悠々美術館通信

野球王国和歌山を復活させましょう。ツイッター「風の譜」フォーローよろしく

全体表示

[ リスト ]

早稲田実業5−7日大三

イメージ 1
春季東京大会準決勝
 
  日大三・井上広輝投手(2年)が、好リリーフで早実に雪辱した。出番が訪れたのは、1点差に迫られた4回無死一塁。安打と犠打でピンチを迎えたが、プロ注目の野村大樹捕手を外角直球で見逃し三振、川原峻内野手を左飛に打ち取りピンチを脱した。567回は毎回奪三振で無失点。8回1死満塁で1球目を投げた直後に右肘の張りで降板したが、流れを引き寄せる快投だった。
 
 井上 小倉監督に『流れを止めるピッチングをしろ』と言われていたので、それができたのはうれしかったです。
 
  昨夏のU18高校日本代表だった兄大成(青学大1年)の思いも胸に、マウンドに立った。兄は2年秋、3年春の都大会決勝で清宮(日本ハム)擁する早実に敗戦した。
  井上 負けていたので、(早実は)天敵だった。(チーム内でも)早実に勝とうと話をしていましたし、兄の分も勝てて良かったです。早実に勝てたのは素直にうれしいです。
 
  今春のセンバツ1回戦の由利工戦に救援し、6回を無失点。自己最速の147キロをマークし、注目を浴びた。視察したスカウトからは早くも、来年のドラフト上位候補の可能性を明言された。この日は右肘の張りで降板したが、井上は「投げきれなかったのは僕の弱さ。監督やチームに申し訳ないです」と話した。
 
  心配される状態については「(降板する)前の打者に1球投げた時に痛いなと思った。無理するところじゃないと言われましたし、深刻な感じではないと思います」と話した。29日の決勝は登板を回避する可能性が高そうだが、「(野村の見逃し三振は)すごいバッターなので、自信になります。しっかり体力をつけていきたいです」とさらなる成長を誓った。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事