ブリージング&リバーシングってどんな体験?

誕生と人生を呼吸が癒やします。 BLB・Healingのブ゛リージング体験記&インフォーメーション

全体表示

[ リスト ]

パートナーブリージングを受けて

パートナーブリージングは全6回で、私たちのペースに合わせて、カウンセリングを中心に進められました。いっしょに問題解決に取り組んでくれる夫と贅沢にも私たちだけをサポートしてくれる前田先生に感謝の気持ちでいっぱいでした。

初回にそれぞれ取り組むべきテーマを決めてブリージングがはじまりました。マタニティブリージングを受講して、自分と夫の子供の時のトラウマが、子育てに悪い影響を与えるのではないかという不安があり、私はそれをテーマにしました。
マタニティブリージングの続きということで、私は初回から感情丸出しだったので、きっと夫はびっくりしていたでしょう。このころには、少しずつですが、安心して感情を表現できるようになっていました。また、パートナーの客観的な意見も入り、パートナーブリージングは問題の本質にいたるのがより早くなる感じがしました。

感情を手放すと不思議なことがおきます。この期間中、今まで自分から連絡をしてきたことのない父から突然電話があったり、妊娠性湿疹かと思っていたかゆみがひいていったり。たまたま時期が重なったともいえますが、必要な時に必要な課題と導きを得ることを短い期間に経験しました。

パートナーとのいっしょの呼吸は、とても楽しい経験でした。夫と私は、行動する際のスピードがまったく違います。そのことでお互いにいらいらすることもありました。ブリージングをしてみると、夫と私の呼吸は予想どおりペースがまったく異なっていたのですが、夫の呼吸にあわせてみるとそんなに不快でないことに驚きました。むしろ心地よいのです。今では平素でも、時には夫のペースにあわせて物事を進めることを楽しめるようになりました。
また、夫といっしょのブリージング中に、ふたり同じイメージを持つことがありました。同じイメージの中で、夫は外の世界(社会)を向いていて、私は内(家庭)を感じていたことも興味深いことでした。
マタニティのワークショップも含めて9回のブリージングを続けて受け、パートナーブリージングの最後には、お腹の赤ちゃんといっしょに呼吸を楽しめるようになりました。妊婦であることがとてもに幸せで、このままずっと妊婦でもいいと思うほどでした。(笑)

ブリージングを受けて

呼吸に聞くということ

ブリージングを受け、自然に自分の感情や気持ちを考えるようになりました。私は、子供の頃に親にほめられたいという思いからはじまり、長年自分の気持ちを考えないできたようです。突然自分の気持ちを感じなさいといわれてもいったい何が本当の気持ちなのかさえもはじめは分かりませんでした。感じようとすると、自分の気持ちがどこにあるのかが分からずにどんどん不安になっていきました。しばらく試行錯誤しているうちに、呼吸を注意して感じれば、自分の望むことがわかるようになりました。呼吸が心地よいとき、そうでないときを感じるのです。呼吸が私の気持ちを教えてくれて、導いてくれます。感情を表現するのはまだまだ下手ですが、子供に教えられながらいっしょに成長していきたいと思います。

出産と子育て

女性性を考え、納得し、そして出産することができました。そして今は、以前に生きてきた世界とは別の世界にいるような気持ちです。はじめての子育てですので、大変だと思うことはたくさんありますが、楽しく日々を過ごしています。きっと以前の私だったら、きっとこんなに軽やかにかんばれなかったのではないかと思います。その結果、自分だけではなく、夫や子供にも良い影響があるのではないかと思います。前田先生のご活動は、安全なお産を導くだけではなく、幸せな子供を増やしていく役割を果たされているのだと思います。前田先生とブリージングとの出会いに心から感謝しています。(M・U 女性 37歳 製造業を経て主婦)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事