悠々美術館通信

野球に青春を賭けている高校球児・中学球児をリスペクトしています。野球王国和歌山を復活させましょう!

全体表示

[ リスト ]

2018ドラフト1位予想

2018ドラフト1位予想
1025
吉田輝星(金足農・投手)最速152キロの直球を武器に甲子園準VU18アジア選手権にも出場。制球力も良く三振も奪える。9回でも150キロ台を投げるスタミナも武器。フィールディングも良く総合力が高い。文句なしの将来のエース候補だ。
 
根尾昂(大阪桐蔭・内野手)投げては140キロ台後半を計測。打撃のセンスも抜群で、俊足強肩と三拍子兼ね備えている。高校生離れしたクレバーなプレーも評価されており、将来は球界を代表する野手に育つ可能性が高い。すでに中日が1位指名を公表している。
 
藤原恭大(大阪桐蔭・外野手)高校通算32本塁打。走っては50メートル5秒台。投げても140キロ超の強肩。抜群の身体能力を兼ね備える高校球界NO1外野手だ。吉田、根尾と並び競合する可能性が高い今秋の目玉候補だ。
 
小園海斗(報徳学園・内野手)3拍子揃った遊撃手。名門・報徳学園で1年からレギュラー。守備範囲の広さはすでにプロレベルの声も。中学時代は藤原とチームメートだった。
 
甲斐野央(東洋大・投手)185センチの長身から最速159キロを投げ下ろす剛腕。大学ではクローザーを務め、短いイニングなら、プロでもストッパーを任せられると高く評価されている。
 
上茶谷大河(東洋大・投手)4年春にエースとして才能が開花。スリークオーターからの150キロ超の直球を武器に6勝をあげ、MVP、最優秀投手、ベストナインなどを総なめにした。チームメートの甲斐野と並び即戦力候補だ。
 
梅津晃大(東洋大・投手)東洋大のドラ1候補トリオの一角。187センチ、92キロの恵まれた体格から投げ込む直球の最速は153キロ。リーグ戦は未勝利ながら、そのポテンシャルの高さを各球団のスカウトが認めている。将来性は1番の声も。
 
松本航(日体大・投手)176センチと大きくはないが、どっしりした体から投げ込むストレートの最速は155キロ。5種類の変化球を操り、制球力も高い。安定感十分で1年目からローテを任せられる。
 
辰己涼介(立命大・外野手)178センチ、68キロと細身ながら、センス抜群の大学NO1外野手。シュアな打撃は好不調の波がなく、走塁守備は即戦力。外野が手薄な球団はまず欲しい選手だ。
 
高橋優貴(八戸学院大・投手)奪三振率10を超える東北のドクターK。左腕から繰り出す直球は150キロ超。スライダー、フォークで、リーグ史上最多となる300Kを達成した。左腕不足のチームにとってはリストの上位に入る存在だ。
 
野村佑希(花咲徳栄・投手内野手)将来の大砲候補。投げても140キロ半ばをマークするが、魅力はやはり強打。甲子園で4本塁打の長打力は高く評価されている。現状の戦力に余裕のある球団が、時間をかけて大きく育てたい。
 
斎藤友貴哉(ホンダ・投手)社会人NO1の呼び声高い153キロ右腕。桐蔭横浜大時代も注目を集めたが、社会人で更なる才能が開花。都市対抗に2年連続出場。先発も救援もこなせる。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事