悠々美術館通信

野球に青春を賭けている高校球児・中学球児をリスペクトしています。野球王国和歌山を復活させましょう!

全体表示

[ リスト ]

智辯和歌山vs明石商業 観戦後記
 
打撃について
改めて旧チームの偉大さを実感した。センバツで見せた驚異の大量得点は、とりわけ3番・林(広島)、4番・文元(慶応大)、5番・冨田(明治大)、6番・黒川(2年)と4人の強打者が続くため、相手投手は息を抜くことができず、大量失点してしまうケースが目立った。
 
秋季大会では、クリーンナップのスケールが少々小型化してしまったことと、2番・西川、3番・黒川、4番・東妻の当たりが止まっていた。
1番・細川、2番・西川はコンパクトで鋭いスイングができていると感じた。
5番・根来は小柄ながらシャープなスイングができる。中学時代、投手としても腕の振りが鋭く注目していた。投手としても、取り組んでほしいと願っています。
6番・佐藤は、もうすこし瞬発力がほしいと感じるが、クレバーで状況に応じた攻撃ができる貴重な選手だ。
8番に入る投手も、池田陽、池田泰の打撃は非常に優れていて、さらに磨きをかけてほしい。
9番・綾原は、小柄ながらスイングが鋭く、恐怖の9番といえる。
7番だけが、十分に機能していないと感じられたので、精進してレベルアップしていただきたいです。
控えにも逸材がそろっているので、秋から冬にかけての練習で素質を開花させてほしいです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事