトキサチンは、トマトに含まれるリコピンの仲間で、健康保持に重要な役割を果たしカロチノイドの一種です。
ノビレチンは、肌細胞を老化させる中性脂肪を分解、肌改善、アレルギー緩和効果にも期待できるそうです。

ビタミンCは、シークァサーの約8倍もあるとか、凄いパワーです。ビタミンCといえば、病気やストレスへの抵抗力を高め、肌のハリ、ツヤ感も向上する年寄りには欠かせないビタミンです。

 
イメージ 4[栄養成分]
100mg
シネフリン 2.3mg
クリプトキサンチン 330μg
ノビレチン 4.4mg  
ビタミンP(ヘスペリジン) 
                 2.9mg
ビタミンC  98mg
ビタミンA(レチノール)
              15μg   
炭水化物  6.2g
ナトリウム 2.8mg    
タンパク質  0.4g
脂質  0.1未満   
熱量  24Kcal

 
カラマンシージュース アイスやホットで頂きます。
天然の蜂蜜を入れ味を整えます。
                         これで栄養補給はバッチリです。
蜂蜜ははじめからブドウ糖、体内でブドウ糖に変えるシステム不要の優れもの即栄養補給できるのです。
天然の蜂蜜には、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸などのビタミン類、カルシウム、鉄など、27種類のミネラル、22種類のアミノ酸、
80種類の酵素、ポリフェノールや若返り効果があるいわれるパロチンなど、150を超える成分が含まれた栄養豊かな食品です。

そして、蜂蜜には、脳の働きを穏やかにするセレトニンという成分があり、神経が安定し、良く眠れる効果もあります。
天然の蜂蜜入りカラマンシージュースは、まさに、老人の為の健康ドリンクといえそうです

イメージ 5



ビタミンCについて
ビタミンCは、"かぜ"を予防することで知られています。
細胞の接着剤であるコラーゲンの生成を助け、血管、各種器官、筋肉、骨を強化するからです。細胞がコラーゲンでしっかり固めてあれば"かぜ"などのウイルスを容易には進入できなくなるということです。
最も注目されているのが抗がん作用です。ビタミンCには免疫力を強化する作用があり、胃がんや肝臓がんを引き起こすと考えられている発ガン物質、ニトロソアミンの生成を抑える働きがめられています。
また、抗がん剤として知られるインターフェロンの生成を体内で促進する作用もあり、体内のビタミンCを飽和状態にしておけば、がんにかかる危険率が大きく下がるという研究結果が発表されています。

ビタミンCは熱や空気にも弱く、しかも水溶性のデリケートなビタミンです。
たとえば、調理による損失も大きく、刻んだ野菜を水につけておくだけでどんどん流失するし、過熱すると分解されてしまいます。
水溶性ですから2〜3時間で排泄されてるといわれ、体内に蓄積することはできません。したがって、毎日欠かさずビタミンCを含む食品をとり、不足しないようにしなくてはなりません
ストレスの多い生活には、抗ストレス作用のある副腎皮質ホルモンの生成には、ビタミンCが大きく関わっているため、
ストレスがかかればかかるほど、ビタミンCがドンドン消費されていくのです。
 
不安や緊張など精神的ストレスだけではなく、騒音、気温の変化、睡眠不足なども、思いのほか体に大きくストレスをかけるそうです。ストレスが溜まってきたと思ったときタップリとビタミンCを補給しましょう。
その点、手軽に補給できる、カラマンシージュースは南国の生活には欠かせない健康ドリンクといえそうです




●常夏の国フィリピン移住計画中の方
体験ステイは如何ですか。
ショートステイ&ロングステイで
海辺の暮らしの体験をしませんか。
ご案内ホームページ



  • 顔アイコン

    匿名さま
    大丈夫ですか?
    気を付けて下さい、きっとお疲れなのでしょうね。。。
    こちらで介護や看護が出来ると良いのにね〜。。。

    mamamiyuki

    2012/7/23(月) 午後 0:17

  • 顔アイコン

    カラマンシー私もジンに絞って入れます。

    冷蔵庫の恋人のように必ず中に入っている必需品ですね。

    [ パシック ]

    2012/7/23(月) 午後 2:00

  • カラマンシーすばらしいですね。
    天然のビタミンをたくさんいただけるのは
    最高の贅沢ですね。

    [ ガーネット愛胡 ]

