ブリージング&リバーシングってどんな体験?

誕生と人生を呼吸が癒やします。 BLB・Healingのブ゛リージング体験記&インフォーメーション

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]

母と受けたパートナーブリージング


■体の硬直と呼吸の「詰まり」を作ったものとは?■


今となって思いおこすことがあります。
学生時代からたびたび喉の奥が急に
つまって呼吸困難をおこすことが
ありました。
ただその原因が理解できず
埃がのどに入ったのではないかと
思い特に気にも留めていませんでした。
それにしてもいきなりその「詰まり」がやってきて
そしてとても苦しいのでこのまま息が絶えて
しまうのではないかという恐怖が伴いました。
アレルギーも喘息も患っていたわけではないので
どうしてこういったことが起こったのかは
、このブリージングセッションを終えて
暫くたった後になるほどそういうことだったのかと
気づいたわけです。

さて、以前は「呼吸」についてなど
深く考えたことはありませんでした。
しかしあることがきっかけで
このセッションを友人に勧められました。
それは仕事のトラブルで半年も給料未払いが続き
どうしてこんな事態を招いてしまったのかを
自分でも理解できず友人に相談したことが
きっかけでした。

■感情のエネルギーが作り上げた人生のパターン■


実は母親との関わりで幼い頃から
緊張を伴う生活をしていました。
父が低能であるとか父の血を半分継いで
いるからおまえも人一倍努力しなくては
平均になれないとか、
母にとってはなにげない言葉が私には鬼気迫る脅迫でありました。
外にいても家にいても常に緊張を伴う環境に
生きていたのだと思います。
私は「劣等」を乗り越える努力をし続けました。

学生生活がはじまってから
父に金銭的なトラブル発生したことで
母の罵声が増しました。
家の混乱が続き、いっこうに片付かないトラブルに
自分が介入することとなりました。
母に有利なかたちで財産処理や書類作成を行い、
離婚をさせ、最後に父に家を出ていくように私が頭を下げました。
そしてある日父が家をでていきました。
その時は母を助けたい一心だったのです。
そしてここまですればさすがに母は自分のことを認めて
くれるだろうと期待していました。

すると予想しえないことがおこりました。
母は今度私にむけて怒鳴る、罵倒するという行動を起こしました。
その後私は鬱病になり就職できず
しかし日々家にもいられず町にでて彷徨するようになりました。
その後、縁があって就職しなんとか家を離れますが
3年たって少しずつ母との関係が回復したかに思えました。
母は会社を継いで経営しており裕福な暮らしをしていますので
「給料を払う」「実現させてあげられなかった留学の資金も準備できた」
「家にもどってほしい」ということを告げられ
結果実家にもどることになりました。
しかし戻ると、約束していた給料は半分、つまり
私が独り立ちできる金額ではなく、また癇癪も
始まりました。

母と一緒に24時間過ごすのは絶えられず
知り合いの紹介で働きはじめたNPOで
その給料未払いの事件を経験することになります。

まずどうして自分の労働の正当な価値として
給料を請求することができないのか
ということを疑いました。
自分と母との関係に起因する問題なのでは
ないかと思ったからです。

私は自分の思いを告げようとすると否定される
習慣がありました。それゆえに自分の意見を述べる
と怒鳴られる、通常の生活もままならなくなる
という恐怖から当然の権利も要求できなくなって
いたようです。

怒鳴られず、役割が与えられ、仲間があたたかく
受け入れくれる、そして能力を認めてくれる
という環境だけでも自分にとっては
天国で、がむしゃらに働いたものの
いっこうに支払われない給料を、
心のどこかではおかしい、おかしい
と思い、しかし意向を述べると罰があるのではないかと
萎縮していました。

前田さんから教わったことは感情はエネルギーである、という
ことです。私は多くの感情を押し殺し
手放すことができていませんでした。
そして震えるほどの怒りをためて
体は硬直し呼吸の浅い生活を長い間続けて
いたことをカウンセリングで
知ることとなります。

