大豆戸FC JY 活動記

U15リーグが開幕!1つ1つ大事に闘っていきましょう!

合宿

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全66ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

合宿最終日


選手たちの要望に応えて
この日は、6時から波崎海水浴場へ出掛けました!

イメージ 5



こんな朝寒いなか、海に入る選手は、ゼロ…と思いきや
2名が果敢にも入って行きました!

海へダイブ
https://vimeo.com/262936539

そして、何人か砂の堤防を作り始めました!
思春期の子どもたちでは、ありますが…
まだまだ、遊び心を持っています(笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8



予定通り、あおのサッカーパークにて
ジョカーレさんとカラクテルさんとの試合

ACカラクテル
0-0
ジョカーレ
0-2
ACカラクテル
0-1
ACカラクテル
0-1

1年生を6人加えたメンバーで試合を行いました。
初日で行ったトレーニング、2人組みの関係での守備。

それが見事、うまくいった場面では、ボールを奪いシュートチャンスまで繋げることが出来ていたが、そのシュートを決めるまでは、行かなかった。
ジョカーレさんとの試合では、数多くのチャンスを作ったがそれを決めれなかったことで流れがジョカーレに行ってしまった。

これで、合宿でのサッカー⚽は、終わり。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11




現在、バスの中は寝るどころか2年生と1年生で噂のゲームで交流中(笑)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

U15合宿最終日

今日で地獄の合宿を終えました。

早朝に宿舎から波崎海水浴場まで1キロ弱走り、砂浜でのサーキットトレーニングを行いました。砂浜は普段使わない筋肉を使ったり、足をしっかりと引き上げないと走れない為かなりの負荷がかかります。

朝食を挟み最後のトレーニングを行いました。疲労が蓄積してる体にムチをうって練習に取り組んでいましたがさすがに最終日となると質が落ちます。そのような状態でも最後の紅白戦は最後の力を振り絞り頑張ってました。新システムを試してる今回の合宿の中では1番良い内容でした。手応えもあるので夏までには形にしたいと思っています。

リタイア無しで全トレーニングを終えた事は本当に良かったです。課題にもしっかり取り組んで来たので試合で形として証明出来ればと思っています。

明日から3日間オフです。足に鉛が付いているようだと、言う選手もいたのでしっかりと体を休め超回復した状態で土曜日の練習に来てください。忘れてはならないのは日曜日はトリプルヘッダーです、全試合勝ちましょう!


イメージ 1
イメージ 2
鬼のサーキットトレーニング後のワンショット
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
匠で始まり匠で終わりました
イメージ 6
イメージ 7

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

合宿1日目

新横浜から波崎へ

合宿初日は、トレーニングの時間まで時間があったので小学生の手伝い。
お兄ちゃんとなり、ともにゲームを楽しんでいました☆

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



キーパーは、荒井GKコーチがまとめてトレーニングを行いました!

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7



そして、いよいよトレーニング。
この日は、2人組での守備。背後にパスコースがある中で真ん中を通されないようにサイドへと誘導からプレッシングをかけていく。
いつどのタイミングでどこまで移動するのか?
カバーリングは、どのポジションに立つのか?

出来ている、出来ていない選手がいましたがそれを頭の中で整理して次へ繋げ自分のものにすること

綺麗な夕日の中でゲームでした!

イメージ 8



最初のミーティングでは、食事と睡眠のところを!!
実行するかは、みんな次第。


2日目の午前トレーニングでは、シュートのエクササイズ。
さまざまなシュートのシチュエーションからシュートが止められたり、外したりしたら、切り替えて自分のポジションに戻るため、スプリントして、ラインまで戻る。サッカーの動きの中でフィジカル的な要素のトレーニング。

宿に戻り、昼飯この日はカレー!!
あっという間に食べ終わりました!
コーチは、二杯頂きました(笑)

午後のトレーニングでは、守備でのアクションでのトレーニング。爆発的なアクションと持続。1分間、100パーセントのスプリントを出来るだけ持続させる。

次に攻撃時のアクション。
スピードの緩急爆発的なアクションでマークを外し、パスを受けて、ボールを預ける。これも1分間。

この日は、このフィジカル的な要素のトレーニングを重点的に行いました。
1分と言えども、かなりキツイ。100パーセントが長く時間持続する選手は、いませんでした。ただの素走りではなく、サッカーのアクションの中でトレーニングすること。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15


そして、夕食後は…ビンゴ大会!!!

