全体表示

[ リスト ]

2018年5月18日(金曜日)

16日に湧洞湖にシジミ狩りに行きました。前回のそのブログからの続きです。

シジミ狩りの後は、夕方前に十勝のサーフに出て、今期のサクラマス釣りに向けて新調したロッドを試しに振ってみました。

十数年前に地元の大月釣具さんでリールと一緒に購入したDaiwa10ftシーバスロッドMLを海アメマス、カラフトマス、アキアジ用にと使っていたのですが、昨年、移動中に木の枝に引っ掛かけた際に、穂先が折れてしまいました。

折れた竿は自分で修理して、港のチョイ投げに使っていますが、ルアーを使うしなやかさは失ってしまいました。

イメージ 1


そこで、軽さ、飛距離、追従性、パワー、を備えたロッドを探していたのですが、とても興味があったのがこのロッドでした。

シマノの18ディアルーナS106Mです。

長さは10.6ft(3.2m)で、ジムニーのロッドホルダーにギリギリ収まります。

しかもこの長さで、自重が何と166gしかありません。サーフ竿は重い物を長時間振り続けると、かなり疲れますので、軽さは重宝します。

硬さはM(ミディアム)で8g〜45gのジグミノーに幅広く対応しています。

18ディアルーナは旧モデルよりもパワー強化され、自重も10%ほど軽量化となり、今年3月に発売開始されました。

何でも知っている釣り名人に相談してみたところ、メーカーの都合上で、問屋には6月半ばまでは次の入荷はないようだよとの情報を得たので、急遽!アマゾンで購入しました。

イメージ 2

イメージ 3


先ずは湧洞湖に来たついでに、河口付近で20振りほど投げてみました。ミノーはジャクソンのピンテールチューン27gです。

このロッドの使用感ですが、振るとバットに余分なブレがあまり無くて、「スパッ」とミノーが一直線に気持ち良く飛びました!

ただ、これくらいの重さのミノーでは、PEライン1.5号を使うと、ややロッドとラインの硬さが勝って、巻きの手応えが薄いのが気になりました。1.5号は太すぎました。以前はナイロン派だったので擦れが気になり、ついつい太めを使いましたが、リーダー使うなら1号か1.2号で十分でした。

スプールとロッドにテンションが掛からないままに駄々引きしているようなイメージです。

このロッドの硬さですと、35gくらいのミノーかリップの大きなミノーに向いている様に感じました。

穂先が硬めですが、素早いフッキングには向いている感じです。ある程度の大きな魚なら弾くほどでも無さそうですし、海風にも強い印象です。

でも、Mはどちらかと言えば太平洋岸より、飛距離重視の日本海側に向いているかも知れません。30g以内のミノーを多用するならMLの方が使いやすいのかも知れません。MLですと10.6ftが145gと驚異的な軽さですし!

このパフォーマンスで実売価格¥23000前後なので、コスパ高くオススメです。長さも硬さも種類が豊富に揃っていますので、余裕が出来たら、もう一本揃えてみたい商品です。

イメージ 4


ここでは魚の反応も無く、大潮の上げで波が高くなっていて、浜辺の淵に強い波が上がっていたので、諦めて大津へと向かいました。

イメージ 5


長節湖横の三叉路に出ると波は穏やかで、水の透明感が高く、釣りやすい状態でした。
砂浜に出てみると新しい足跡があったので、何人かが既に訪れた後の様でした。

近くには、まだ一方のルアーマンがおりまして、ちょうど魚がヒットするところを見ることが出来ました。型の良いアメマスが釣れた様でした。聞くと他にも二匹のアメマスが釣れたそうです。

サクラマスを狙っていたそうですが、今のところアメマスのみとのこと。

ここでも20投ほど試しに竿を振ってみましたが、アタリはありませんでした。十勝川河口近くの前浜の状態も気になっていたので、長居せずにそちらも見に行きました。

前浜に出ると浜辺には多くの流木が一面に散乱していて、車が入れない状況でした。しかも、海は十勝川の濁り水の影響でカフェオレ色でした。

この日のマス釣りは諦めて、そのまま近くにある大津漁港に向かいました。

イメージ 6

イメージ 7


潮が満ちた夕方の午後6時28分に一匹目のコマイが釣れました。大きめの良型でした。

エサはイソメで、先週に十勝港で使用する為に買った物を使いきらずに、塩に漬けた物でした。

日が沈んでからは、去年から水銀灯が玉切れしていて暗くなるこの場所は、お隣さんに譲って、隣の水銀灯が点灯している明るい方に移動して、夜釣りに突入です。

お隣さんや地元の方のお話では、現時点のコマイは夜と早朝が釣れているとのこと。

その後は午後9時くらいまでは、私もお隣さんもコマイとカジカがポツリと釣れていて、お隣さんは更に自動シャクリ機も使い、15匹のニシンが釣れていました。

それ以降はコマイはピタリと釣れなくなり、代わりにキュウリウオが頻繁に掛かりだしました。

しかし、バケツの中に入れたカジカとキュウリウオの匂いが強烈に臭くて、6匹釣れてからはリリースして海に戻ってもらいました!

カジカとキュウリウオの匂いが合わさると、カメムシの匂いに似ていて、かなりの悪臭でした。

早朝に周辺の方達がコマイを釣り始めた頃には、キュウリウオのせいで餌が尽きてしまいました。

イメージ 8


なので、結局はコマイは5匹止まりでした。
新鮮なイソメや生サンマ等を餌に使っていた方々の中には、短時間で8匹ほど釣れた人もいました。

朝方、三叉路が気になり、もう一度立ち寄ってみました。既にお一方のルアーマンが居ました。風が強くなり、波が高くなってきたので、何も釣れませんでしたとのこと。私もせっかく来たので、28gのディープミノーを投げてみました。20分ほどやってみましたが、沖から十勝川の濁り水が流れて来たので、あえなく終了。

このところガソリン価格が高騰しているので、今期はあまり遠征出来そうもないですが、サクラマス釣りたいな〜! 頑張りま〜す!

この記事に

閉じる コメント(4)

サクラマスは釣って食べたいですね。

大津近辺で釣りやすければ、やるんですがね。

2018/5/19(土) 午後 7:44 [ テル ] 返信する

> テルさん
大津近辺は濁りやゴミに大きく左右されるので、釣りにくいですよね〜!
どうしても広尾方面や釧路方面に負けてしまいますものね。

夜にバシャバシャ跳ねていたのは、キュウリウオですよ〜!
朝になって、太ったウグイが何匹も釣れ始めたらコマイが釣れなくなりました。

2018/5/19(土) 午後 8:16 [ マフディ ] 返信する

顔アイコン

こんにちは!!
いろいろと釣れましたね♪

2018/5/20(日) 午後 3:37 KuKU 返信する

> KuKUさん
いつもコメントありがとうございます!

久しぶりにいろいろと釣れました。
カレイも釣れたのですが、小さすぎてリリースしました。
釣れたので楽しかったですが、この日はシジミ狩りもやった後だったので、翌日は筋肉痛と寝不足でした!笑

2018/5/20(日) 午後 4:25 [ マフディ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事