■呼吸による感情の手放しと自縛からの開放■


セッションの中で横になり
呼吸を深く行うと
いままで硬直していたからだの隅々まで
酸素が運ばれ手足がびりびりするのを感じました。
こんなにも酸素が届いていなかったのだなと
自分の体なのにその存在をないがしろにして
いたことを知りました。
すこしずつ呼吸が深くなり
セッションを重ねてゆくと
体の緊張がほどけてゆくのを感じるようになりました。
私は言いたかったことを回をかさねる度に
母の前で伝えることができるようになりました。

辛かったこと、苦しかったこと
色々です。
体が硬直していると言葉さえだすことが
できなかったのです。
こうして緊張をほどき、
自分を押さえ込んでいたエネルギーを
開放してゆき、手放してゆくことで
色々なことが起こるようになりました。

自分が多くの思いのダムをせき止めていたのだということが
わかるようになります。
あらゆる思いを手放し流してゆくと
さまざな事柄や人が流れて自分を通過してゆくと
表現したらよいでしょうか。
滞っていた人間関係やなにかが流れてゆくのです。

セッションの中盤をすぎると
背中が床にはりついて沈んでゆくような
一体感がかんじられるようになります。
すると自分は世界を構成している一部なのだという
非常にはっきりした感情がわいてくることを実感しました。

その安心感、安定感は、たとえようのないものです。
何か絶対的なものの一部なのだという
安寧ははじめての感覚でした。


母とともに参加したセッションでしたが
最初、母が変わってくれることを期待していました。
気づいてくれることを期待していたのです。
しかし回を重ねる毎にその思いは
間違っていることを知りました。

あくまでも母にむけて感情を手放すこと
そしてすっかり支配されてしまっていた
自分の心を自ら解き放つことが
このセッションの目的であることに
気がつきました。

「母の呪い」は母が解くののではなく
「自分で解くことができる」ことに気がつきました。

これは何よりも大きな収穫でした。
ここにゆきつくことは本当に大変です。
自分ひとりでは無理だったでしょう。
その後色々な書物で知ったことですが
母は「境界性人格障害」であることが
わかりました。もっとも治療が難しく
本人の自覚がないかぎり治癒にたどりつけない
ものだといわれています。
そして多くの方がこういった親の影響を
うけて苦しみの人生を歩むと聞きます。


前田さんの卓越した洞察と私と母との
間に絶妙な距離感をもって滑り込む
研ぎ澄まされた言葉。そしてただならぬ集中力の
おかげで期待した以上の結果をえることができました。

■自分の人生に焦点を合わせる自らの呼吸■


セッションから1年半がたちましたが
私はすこしずつ自らの力で呼吸をすることができるように
なりました。
家をでて新しい生活をはじめています。
私は母との長い年月の葛藤をとおして
母と闘うために武器としての言葉を磨いてきました。
今はその武器を多くの人を助けるための道具として
持ち替え研修講師、カウンセリングの仕事をしています。


このセッションはすぐに目に見える
結果がやってくるわけではありません。
真剣にとりくめば取り組むほどに
じわじわと時間をかけて大きな変化が
やってきます。


深い呼吸ができるようになると
身体感覚が敏感になってゆくことが
わかります。
そしてその感覚で生きている方と繋がって
ゆくことができるように思います。

なによりも感謝していることは
私の人生が「恨み」「復讐」という
怒りにつつまれたものから開放されたことです。
自分の人生に焦点をあわせることが
できるようになったことは奇跡的な
ことだと思っています。

呼吸は生きるうえで原点だということ、
日々実感しながら生活をしています。

(H,I 31才女性 研修講師、カウンセラー)

パートナーブリージングを受けて

パートナーブリージングは全6回で、私たちのペースに合わせて、カウンセリングを中心に進められました。いっしょに問題解決に取り組んでくれる夫と贅沢にも私たちだけをサポートしてくれる前田先生に感謝の気持ちでいっぱいでした。

