悠々美術館通信

野球王国和歌山を復活させましょう。ツイッター「風の譜」フォーローよろしく

全体表示

[ リスト ]


イメージ 1
総合的なトップ評価は大阪桐蔭高・藤原、根尾
 
総合的な「トップ評価」は大阪桐蔭高・藤原恭大外野手と根尾昂遊撃手だ。ともに3度目の甲子園で藤原は攻守走の3拍子、根尾は左打席からの鋭いスイングを披露。ある在阪チームのスカウトは、藤原について「高校生の外野手を1位でいくのはどうか……というところであるが、チームの補強ポイントに合致すれば、ないことではない」と、最上位で指名するランクの選手であることを認めた。
  根尾を含め、強打の遊撃手が目立った。特に評価急上昇なのが明秀日立高・増田陸。リストの強い打撃で、守備でも球際の強さでインパクトを残した。このほか日大三高・日置航、延岡学園高・小幡竜平がセンスの良さを見せた。
 投手では明徳義塾高の右腕・市川悠太の印象が強かったようだ。サイド気味の腕の位置からキレのあるボールを投げ、特にスライダーはベテランスカウトが「ブレーキがかかって浮き上がる。初めての対戦だと面食らうだろう」と絶賛。昨秋の公式戦全10試合を一人で投げたように、主戦としての責任感とスタミナも十分で、先発だけでなく、鉄腕リリーバーとしての適性があるかもしれない。
  また、大阪桐蔭高の右腕・柿木蓮は昨年の明治神宮大会では本来の力が出し切れなかったが、一冬を越えて成長。「力任せだったが、フォームが良くなり、ボール自体もキレ、質とともに上がっている」と、復調にホッと一安心した様子だった。柿木の同僚の左腕・横川凱も好素材。また、粗削りながらも、松山聖陵高の191センチ右腕・土居豪人の「将来性」を買う球団も多かった。
  左腕では彦根東高・増居翔太に対し、超ベテランスカウトが「サウスポーでNo.1」と言い切った。本人は「京大志望」を明かしており、受験勉強へ真剣に向き合う可能性もあり、ドラフト対象選手から外れるかもしれない。
  投打の二刀流では中央学院高・大谷拓海、明秀日立高・細川拓哉がともに前評判どおりのパフォーマンスを見せたが、2人ともパワフルなスイングを見せ、打者としての可能性を見いだしている球団もあった。このほか内野手で智弁和歌山高・林晃汰三塁手、近江高・北村恵吾三塁手がクローズアップ。外野手では東海大相模高・森下翔太が攻守に高いポテンシャルを見せており、プロの視線をクギづけにしていた。
  もちろん、このセンバツで「最終評価」が下すのは時期尚早。あるスカウトは「視察した1試合だけで評価が上がったり、下がったりすることはない。今大会はどんな選手であるかの確認。ピークの夏に向けて、どんどん変わっていきますから、今後も引き続き、視察を続けていきます」
  今年の全体的な傾向としては大学生、社会人で好投手が多く、高校生は可能性の高い野手という流れとなっているという。4月に入れば、アマチュア野球シーズンはさらに本格化。2018年のスカウティングは始まったばかりだ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事