悠々美術館通信

野球王国和歌山を復活させましょう。ツイッター「風の譜」フォーローよろしく

全体表示

[ リスト ]

智辯和歌山65市立和歌山
春季和歌山大会決勝
 
智辯和歌山
⑧細川1(東山ボーイズ)
⑦神先3(紀州ボーイズ)
⑤林3(紀州ボーイズ)
⑨文元3(神戸中央シニア)
③冨田3(大阪南海ボーイズ)
④黒川2(泉州阪堺ボーイズ)
①根来2(紀州ボーイズ)
②東妻2(紀州ボーイズ)
⑥西川2(紀州由良シニア)
 
市立和歌山
7吉田3(和歌山ビクトリーズ)
5柑本3(和歌山ボーイズ)

4緒方2(和歌山ボーイズ

9安永3(和歌山シニア)
3中村3(紀州ボーイズ)
8石原3(泉佐野シニア)
2米田2
1金田3(岩出ボーイズ)
6池田2(紀州ボーイズ) 
 
智辯和歌山は先発根来が市立和歌山打線につかまり、1回にあっさりと降板。リリーフしたエース平田が結局9回を投げ切り、智辯和歌山を優勝に導いた。
しかし、敗れはしたものの、市立和歌山は1年生投手岩本、橋本、奴田が試合をつくり、これは市立和歌山の黄金時代到来を予感させ、今後、智辯和歌山の脅威となるに違いない。
主軸を任されている林、文元、冨田、黒川がセンバツの好成績に気を緩めず、精進してくれることに期待しています。
両チームスタメンに紀州ボーイズ出身者が6人もいて驚きです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事