初回にそれぞれ取り組むべきテーマを決めてブリージングがはじまりました。マタニティブリージングを受講して、自分と夫の子供の時のトラウマが、子育てに悪い影響を与えるのではないかという不安があり、私はそれをテーマにしました。
マタニティブリージングの続きということで、私は初回から感情丸出しだったので、きっと夫はびっくりしていたでしょう。このころには、少しずつですが、安心して感情を表現できるようになっていました。また、パートナーの客観的な意見も入り、パートナーブリージングは問題の本質にいたるのがより早くなる感じがしました。

感情を手放すと不思議なことがおきます。この期間中、今まで自分から連絡をしてきたことのない父から突然電話があったり、妊娠性湿疹かと思っていたかゆみがひいていったり。たまたま時期が重なったともいえますが、必要な時に必要な課題と導きを得ることを短い期間に経験しました。

パートナーとのいっしょの呼吸は、とても楽しい経験でした。夫と私は、行動する際のスピードがまったく違います。そのことでお互いにいらいらすることもありました。ブリージングをしてみると、夫と私の呼吸は予想どおりペースがまったく異なっていたのですが、夫の呼吸にあわせてみるとそんなに不快でないことに驚きました。むしろ心地よいのです。今では平素でも、時には夫のペースにあわせて物事を進めることを楽しめるようになりました。
また、夫といっしょのブリージング中に、ふたり同じイメージを持つことがありました。同じイメージの中で、夫は外の世界(社会)を向いていて、私は内(家庭)を感じていたことも興味深いことでした。
マタニティのワークショップも含めて9回のブリージングを続けて受け、パートナーブリージングの最後には、お腹の赤ちゃんといっしょに呼吸を楽しめるようになりました。妊婦であることがとてもに幸せで、このままずっと妊婦でもいいと思うほどでした。(笑)

ブリージングを受けて

呼吸に聞くということ

ブリージングを受け、自然に自分の感情や気持ちを考えるようになりました。私は、子供の頃に親にほめられたいという思いからはじまり、長年自分の気持ちを考えないできたようです。突然自分の気持ちを感じなさいといわれてもいったい何が本当の気持ちなのかさえもはじめは分かりませんでした。感じようとすると、自分の気持ちがどこにあるのかが分からずにどんどん不安になっていきました。しばらく試行錯誤しているうちに、呼吸を注意して感じれば、自分の望むことがわかるようになりました。呼吸が心地よいとき、そうでないときを感じるのです。呼吸が私の気持ちを教えてくれて、導いてくれます。感情を表現するのはまだまだ下手ですが、子供に教えられながらいっしょに成長していきたいと思います。

出産と子育て

女性性を考え、納得し、そして出産することができました。そして今は、以前に生きてきた世界とは別の世界にいるような気持ちです。はじめての子育てですので、大変だと思うことはたくさんありますが、楽しく日々を過ごしています。きっと以前の私だったら、きっとこんなに軽やかにかんばれなかったのではないかと思います。その結果、自分だけではなく、夫や子供にも良い影響があるのではないかと思います。前田先生のご活動は、安全なお産を導くだけではなく、幸せな子供を増やしていく役割を果たされているのだと思います。前田先生とブリージングとの出会いに心から感謝しています。(M・U 女性 37歳 製造業を経て主婦)
昨年の初夏に女の子を出産しました。それをきっかけに10年前から患っていた甲状腺の病気が治り、現在は楽しく子育てをしています。
私の場合は、ブリージングと出産を経て病気が治ったと確信しています。病気が治癒するのにはいろいろな要因や方法があり、個人が抱える問題によっても違ってきます。以下は私の個人的な経験ですが、参考になればと思い、経過と感じたことを書かせていただきます。(M・U 女性 37歳 製造業を経て主婦)

ブリージングを受ける前

病気が治ったと書きましたが、「心の変化があった」というほうが正しいかもしれません。
以前から、甲状腺が悪いから体が思うようにならないのではなく、心に問題があるから病気になっていると感じていました。ですので、心を強くしようと思い、その手の本をいろいろと読み、勉強会などにも参加していました。その中に参考になることもたくさんあったのですが、問題の本質を解決するには至りませんでした。今考えると、自分の本当の気持ちを感じずに、こうした方がよい、こうすべきという「すべき論」で心の傷をカバーしていただけだったのだと思います。なんとかだましだまし仕事を続けていましたが、これから何十年と生きていくのかと考えると気が重くなっていました。

