*manami*no*顕正会体験記

顕正会員として過ごした18年間の思い出と心の葛藤、現役顕正会員との対話を綴ります。

〜罰〜

御本尊の右肩にしたためられている
「若悩乱者頭破七分」とは、妙楽大師の『法華文句記』に説かれた文で、「若し悩乱する者は頭七分に破る」と読みます。これは法華経『陀羅尼品』に、
「若し我が咒に順ぜずして 説法者を悩乱せば 頭破れて七分に作ること 阿梨樹の枝の如くならん」
と示され、法華経の行者を悩乱する者の頭を鬼子母神・十羅刹女が阿梨樹の枝のように破る、との誓いを釈した文です。つまり正法誹謗の罰をいい大聖人の仏法に対する不信、誹謗、毀謗等と、正法を持つ僧俗(出家・在家)に対する怨嫉、誹謗などによって現れます。
また、大聖人様は『種々御振舞御書』に、
「頭破作七分と申すは或は心破作七分とも申して、頂が皮の底にある骨のひゞたぶるなり。死ぬる時はわるゝ事もあり(中略)これは法華経の行者をそしりしゆへにあたりし罰とはしらずや」(御書 1071頁)
と、仰せになっておられます。
一つには、文字どおり物理的に刀で切られたように頭が割れることをいい、末法の衆生は悪業が深いために、頭が物理的に割れていることすら知らずにいると示されています。
二つには、頭はそのまま心を意味し、「頭破裂七分」とは心・精神の崩壊、即ち心の病をいいます。人としての根本が狂ってきてしまう…。そうなれば当然、正邪も善悪も理解できるはずはありません。正義を憎み迫害する…
顕正会(怨嫉者)がまったく道理を失ってしまっているのはまさに正法誹謗の罰「心・精神の崩壊」です。
おそろしいですね…
そして自ら身を滅ぼしてしまう
ゆえに私は「悪は悪!」と、糾弾し続けるのです!!!
(`・///・´)キリッ

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
イケメン二人に囲まれてちょっと照れてしましました。(^_^;)


向かって右側が本日ご受戒されました顕正会員歴22年の男子部Kさんです。
Kさんおめでとうございます。
Kさんは顕正会員歴22年の大ベテラン。でも入信当初から組織について活動することはせず、意味不明な指導を繰り返す組織の男子部員を避けて地方の地まで足を運び、参詣を重ねていたそうです。
 
向かって左側が顕正会員歴1年の男子部Tさんです!!本年の2月27日、ご受戒をされました。Tさんおめでとうございます!!顕正会に入信してより、ずっとカルト的な胡散臭さを感じていたTさんですが、法華経の読誦と南無妙法蓮華経の唱題は大好きで、会館への参詣は重ねていたそうです。でも、支離滅裂とした幹部の指導がどうしても気持ちに収まらないという事で、ご連絡をいただきましたのが今年の1月…。何度かメールで対話をさせて頂いたのち、顕正会は邪教と確信され日蓮正宗での信仰を決意されました。本日はKさんの御受戒に同席いただくためにわざわざかけつけてくださいました。お忙しい中ほんとうに有難うございました。Tさんの同志を思われるあたたかさに感動です!!
 
Kさんも、Tさんも顕正会で活動された年数こそは違いますが、仏様への恋慕渇仰の思いは本物だったんですね。そんな純粋な信仰心を仏様がほっておくはずはありません。かならず正法へと導いてくださる!!!
 
Kさん、Tさんともに顕正会撲滅目指して頑張りましょう!!

イメージ 2
お忙しい合間に、駆けつけてくださった樋田さんと記念撮影
イメージ 3
樋田さんの邪教撲滅にかける熱い思いに触れて
顕正会撲滅を誓うKさん・Tさん


この記事に

開く コメント(0)

しばらくぶりの更新です。
毎度の言い訳ですが、バタバタしております… m(_ _)m
決して日蓮正宗を退転した訳ではありませんので、皆様、ご心配されませんように…(^_^;)


おくればせながらのご報告ですが、2月と3月に、このブログをご覧になった顕正会の男子部さんと女子部さんがご授戒をされました。詳細はまたの機会にあらためてご報告させていただきますね。
 
早いもので私が日蓮正宗に帰伏したのが平成23年1月、今年で7年目。所属寺院の妙相寺様では最古参の元顕正会員となってしましました。おそらく私が一番の古株のお局様です。そして一人増え、二人増え…ここ最近ではカウントできないぐらいのスピードで顕正会員さんが妙相寺の全国地区メンバーとなられています。
 
ますます一致団結し、一気に謗法団体顕正会を崩壊せしめんと「顕正会から日蓮正宗に移ったブログ」のセロリさんが、妙相寺に所属する全国の元顕正会員さんの為にグループラインを開設してくださいました。ほんの一部の方が参加されていますがなんとその数42人…。

イメージ 1
参加者はますます増えるもよう。
「顕正会はいつか必ず消滅する」
の前兆です!!!

