板Pのつぶやき

家庭、仕事、アメフト・・・生活で感じることです

全体表示

[ リスト ]

たたりめによわりは

やっとながーい合宿が終わった。
立っているだけの私でもしんどいのだから、選手はさぞかし、暑かろう、しんどかろう。
 
T山合宿では、予定の練習量をほぼ確保できて、選手がへろってきたので、アルプス登山を敢行した。
1300m級の山がメインで、OLはトンガリ山という、パワースポットの山を選んだ。UFOも見えるらしい。
 
登山をしたことがない選手がほとんどだったが、登りきったらおおむね好評だった。K都大時代に、D文字山(私の同期のN島弁護士がD文字山法律事務所を開設しました。祝!)やH叡山をトレーニングに使っていたので、私には違和感がなかった。
 
下りのスキルは、20年も経過した今も、フットボール程の低下は見られなかった。しかし、レーシック手術後7日目ということもあり、じっとしていたら前は良く見えるが、下りで走ると、足もとにピントがまったく合わない。
 
失明してしまったのか・・・いよいよ。と立ち止まり、片手で片目を隠して、遠くの杉林を見やる。見える。揺れるとピントが合わないだけらしい。
 
旅館に帰って、ふらふらになりながら食事をしていると、歯の詰め物が取れた。翌日の練習でもまた少し取れた。ぼろぼろ詰め物が取れるらしい。
 
そう思って、T山合宿後、歯医者に行くと、歯が欠けていた。くだりの30分、歯をくいしばりすぎたようだ。下の親知らずで、虫歯になっていたので、抜くことになった。
 
子供を生むときに泣かなかった嫁が、下の親知らずを抜くときに、泣いていたのを思い出す。しかし、レーシックの手術を乗り切った私。きっとできる。
 
と、自分に言い聞かせて、若い男の先生に、すべてをゆだねた。
 
麻酔の針を刺した瞬間にわかった。「この人、上手。」
 
予想通り、私が泣くこともなく、親知らずはひっこ抜かれ、歯茎に大きな穴を開けることに成功した。
 
翌日からのT槻合宿、延べ11日間。揚げ物の衣やご飯粒が歯茎の穴につきささり、体重が4キロへった。しかし、体脂肪は微増を続けた。
 
選手も暑さで、ふらふらである。熱中症対策は十分に行ったので、のべ15人ほどの微症状がでただけだったが、それは幸いであった。
 
私の体重は、T槻合宿終了から1週間ほどが経過した今、既にもどっている。体脂肪も元通り。
 
昨日は久しぶりに、しっかりと下半身の筋トレをしたら、今日筋肉痛がきた。うれしい。
QBの練習台でコーナールートを走ったら、それなりに走れたが、暗がりでは、ボールにピントが合わない。まだまだ、めん玉の動きやピント調節機能の向上には時間がかかるようだ。しかし、じっとしてたら、びっくりするくらいよく見えるようになった。
 
レーシックは、手術の恐さと辛さに耐えられるなら、今のところ、おすすめである。
 
チームの気持ちは初戦に向けて、全然あがってこない。トンガリ山で洗礼を受けたOLもカリカリTBも、迫力が全然でてこない。
 
そろそろ、シーズンモードに入っていかなければ、チーム力も上がっていかない。 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事