悠々美術館通信

野球王国和歌山を復活させましょう。ツイッター「風の譜」フォーローよろしく

全体表示

[ リスト ]

「Base of the Pyramid」

Base of the Pyramid
 
Base of the Pyramid」は直訳すると「ミラミッドの底辺」であり、発展途上国における貧困層を指す言葉だ。
国連IBRD(国際復興開発銀行)は、2007年、世界の所得別人口構成で、年間所得3000ドル(36万円)以下の世帯を「Base of the Pyramid」と位置づけた。

Base of the Pyramid」(BOP)層の人口は約40億人で、世界人口の72%、購買力換算での市場規模は5兆ドルで日本一国の規模に等しい。2007年度)

最近、欧米企業の一部のビジネスエリートの間では「BOP」が新たなキーワードとなっていて、「世界史上、類を見ない大きなチャンスに恵まれた新興市場」と見なしている。
BOP人口4050億人は、一日2ドル以下(240円)で生活している。
世界の大半の人々は、このような、日本人とは比較にならないほど貧しい生活水準の中で生きている。
貧困問題は、NGOの支援活動やODA(政府開発援助)など国際協力という枠組みでとらえられることがほとんどだ。
しかし、先進工業国の資金援助という取り組みだけでは、貧困問題を根本から解決することは不可能だ。無償援助や寄付によってもたらされる資金は、開発途上国を依存させ、自律的な経済発展の芽を摘んでしまう恐れすらある。
 貧困問題を真に解決するためには、40億人を超える貧困層の人々を「寄付の対象」から「顧客」に変えることが必要だ。
貧困層の人々の需要を喚起し、マーケットを成立させ、ビジネスを展開させていけば、雇用の増加、所得水準と購買力の向上、新たな需要の拡大と経済のサイクルが好転する展望が開ける。すでに、食品、日用品の分野で発展途上国のBOP市場に参入している企業が目立ってきている。
しかし、ポイントとなってくるのはBOP層が購入可能な価格をつけることができるかどうかだ。
ローコスト・ロープライスの実現が巨大なBOP市場で存在価値を高める必須条件となる。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事