悠々美術館通信

野球王国和歌山を復活させましょう。ツイッター「風の譜」フォーローよろしく

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
春季近畿地区大会決勝は、大阪桐蔭が31で智弁和歌山を破って2年連続5度目の優勝を果たした。両校は昨春の近畿大会から今春の選抜大会決勝、そして近畿大会決勝まで、対戦する可能性がある5大会すべての公式戦で対戦し、大阪桐蔭の5戦全勝となった。
 
 打線は両者11安打ずつ。ただ、大阪桐蔭の打線には流れがあった。
  1点を追う四回、3番の中川卓也が中堅手の頭を越す二塁打で出塁すると、4番藤原恭大が左中間に適時二塁打。さらに5番根尾昂が右前に適時打で続き、勝ち越した。八回にも、この3人の3連打で1点を追加。西谷浩一監督も「クリーンアップが打つと流れが来ますね」とほほえんだ。
  打線で引っ張った根尾は、この日先発としても試合をきっちり締めた。一回に先取点を取られたが、走者を背負っても落ち着いてコースをついた。四回以降は、八回を除いて3アウト目を三振で奪う内容。智弁和歌山の高嶋仁監督に「追い込んでからのボールの使い方がうまいね」と言わしめた。
  因縁の対決に敗れた高嶋監督は試合後、「いい試合やったけど、負けは負けや」ときっぱり。「今日はね、優勝旗が違うので。今度は頑張ります。なんとか全力で甲子園に出なあかん。夏に(大阪桐蔭と)当たったらすごいと思う。それが決勝だったらね」。百戦錬磨の勝負師が狙いを定めるのは、ただ一つ。深紅の大優勝旗だけだ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事