ここから本文です
そよ風のように生きて~
稲荷大明神、八百万の神、不動明王、豊川稲荷、牛頭天王、千手観音、三面大黒天、龍神、ご先祖様ありがとうございます。感謝します。

書庫考えていきたい事

記事検索
検索

眺望抜群のお店でイタリアンブッフェをいただきました。


イメージ 1




イメージ 2


 伏見稲荷大社を参拝した後は、清水五条駅5分ホテルサンルートの10階にあるイタリアンのお店「トラットリアヴィアーレ 京都本店」でランチをいただきました。



イメージ 3


 鴨川や東山の雄大な景色を眺めながらの至福のランチです。


イメージ 4

      清水寺、知恩院などが眺められます。


イメージ 5

パスタランチです。好きなパスタを選んだら、前菜12種類”に加え、色とりどりの“生野菜10種”が食べ放題。さらにドリンクバーも飲み放題です。

夫は「渡り蟹、紅ズワイガニのトマトクリームソース生キタッラ」

生パスタなのでもちもちして、蟹の旨みが絡んで美味しいです。


イメージ 6


私は今旬の「炙り鱧(はも)とズッキーニの白ワイン仕立て 生タリアテッレ レモン風味」です。

私は鱧(はも)が食べたかったので美味しかったです。レモンの酸味が効いてさっぱりとしておいしいです。


イメージ 7


イタリアンビュッフェの前菜です。卵、肉料理など、どれも味付けがしっかりとしておいしいです。


イメージ 8


サラダも、バーニャカウダ―のソースもおいしかったです。


イメージ 9

パンとデザートです。生のりんご、グレープフルーツ、パインのフルーツが疲れを取ってくれます。


イメージ 10

 ジャガイモの冷製スープや、ドリンク類も種類が多く、たくさん飲むことができるので疲労回復にも最適です。 美味しく命をいただきました。


イメージ 11

 この後、六道珍皇寺、安井金毘羅宮、八坂神社、錦天満宮の神社仏閣を参拝しました。 とても暑かったです。。


RIGOLETTO SMOKE GRILL & BAR


伏見稲荷大社・稲荷山に登拝しました。


イメージ 1


酷暑が続きます。先日の祇園祭に京都を散策したのですが、京都の暑さと比べたら、東京の暑さはまだ我慢ができます。 京都は盆地のためか、日中も夜もとても暑かったです。しかし、この暑さも思い出になり、楽しい京都参拝旅行になりました。


イメージ 2

 朝7時の新幹線で東京駅を出発です。 車中でいただいたお弁当です。私は焼売弁当です。美味しく命をいただきました。


イメージ 3


9時30分頃京都に到着です。リーガロイヤルホテル京都に荷物を預けて、まずは、伏見稲荷大社にお礼参りです。

イメージ 4

     稲荷山に登拝しました。「御山する」と言うそうです。


イメージ 5

     懐かしい風景です。 京都の街並みが見えます。


イメージ 6

一の峰(頂上)に到着です。伏見稲荷大社の御眷属様がそばにいらしてくれたのか、全然疲れないので不思議です。


イメージ 7

 お願い事がたくさんかなったのでお酒をお供えし、お礼参りをしました。

 我が家の神棚は、一社造りなので、伏見稲荷大社のお札だけをお祀りしています。


イメージ 8


 山頂でおみくじを引くと、32番、大大吉でした。有難いお言葉をありがとうございます。 頂上では紙のおみくじはいただけないので、途中の御幸奉拝でいただきました。


イメージ 9

 山の上なので涼しかったです。心地よい風も吹きました。


イメージ 10

 前回頂上でおみくじを引くと5番大吉でしたので、可愛い狐の御守りを受けました。名前は5番で「ゴンちゃん」と名づけました。そのゴンちゃんも一緒に稲荷山に連れて行きました。故郷でパワーの充電ができたと思います。


イメージ 11


 降りる時の方が汗が噴き出てきました。しかし、登る前よりも元気が出ました。 伏見稲荷大社の稲荷大明神様をはじめ、御眷属の方々に感謝します。

 この後、ホテルでランチをいただきました。


伏見稲荷大社 本殿


 
イメージ 1
 
 62日のNHKスペシャルで、「ミッシングワーカー」を見ました。
再放送は、2018年6月7日(木)午前1時00分〜1時49分(6日深夜) 
 
 詳しくはこちら
 
  こちらならすぐ見られます。
 
 親の介護が長引いて、心身共に疲弊し「働けなくなった」40代、50代が103万人。
 求職活動をしないので「失業者」とカウントされず、“消えた労働者”をミッシングワーカーと言います。
 
「非正規・独身・介護」が「3つのリスク」
 
ミッシングワーカーの・・・

「途方に暮れ、何の助けもない」
 
「孤独、生活貧困」
 
「透明人間になったようだ」と感じる疎外感。生きる力も失う。
 
 見ていてとても辛くなりました。
 
 社会全体、行政で助けていけないでしょうか?
 