    2012/7/23(月) 午後 2:41

  • 顔アイコン

    パシック さま
    常夏では良く摂取する方が良いみたいです。

    色んな成分が有りますから大いに楽しみましょう(^^)。

    mamamiyuki

    2012/7/23(月) 午後 4:32

  • 顔アイコン

    へぇ〜カラマンシーって庭で出来るんですね〜。
    次の挑戦は、カラマンシーに決定です(^0^)あっはっは。

    …ところで、石釜はどんな感じでしょうかぁ〜(^0^)

    Shin

    2012/7/23(月) 午後 6:43

  • カラマンシ―はジュースにしたら飲みやすいですね。
    フィリピンに居る時は何時でもオーダーします。
    甘酸っぱさが良いですね。(*^^)v
    焼き魚にも良く使います。

    12

    2012/7/23(月) 午後 7:52

  • 顔アイコン

    カラマンシーという果物は食べたことがないですね
    これを読んでいたら いいものなんだなってわかります ポチ☆

    里山 みのきち

    2012/7/23(月) 午後 9:08

  • 顔アイコン

    ウチのカラマンシーは8年経つけどまだ実をつけません。

    カラマンシーだけでなく、マルンガイもあるんじゃないですか?

    ヨコ (^^)V

    2012/7/23(月) 午後 9:53

  • 顔アイコン

    ガーネット愛胡 さま
    はい、素晴らしい物です。

    南国に神が与えたビタミンC…摂取してれば病気も逃げて行きそうな気がします。

    mamamiyuki

    2012/7/24(火) 午前 8:23

  • 顔アイコン

    Shinさま
    カラマンシーは何処でも育つようです。

    実を付けるまでは4〜5年掛かりますが植えてると良いですね。

    そうね、石釜未だ火入れをしてないのです(笑)ご免なさい、近い内に必ず…少々お待ち下さい(^^)。

    mamamiyuki

    2012/7/24(火) 午前 8:29

  • 顔アイコン

    123
    そうですよね、家庭でもレストランでも普通に置いて有りますね。

    素晴らしい神の贈り物です、大いに利用してください(^^)。

    mamamiyuki

    2012/7/24(火) 午前 8:32

  • 顔アイコン

    みのきちさま
    カラマンシーは果物と言うよりお酢の代用品みたいなものです。
    カボス・酢橘みたいなものです、が薄めてジュースで頂くのです。

    こちらの人々は焼き魚やしつこい油物などには必ず使います。
    私は神が使わせた南国の薬だと思っております(笑)。

    mamamiyuki

    2012/7/24(火) 午前 8:39

  • 顔アイコン

    yokolenさま
    そうですか?未だ実を付けませんか、やはり気候などにも影響するのでしょうか。。。

    マルンガイも良い物ですが性質が違いますよね(^^。
    栄養不足の子供にはとても良い物です。
    カラマンシーは南国に必要なビタミンCが豊富に含まれ無くては成らない物のようです。

    mamamiyuki

    2012/7/24(火) 午前 8:44

  • おはようございます いつも感謝有難うございますm(__)m

    [ あゆ ]

    2012/7/24(火) 午後 0:18

  • 顔アイコン

    13番目の大きさの島、marindugue
    ですね。マニラから飛行機で30分ですか。意外と近いですね。楽園でしょうね。行ってみたい島ですね。生活は1カ月どのくらいで過ごせますか。

    [ かんぼう ]

    2012/7/24(火) 午後 0:52

  • 顔アイコン

    カラマンシー ii desune oishii kenkouni yoi taiwan airport karadesu

    [ ダイエットの大ちゃん ]

    2012/7/24(火) 午後 4:34

  • 顔アイコン

    かんぼうさま
    我々はグループホームの仲間を募っております(^^)。

    短・長期ステイその他の詳しい事はホームページへアクセス頂けますか、宜しくお願い致します。

    mamamiyuki

    2012/7/25(水) 午前 7:45

  • 顔アイコン

    博多の大ちゃん
    日本へお帰りですね。

    楽しかった新婚旅行を思い出しニタニタでは?(爆笑)。
    これからはお仕事に精を出して早くお父さまを開放して上げてね(^^)。

    どうぞお幸せに!! 心から祈っております。

    mamamiyuki

    2012/7/25(水) 午前 7:50

  • 顔アイコン

    あゆさま
    度々のご訪問有難う御座います。

    mamamiyuki

    2012/7/25(水) 午前 7:52

  • 顔アイコン

    かんぼうさま
    こちらこそ、是非良い時期にお越し下さいませ(笑)。
    台風の時期は止めた方が良いでしょう、我々は其れなりに慣れて過して居りますがやはり日の出・日の入りや朝・夕焼けを楽しんで頂きたく存じます。

    mamamiyuki

    2012/7/25(水) 午前 11:08

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事