イメージ 16

イメージ 17





そして、3日目!!

この日の午前中は…
全学年でのゲーム大会!

あらゆる異学年がいて、チームで補うこと、チームで解決すること、下の学年が素直に喜ぶ姿を感じるもの、先輩たちの行動に感化されるもの

2年生たちは、ここで何かアクションを起こしそれぞれなにか出来たかな??

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25


昼飯は、宿で中華丼です!

午後は、中学校1年生との試合。
君たちは、ここでなにを感じ、この後の実行に移すだろうか?そこに期待する!


この日の夕食は、バーベキュー!!
お肉、えび、サザエ、豚汁を美味しくいただきました!


3日目の夜は、これからのチームの目標のこと、個人の目標のこと、明日の予定をミーティングで少し話しました。

さあ、明日の練習試合に向けて早く寝よう!!

コーチは、身体がバキバキのなのでストレッチして寝ます

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新U14群馬チャレンジ

前橋フットボールセンター

四日目
坂戸ディプロマッツ
1-0ひびき

9位決定戦
豊田AFC
0-3

大会四日目

最終日となった順位決定戦トーナメント
昨日、負けた試合から目標を変更をして、一桁順位を目指し、まずは、坂戸ディプロマッツ戦

あまり、動きが良くない、、頭が動かず、、ボールが動かない。何か問題があると…

イメージ 1


後半になるとだんだんとエンジンが掛かってきた!!
それでも、ゴールを割れずにいたが…残り時間が少ないところでひびきがコーナーから直接決めて1-0

その1点を守りきり勝利☆

そして、9位決定戦!!

愛知県の豊田AFCとの試合

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


この試合は、明らかなパフォーマンス低下
一瞬で分かるほどのものでした!

勿論、結果は見ての通り…

試合後、決勝を見ながら…一人ひとりにこの三日間で寝始めた時間、食事は、だされたもの一人前食べたのか?を聞きました

睡眠をしっかり取るということは、成長ホルモンが分泌され、身体の修復、疲労回復に重要な役割を果たします。
食事で身体を動かすエネルギーを蓄える、身体を修復するタンパク質を摂る。

特に睡眠の部分で遅く寝る選手が多く、それが疲労を重ね、パフォーマンス低下の原因となりました!

最後にも言いましたが、選手として、活躍するには、必ず必要なこと、身体の成長にも必要なこと、それを意識を持って取り組むかは、みんな次第。

みんながこれからどうしたいのか?どうなりたいのか?

最終順位
94チーム中10位

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

U15合宿2日目

今日で地獄の合宿2日目を迎えました。

今日は朝、昼、午後の三部練習を行いました。

朝練習では体を起こすのも踏まえてラダートレーニングをしました。このトレーニングはアジリティーを向上させる効果があり、これをあげると相手のドリブルへのステップワークが良くなったり、自らドリブルを仕掛ける時に有利に運べます。そのあとは2人1組でリフティングなどレクリエーションをいれました。

昼の部では今回の合宿のテーマでもある2、3列目の動き出しへのケアをフィジカルベースも入れつつ取り組みました。

午後の練習はひたすら試合形式のトレーニングをしました。新システムの向上と最近の公式戦で課題となっている試合終盤の運動量の低下を少しでも改善することが目的です。

かなり疲労が溜まっていると思うのでこれからの行動で明日の疲労感が変わってきます。しっかり自分達で考え行動してください。

イメージ 1
早朝からのラダートレーニング
イメージ 2
眠そうな目を擦りながらの集合
イメージ 3
イメージ 4
昼の練習の帰りのバス
イメージ 6
今年のビンゴ大会最初の当選者、この学年もってます
イメージ 5

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全66ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事