庶民のつぶやき

危機迫る東京直下、富士山噴火、そして解決せぬ福一原発!

全体表示

[ リスト ]

羹に懲りて膾を吹く

 公的資金の流用や不正使用による事件が後を断たない。国や地方公共団体からの研究機関や企業に対する委託金や補助金の誤魔化し、随意契約や入札時の談合など、やろうと思えばどんなところにもその隙はある。誤魔化すことはそれほど難しい話ではなく、当事者同士がつるめばいくらでも何とかなる世界である。

 そうした場合、会計検査院などの監査機関の検査・監査によって明らかになることはまずない。明らかになるのは、大半は内部告発によってである。監査機関用の対策には万全の体制で臨んでいるが、さすがに内部の裏切りに対する対策は立てようがない。

 このような状況を知ってか知らずか、公的機関が民間組織に委託事業、補助事業を行なう場合、随意契約はほとんどなくなり、ほとんどは公開入札が原則となっている。品質はともあれ、金額勝負のものもあれば、金額よりも内容を重視するものもある。いずれによせ、ちゃんとした形式に基づいて公募、入札が行なわれ、外部専門家も含めた審査があって、委託先、補助先が決まる。これはこれで形式上は問題ない。

 しかし、ここで問題になるのはあまりにも形式にとらわれ、事業運営が硬直化し無駄な作業が発生することである。ある独立行政法人では、その手続のために数百ページにわたるマニュアルを毎年作成し、それも毎年少しずつ改定を加えているようで、実施計画書の書き方や経費の算出方法、事業従事表のフォーマット等々、事細かに記されており、それを読むだけでも大変な労力を要する。その機関では、おそらくこのマニュアル作りのために専門の要員を数名置いているに違いない。一年間こんなものの作成の仕事ばかりしていたら、普通の人であったら気が狂う。

 なぜこんな面倒なことをするのかと言えば、結局は委託を出す機関の責任回避のためである。仕事の効率よりも、自己保全が最優先課題となっているからだ。公務員が仕事をする上で最も気を使うところだ。そのために、委託を受けようとする民間組織は無駄な作業を強いられ、その分肝心の委託事業本体へ向かうべき時間と労力が削られ、内容がお粗末になってしまう可能性も否定できない。

 確かに最低限しなければならない事務手続きは必要である。しかし、今のやり方は明らかに度を過ぎており、必要以上の無駄を生み出していることは確かだ。この企業経営が厳しいときに、民間組織にとって公的機関からの委託、補助事業は貴重な財源であり、また国家予算も極めて厳しい状況にある。こんなときに、官僚の責任逃れの理由作りために無駄な作業や費用を費やすべきでない。不正を恐れるあまり、何もかもがんじがらめにして、正当な活動を阻害し、効率を悪くするような制度であってはならない。実際に事業をしたことのない官僚がマニュアルを作るからこそ、こんな無駄がことが生じてしまうのである。今、真に求められる事業、その効率的運用を真剣に考えるべきである。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

日本はかって「反省と恥を知る」の両方を持つ武士道精神で、世界にまれにみる民族と尊敬されていました。
明治維新以後から武士道精神が徐々に希薄になり、現在は「反省も恥を知る」武士道精神が欠如した国になりました。
現在の官僚・公務員の多くは、「反省とか恥を知る」と言う言葉完全に欠如し、国民の公僕としての義務を果たさず権利だけ主張する、学力は有っても人間力の無い、幼稚で愚かな人が多くなりました。
システム仕組みを替える事が出来なければ、正直者が馬鹿を見る社会はこのまま続くきます。

2009/7/31(金) 午後 5:28 [ iwa*ima*u*a1949 ] 返信する

顔アイコン

西洋の唯物史観に毒され、良き伝統を捨て去った明治以降の教育に大きな問題があります。「人間は死んだらお終い」として、人としての心を観念的なものととらえ、因縁果報の原則を迷信としてしまっている現代教育が、自分勝手な人たちを生み出してしまっていると思います。正直者がバカをみるこんな社会はそう長くは続くはずはありません。今がその流れを変え、システムの大転換を図る一大チャンスのときではないでしょうか。

2009/7/31(金) 午後 6:38 [ taka ] 返信する

顔アイコン

官尊民卑と西洋の唯物主義の搾取と強奪に決別し、自然との調和と共生と人間力の三方一両得の世界にする事が、不安と不満の格差社会を改善し、世界平和の実現を可能にします。

2009/8/2(日) 午後 0:42 [ iwa*ima*u*a1949 ] 返信する

顔アイコン

自然の調和と共生と人間力の三方一両得の世界、心地よい響きです。官尊民卑は絶対に排除しなければなりません。それが社会の不平等と利権を生み出していると思います。また、唯物史観は完全なる誤りです。誤った史観からは真理は発見できません。悪しき方向に向かうだけです。ご意見に同感です。

2009/8/2(日) 午後 0:51 [ taka ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事