2017・8

8月最初のお客さんは 15週。
たまたま病院見学に来ていたところ腰が痛いのならと医師から
トコトコ相談へ(どういうことなんだろ??)

腰が痛い !が主訴ですが・・・・仙腸関節痛です。
でも、関節の可動は全方向痛みを感じない・・・・緩みタイプかな

右腰の張りに左右差があり 骨盤も足を組む習慣があるというのを
物語るようなずれっぷり。
妊婦さんは座り方大事ですね。簡単にずれるから

上前腸骨棘が前傾しているので ベルトが使えない状態です。
これを押さえると骨盤上部を圧迫するので、下部に力が入らず逆効果ですよ。
注意したいですね。

いつもの流れでやれば骨の位置は変わりますが 支持のアフターフォローができないので
身体の創り方を話して (体操でセルフケアできます。) 座り方の練習して

『あ〜こうすれば楽』

その感覚が覚醒したので 終了に
あとはかかりつけ医で
 骨盤ん〜体をトータルで見てくれる人に出会ってください。
必ず出会えますように。

貴女の身体は貴女が創る 目指すのは弾力のあるまあるいお腹

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

講演概要

正式な依頼状きたので 題名は 妊産婦の安産力UP講座でいこうかな?

1.分かれば使える!!骨盤ケアの概要(つまるところ骨盤ケアって何するの?)
   
    ※ 〇年前私が目指した骨盤ケア

         『コロッと産んですたすた歩く』 ペンギン歩き、アヒル歩きの理由

    ※ 妊娠ホルモン 『リラキシン』の光と影

    ※ 安産力を上げる3つのセルフケアの意味するもの

2.現場でどんなことに悩んでますか? 

    ※ いまどき産婦の傾向と対策

           〇 妊婦の不定愁訴にどう対応してますか?
           〇 切迫早産増えてませんか?
           〇 逆子に対する支援ってどうしてますか?
           〇 なかなか進行しない分娩、あなたならどうする?
           〇 産褥期の真の回復とは?

3.安産力アップのための支援

           〇 呼吸
           〇 正しい姿勢
           〇 続けられる骨盤支持

     目指すのは 弾力のある まあ―るいお腹
     あなたの身体は貴女が創る

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
こんなイメージでどうかな??

この記事に

開く コメント(0)

まあ、こんなことを書いていくのは今更ですが・・・
講演にむけて
自身の頭の中の整理も兼ねているので・・・・

育児サークル用、保育士さんの研修会、参加している助産師会
勤務先研修会 クライアント支援用
何度も資料は作ってますが 最新版で臨みましょう。


依頼は、骨盤ケアの基礎編を知りたい・・・・というご要望でしたが
やっぱり安産力アップ講座が適当なんじゃないかな〜
つまるところ ざっくり言ってしまえば

   いつするか?   
   何故するか
   何をするか
  
ってことだと思う。

でも、この辺りはネットに山ほど情報でてくるので、
(動画も結構アップされてるよね〜。)
結構サラッとでいいのかなとも思う.認知度高いのでは?
どうなんだろう?

タケ産婆呟き
  その割には、近隣の妊婦さんに広まらない。なんで?なんで?
  やっぱり同志が少ないせいではないかと・・・
   だから今回はチャンスなんではないかと思ってます。
  布教活動頑張りま〜す。私のきっかけは、産婦さんが産後に巻いてほしいと言った
  とこちゃんベルトでしたから・・・
  学びを深めたい人は さらに進んでいけばいいのでね。
 
大事なのはインパクト!
抱えている問題を刺激すればいいんじゃないかな?
私がそうであったように。

   何に気をつけるか?
骨盤支持に関して言うならば
ここ一番重要なんだけども・・・どうもうまく伝わらないようで・・・
伝え方に問題があるのかな?もう、一ひねりたらない?
 
   つまり、①  位 置  ② 強 さ  ③ 手 段  ④ 身体の動かし方


支える方法を知っているだけでは解決しない問題が
多く それが何故かというところの紹介の必要性を感じています。

挙げる もそうですね。
20週未満で膣に押されるとか、張ると痛いというような人が出てくる
20週台半ばでで頸管長が30ミリという妊婦の増加しています。
確実にかつ、急激に。

私の見解では支持を希望されていても、骨盤支持がいますぐ出来ない方が
増えてきています。

挙がらないんですよ・・・・ よしんば挙げたとしても
それを維持できない。
あがっているという状態を理解できない

そうすると中には支持していても
お腹が下がってきてもわからず、支持を続けてしまう。

私が解っても相手にそれが心と体で理解できなければ
悪影響になる・・・・理屈ではない・・・ここ難しい。

これが今私の最大の課題ですね。

それが筋肉・神経、呼吸の話。
なぜそうする必要があるのかは知っておくべきだと思うんですが
安全 簡単 便利がいいんですよね?みんな

私もここ整理しなおそう。

ただ、ある程度実践している人でないとピンと来ないのかもしれないなぁ。
 
 そして、どんな成果があったのか?
成果は写真で出るし、体験してもらえばいいわけで。
それをどう印象付けるかが腕の見せ所かな?

ここを纏めていけば良さそう。

基礎編って意外と難しいかも…
まづは意外と簡単で楽になる、楽にしてあげられる!!やってみよう!!!
という気にさせることが大事なのかな?

ではでは、まづは資料集めから。ネットの神様降りてこ〜い。
(分かりやすいがモットーなので、いろんな表現お借りします!)





この記事に

開く コメント(0)

 更新しなさすぎでしたね。でも、調子を上げる必要がでたので
 ブログの力を借りようかなと思って戻ってきました。


   看護協会のコラムのせいか、10月に講師の依頼が入りましたよ。
   姐さん、事件です〜!!

    『明日から役立つ!安産力アップ講座』とか、

    『何故する?骨盤支持とメンテナンス体操』とか、

  ひとり題名を考えては 唸っています。

  題名だけ・・・そう、ここからテンションをあげていかないと。
  あと、新しい画像もクライアントさんにお願いして 手に入れよう!

   久々に 熱を入れたいことができました。

  

この記事に

開く コメント(0)

今日は吐く息が白かった

風邪の季節 自分はもちろん
大切な人に感染させぬように手洗い&うがいに励みましょう。

昨日のトコトコは、ベルトがずれるから困る😰問題にFOCUSです。

詳しくはPCの時に
📱はやりにくい

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事