 子どもの医療費の無料化対象を自治体が競っています。
 医院に勤めているのでわかりますが、子供の医療費の自己負担は無料なので、鼻水が出るくらいで、頻繁に診察に訪れる子供たち。
(鼻水が出ると、「ひどくならないように」「重症化しないうちに」とごく軽い症状で病院を受診する親御さんがおられます。しかし、鼻水は体が本来持っている防御機能によって出るため、多くは治療の必要がありません)
  自己負担はゼロでも、費用は保険料と税金で支払われます。
 
  ・幼児教育・保育、高等教育の無償化、
 ・東京都の私立高校の無償化は本当に必要でしょうか?
 
 それよりも、難病で働けない人たち(医療費助成対象から外される人たち)や心身共に疲労困憊している、生活貧困者を助ける支援策に税金を投じてほしい。
 
 介護する子供の負担が軽くなり、将来のためにも、無職の期間を短く、働ける支援を強化してほしい。

 働く気力、希望を持てるように、周りの人たちが声をかけ、支えていくことも必要です。助け合っていける社会にしていきたい。


 ミッシングワーカーは人事ではないです。


  5年前に紹介しました、痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群

 いまだに何も変わっていないです。

 その時の記事はこちらです。

 
 日常のちょっとした活動や頭を使う簡単な作業で、急激に体が衰弱して症状が悪化し、なかなか回復しない病気で、睡眠障害や頭痛、筋肉痛のほか、思考力や集中力、筋力が低下して、社会生活が困難になります。患者は全国に約10万人と推定
 寝たきりに近い生活で、外出時は横になったまま移動できる車いすを使います。「社会から孤立した患者が多く、痛さやつらさに耐えています」。怠けていると誤解されることもあり、「家族の理解すら得られない人も。診療できる医師は少なく、難病や障害者装具支援法の対象にもなっていません。

イメージ 1

      セキセイインコのチロロです。5歳です。凛々しく写っています。
 
イメージ 2

  チロロにも新居を購入です。GW中に札幌に届きます。
 保温性の高い北海道仕様?です。チロロも高齢になるので保温は大切です。
 
側面が網になっています。天井と前、後ろがアクリルなので保温性があります。餌も飛び散りにくいです。

 
イメージ 3

  購入した人の画像です。前面がクリアなので鳥の様子が良く見えます。
  ペットヒーターも入れられます。
 
イメージ 4

 
イメージ 5

 2月の引っ越しの時は寒い時期なので、もしかしたら、チロロを早めに北海道に引っ越しをさせるかもしれません。
 
イメージ 6

 チロロは幸せだと思うのですが、採卵鶏の一生は苦しみです。
 
 狭いゲージに入れられ、不毛な短い一生を終える採卵鶏。採卵鶏は1年か2年卵を産まされたあと、廃鳥になります。肉にされ、トサカはヒアルロン酸や保湿剤に利用されます。最後はごみのように扱われます。
 
 特定非営利活動法人アニマルライツセンターの会報誌によると、卵を産み続けた採卵鶏たちは、突然足や羽根、頭を掴まれコンテナに叩き込まれ、骨折したり、脱臼、足がもげたりしながら、トラウマに苦しみながら輸送中の長い時間を過ごし、食鳥処理場で長時間放置されます。
 放置された鶏たちは、うじがわき、水の飲むことも出来ず、折り重なったまま身動きが取れません。
 最後は、逆さにつられ、首を鋭利な刃物で切られ、最期を迎えます。
  詳しくはこちらです。
 
 卵を産み続け、人間たちに栄養を与えてくれた鶏たちに、ひとかけらの慈悲も敬意もなく、最期までむごい扱いを受ける。
 
 生まれてきてから、楽しいことがあったのだろうか。狭いバタリーゲージに入れられ、光の温かさも、母親の愛情も、地面を駆け回る楽しさも何もない一生。(卵を食べる時に、採卵鳥に思いを馳せてみてください。)
 
 アニマルライツセンターは、採卵鳥の環境保護、監視、労働水産省への報告もしています。
 生きたまま鶏を焼却炉にいれていた業者を警察に報告し、廃止をしてもらうこともしています。
 
 生きたまま熱湯でゆでて殺す業者もあるそうです。こちらです。
 
  アニマルライツセンターは、鶏をはじめ、動物たちの非人道的な行為を中止するよう農林水産省や関係機関に要望しています。
 
  アニマルライツセンターの活動は寄付やボランティアで成り立っています。皆様のご協力をお願いします。活動報告はこちらです。
 

50年の歴史がある美しいひな人形です。


イメージ 1




イメージ 2



桃の花を購入しました.

桃の花には厄払いや魔除け、長寿をもたらす力も持っているといわれています。


イメージ 3

カーネーションと一緒に生けました。


イメージ 4


桃の花も好きですが、カーネーションも大好きな花です。


イメージ 5


今日は大安でしたので、ひな人形を飾りました。


イメージ 6


祖父母が私のために購入してくれたものです。7段飾りでしたが、東京には、お雛様とお内裏様、3人官女だけを持って来ています。


イメージ 7


もう、50年以上たっているひな人形です。 いつ見ても美しいです。


イメージ 8


今年も、幸せな気持ちで飾ることができました。感謝します。

お雛様の冠が素晴らしいです。


イメージ 9


後ろ姿です。手書きの裳袴の鳳凰が素晴らしいです。お気に入りです。

イメージ 10


遅くなりましたが、やっと飾ることができて、お雛様も喜んでいるようです。

ひな人形は、1年に1度、ひな祭りの時に、出して飾ってあげましょう。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事