悠々美術館通信

野球王国和歌山を復活させましょう。ツイッター「風の譜」フォーローよろしく

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1127ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
1020日 ほっともっとフィールド神戸スタジアム
近江兄弟社の菊地投手は、立ち上がり、左腕から球威のある速球を投げていたが、投げるときに肘が下がるので、後半には球威が落ちるのではないかとみていた。
市立和歌山は4回に菊地投手をとらえ、先頭の8番瀧谷がヒットで出塁。送りバントで塁を進め、1番山野死球、2番下井田、3番緒方、4番柏田が連続タイムリー打で4点を奪い63と逆転した。
ただ、6回以降球威の落ちた菊地投手からチャンスは作るものの、あと一本が出ず残塁が多かった。この辺が智辯和歌山との差ではないだろうか。
岩本投手は、バックの度重なるミスにもペースを崩さず粘り強く投げ抜くことができた。右足をあげた後、前へ出るときに上体が少しぶれるときがあったので、フォームのチェックをしてほしい。大きなカーブと少し変化する球があり有効だが、スライダーをマスターすればもっと三振を奪えると思いました。
一塁手が記録上はヒットになっていたが、内野からのワンバンの送球を逃がしたり、ゴロを外野に抜かしたりしていたので、練習して守備力を上げていただきたいと願います。
打者では、5番の選手が追い込まれるまでバットを振らないのが気になりました。緊張していたのか、体や腰が早く開いてしまったり、後ろが大きくてバットが出るのが遅い選手もいるので次戦までに調整していただきたいです。1番から3番は強力打線ですし、6番、8番も好打者ですね。8番打者の打順を上げたらいいのにと感じました。
 
私的には、1年前、高嶋監督に「岩本投手が和歌山では一番いい投手の一人」と獲得をすすめたが、岩本投手が市立和歌山を志望したため来てもらえなかった。しかし、1年生で近畿大会で勝ち投手になってくれたのでうれしいです。
 
あと、岩本投手はボールの持ちがよいのですが、牽制を多用することと、捕手の2塁送球が練習を含め1塁側に2mほどそれることが多かったので、肘を上げてボールを抑え、早く離すことと、ベースの上に(ワンバンでもいいので)投げる練習をしてほしいです。
わたしのすぐ隣で龍谷大平安の偵察隊がVTRとスコアをとっていました。足を使った攻めをしてくることも考えられますので、対応の練習をお願いしたいですね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018秋季近畿大会 結果

2018秋季近畿大会 結果
1021日まで
龍谷大平安(京都3位)43天理(奈良1位)
市立和歌山(和歌山2位)84近江兄弟社(滋賀2位)
履正社(大阪1位)112南部(和歌山3位)
福知山成美(京都1位)54神戸国際大附属(兵庫2位)
報徳学園(兵庫3位)52近江(滋賀1位)
明石商業(兵庫1位)64京都国際(京都2位)
 
1027
智辯和歌山(和歌山1位)‐大阪偕星(大阪3位)
橿原(奈良2位)‐大阪桐蔭(大阪2位)
準々決勝
龍谷大平安(京都3位)‐市立和歌山(和歌山2位)
 
1028
履正社(大阪1位)‐福知山成美(京都1位)
報徳学園(兵庫3位)‐明石商業(兵庫1位)
智辯和歌山・大阪偕星の勝者‐橿原・大阪桐蔭の勝者

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

常総学院5−7桐蔭学園

常総学院57桐蔭学園
【常総学院】
右 斉藤勇人東京城南B
中 中妻翔取手ファイトクラブ
捕 菊地壮太筑波B
一 菊田拡和取手ファイトクラブ
三 鈴木琉晟勝田S
遊 手塚悠東京城南B
二 中山琉唯小山B
左 大高優成いわきB
投 岡田幹太京葉B
【桐蔭学園】
中 冨田健悟新宿S
二 山本慎太朗尾張B
遊 森敬斗島田B
一 上川航平藤沢S
三 川久保瞭太八王子B
右 馬場愛己狭山西武B
左 神田一汰狭山西武B
投 伊禮海斗町田S
捕 清水聖桐蔭学園中
 
9回裏、2死満塁で3番森が逆転サヨナラ満塁ホームランを放ち、桐蔭学園が劇的な勝利を収めた。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

近江2-5報徳学園

近江2-5報徳学園
【近江】
中 住谷湧也滋賀栗東B
二 見市智哉草津S
遊 土田龍空湖北B
捕 有馬諒奈良ウイング
一 安田侑矢甲賀相模B
三 鈴木脩太堺泉北S
右 板坂豪太湖北B
左 三浦聖太大津瀬田B
投 林優樹京都八幡S
【報徳学園】
捕 西井星矢大和高田B
左 中井楓良兵庫伊丹
右 赤崎優大兵庫伊丹
三 浦上大全播磨硬式野球団
一 岸野皓大枚方B
中 櫻井佑輝忠岡B
二 岩本悠佑真兵庫伊丹
遊 大崎秀真報徳学園中
投 林直人兵庫伊丹
夏の選手権大会でベスト8に進出した近江は、エース林、キャッチャー5番の有馬をはじめレギュラー4人が残ったが、初戦敗退という残念な結果に終わった。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

金本監督の辞任

金本監督の辞任
阪神で指揮をとっていた金本知憲監督が電撃辞任してから、わずか4日で矢野燿大新監督が決まった。シーズン終盤までは、金本監督が続投という方向で来年の組閣も進んでいたが、突然の退任劇の裏には親会社・阪急の意向があった。
 
昔の阪神なら金本監督続投でよかった。
だが、いま阪神は阪急に経営統合されて、自ら決定権がない。最下位とあって、阪急側から何もしないのかと言われ、甲子園最終戦に急遽、金本氏を呼び出して、「やめてくれ」と言い出した。当初、金本氏は渋ったが、交渉の末、仕方なく身を引くことにした。その背景には、シーズン終盤に、金本氏がファンから罵声をあびせられ、つかみかかろうとしたシーンがインターネットで出回ったことがある。動画は瞬く間に拡散。
阪急側から、「どうなっているんだ」といわれ、阪神側は何もいえなかった。多くの抗議電話やメールがあり「株価にも響くじゃないか」と阪急側が影響を憂慮した。
 
急な交代劇だったので後任がいない。監督候補にあがったのは、意外な人物だった。
当初は掛布氏の名前が出た。だが、阪急側がいい顔をせず、仕方なく、二軍監督で来シーズンから1軍コーチの予定だった矢野氏を急きょ、昇格させた。
監督人気というのも球団経営の重要なポイントで、茫洋とした容貌の掛布氏よりも、見た目がキリッとした矢野氏のほうを親会社の阪急が選んだようだ。
 
私には、阪神が阪急に経営統合されたとき「阪急タイガース」になるのではないだろうかと心配したが、そこはやっぱり「阪神タイガース」のほうが観客動員が見込めるということで名前は据え置かれた。いかに利潤を大きくするかという経済の原理が、2018年のプロ野球人事でも大きく影響力を持っていることが鮮明に出ている。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1127ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事