妊娠4ヵ月に、知人の紹介で助産院(バースハーモニー)主催の両親教室に参加しました。安全なお産をするための知識や心構えなどを教えていただき、大変参考になったので、参加できる教室はすべて受講しておこうと気軽にマタニティブリージングにも申し込みをしました。ブリージング前は、自分自身にこんなにも大きな変化が起こるとは思いもよりませんでした。

マタニティブリージングワークショップを受ける

初回の「感じてはいけない感情はありません」との先生の説明をはじめは理解できませんでした。不平不満言う人にはなってはいけないと長い間思い続けてきましたし、そのような人を軽蔑してきました。先生がおっしゃっていることが腹に落ちるようになったのはたいぶ後になってからです。

1回目のブリージングの際に、前田先生に甲状腺の病気のことを伝えると、「女性性」について考えてみてはと言われました。その日の夜に父と兄の夢をみました。具体的な内容は覚えていないのですが泣いて明け方に目が覚めました。まどろみながら、自分はまっさらな小さい赤ちゃんで、のどの辺りがいつもよりずーっと楽で緊張が解けている感覚を覚えました。息がとってもスムーズで、まるで首の直径が3倍くらいになったかのようでした。幸せだなーと思いながら、すーっとまた眠りにつき、朝になって起きたときには、首の感じはいつもと同じ状態に戻っていました。そのときはじめて、自分の首や肩が常に緊張していることを知りました。
2回目は、先生に子供の頃の体験について聞かれ、それをきっかけにワークショップ中涙が止まらなくなりました。今考えると、以前の自分は、男尊女卑の父親の影響で、女を卑しいものと考え、そしてその卑しい女である自分を嫌っていたのだと思います。男性社会色の濃い業界で、男と同じように働くことが私の成功でした。しかし、体力的にも精神的にも踏ん張りもきかず、気持ちばかりあせって結果のでない自分をせめていました。今は落ちついて分析できますが、このときは私は大混乱期で、家に帰ってもほとんどの時間は泣きながら布団の中で過ごしていました。夫がそっとしておいてくれるのがとてもありがたかったです。
3回目は、ワークショップに行くのが非常におっくうでした。このまま逃げてしまいたいという気持ちを抑えて玄関を出たのを覚えています。一方で、こんなにも気持ちがざわざわするのなら、私の心の問題が解決するかもしれないという希望も感じていました。何より、お腹の赤ちゃんのことを考えると治せるものなら病気を治したいと強く思っていました。3回目が終了すると、今まで耐えてきた自分の体に感謝の気持ちがわいてきて、最後のブリージング中は涙が止まりませんでした。夫とも相談して、続けてパートナーブリージングをしていただきたいと先生にお願いしました。

ごあいさつ

ブリージングセラピーは、自分の呼吸を道具として使う自己ヒーリングです。
滞った感情を手放し、人生を変容させ、人生を豊かにクリエイティブに生きるためのセラピーです。
呼吸は、吸う息と吐く息の繰り返しの中で循環している生命活動です。
命をつなぐために酸素を取り入れ、二酸化酸素を手放す生理現象です。
吸う息は、交感神経を刺激し、吐く息は、副交感神経を刺激します。
こうして緊張や力、弛緩やリラックスを交互に繰り返しながら、呼吸は、死ぬまで続いていきます。
呼吸は、身体的生理的な働きと同時に興奮と鎮静のエネルギー交換でもあるのです。
つまり、呼吸と共に『感情』もめぐっているわけです。
あなたの呼吸する力が、滞った感情を流れ出させ、新しい感情との出会いをかなえてくれます。
その循環の継続と意識的な呼吸があなたの人生をポジティブなものへと変容させていきます。

このブログではブリージングを体験してくれた人達の体験記をシェアしていきます。

BLB・Healig 前田正秀
http://www.eeiki.com

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事