悠々美術館通信

野球に青春を賭けている高校球児・中学球児をリスペクトしています。野球王国和歌山を復活させましょう!

全体表示

[ リスト ]

菰野 阪神・西ら好投手輩出の管理野球
好投手輩出には秘密があった。プロ注目の150キロ右腕、岡林勇希投手(2年)を擁し、3年連続で投手をプロ野球に送り込む可能性が高い。1987年から指揮を執る戸田直光監督(56)のもと、徹底した球数の管理などケガ撲滅を追求している。
戸田監督は「ブルペンでも試合でも連投はさせません」と言い切った。徹底したポリシーがある。
「野球が好きな子がうちに入ってくる。長く野球人生を歩める土台を作ってあげたい。高校までしかできないのはかわいそうじゃないですか」
入学してくる選手のレベルは幅広いが、軟式、硬式の出身を問わず初めの1週間は1日置きのスローイング。2週目は2日投げて1日休むというように慎重に増やす。投球練習は必ず疲れていない状態で行う。野手を含めて現在の故障者はほぼゼロ。「試合に投げることが一番勉強になるから」と全員が実戦経験を積んでいく。
投手が練習試合で投げるのは土日のどちらか。土曜日に100球投げれば、日曜日は野手としても欠場させることは普通。もちろん、甲子園のかかる大会でエースを連日登板させるケースはあった。それでも入学以来、肩肘の故障経験がないので無理が利く。上級生なら2連投できる筋力も十分ついている。
2番手投手の奥田域太(2年)は1年時122キロだった速球が、130キロ台中盤まで上がってきた。「投手を大切にしてくれる。ベストな状態で試合ができるのでありがたい」。つぶれる投手がいないので、くまなく底上げされ複数の投手がそろう。評判が広まり、好素材が集まってくるサイクルも。岡林は中学時代に全国から勧誘があったが「菰野ならプロに行きやすい」と迷わなかった。
元外野手の戸田監督は投手出身ではないので理論の押しつけもない。「甲子園初出場(05年夏)の頃からこのやり方を始めました。(09年卒の)西勇輝以来、140キロの投手がいなかった年はありません」。そう胸を張った。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事