この記事に

開く コメント(2)

明けまして
おめでとうございます
今年もよろしく
お願いいたします
イメージ 3
バタバタの慌ただしさの中で年が明け、今頃大掃除を始めています。
( ̄◇ ̄;)
まだまだ顕正会時代の新聞、書籍が山積みとなっていて、顕正会破折に必要なものと、どーにもこーにもこれゴミでしょ?という物の仕分けに手こずってしまっているのですが、すごく懐かしい物も出てまいりました。
平成16年に顕正会で発刊された「日蓮大聖人に帰依しなければ日本は必ず亡ぶ」と題する書籍がありましたよね。

イメージ 2

出てきたのはその書籍を配布する時に添えた私の直筆の手紙です。その内容は当時のmanamiの洗脳の深さを物語っていました(苦笑)

「真心尽くして」とか「確信します」
とか()

以下、その全文をご紹介します。バリ活時代の洗脳の深さにドン引きしないでくださいね
イメージ 1
 
はじめまして。私は〇〇市に住んでおります顕正会員の〇〇manamiと申します。突然のお届けものでおどろかれた事と思いますが、この書は私たち顕正会員が日本国を救わんと真心尽くし配布している物で、その数は一千万部にもおよんでおります。

“日蓮大聖人に帰依しなければ日本は亡ぶ”

という標題はとても強烈な印象を受けられるかと思いますが、読み進めていただく中でそのゆえんをご理解いただける事と確信いたしております。親殺し、子殺しなどの殺人が連日の様に起こっておりますが人の心の荒廃に胸が痛みます。また警察官が犯罪者となったり、教育する立場にある者が不道徳であったり、政治家の中では自己の利権を重んじる者が多く、なぜこのような社会になってしまったのかと日本の未来に不安を感じていない人は一人もいないのではないでしょうか?

一日も早く真に正しい法を国も個人も立てなければ人心の荒廃が異常気象の因となりそれが飢餓へと発展し、戦争が起こってきます。宗教に対し、偏見を含めそれぞれの方がそれぞれの思いとお考えをお持ちだと思いますが、この書に限りましては、真実を求める思いで心に刻んでいただきたいと願っております。そしてご意見、ご感想ございましたらご一報下さい。お待ちしております。
080−〇〇〇〇−〇〇〇〇
〇〇 manami
 
すごい!!ガチガチの石頭の典型的な洗脳顕正会員!!
でも…
現バリ活の顕正会員とたった一つだけ違っているところがありました。それは、私が信仰をもっていたのは浅井会長ではなく日蓮大聖人様という仏様だったんです。

現役顕正会員のご相談賜ります
080-6812-1057

この記事に

開く コメント(1)

皆様こんにちは(^o^)/ 
しばらくぶりの更新です(o^^o)
イメージ 1
忙しく時間にに追われてしまっている日々…(⌒-; )
月のうち3,4日位は休めているかな?
1日の半分くらいの時間は仕事に費やしてるかな?そんな感じです。(^^;; 

顕正会では忙しい環境を「魔」と呼びます。集会の結集、折伏の成果に影響するからだそうです。ですので時間に拘束されない職種へと転職を勧められたりもしますよね。私もそんな教育を18年もの間受けてきました。日蓮正宗信徒となってからも忙しすぎる状況下では信・行・学がおろそかになってしまうのではないかとものすごい不安に襲われてしまうことがあります。折伏親の樋田さんにご相談させて頂くと 

「御宮仕えも法華経とおぼしめせ」と仰せですから、仕事を真面目に懸命にやることは大事なことです。しかしまた、「仏法は体のごとし、世間は影のごとし。体曲がれば影斜めなり」とも仰せですから、信心が疎かになるような仕事の仕方はこれまた、いけませんよ。ということですね。つまりは、勤行・唱題・折伏・寺院参詣・総本山参詣これらが疎かになるような仕事の仕方は良くないということです。忙しいなりきに必死に歯を食い縛って信仰を貫かなければなりません

と励ましてくださいました。その言葉に救われた私…忙しくても謗法破折の志しは失わないように自分を律していこうと決意したのでした。
そんな中、私がアップしている動画

「☆ぶた班長さんとのゆる〜い対話」

こちらがツボにはまったと、現役班長さんからメールを頂いたんです。

「自分は顕正会を信じているので辞める気持ちはないが、顕正会を辞めたら大罰があると言われているのにもかかわらず、manamiさんが日蓮正宗に改宗した理由が知りたい。また大罰を感じて顕正会にもどった人が一人もいないのが気になる。」

と…。
早速お会いする運びとなり、顕正会の謗法をお話しさせて頂くと

「顕正会に対して今まで疑った事はなかった。功徳もたくさん頂いている。だけれどもそういう事なら顕正会は辞めなければならない」

と日蓮正宗への帰伏を決意されたのです。そして本日1225日、豊島区の常在寺様で御授戒を賜る事ができました\(^o^)

おめでとうございます!!!

この男子部さん

潔いにもほどがありませんか
?!

今の今まで顕正会を信じ、感激とやらをかたり、折伏、集会参加等の活動をしていた現役の班長さんですよっ。
さらに…
御授戒後、三人の幹部を破折せんとたった一人で対論に臨んだ男子部さん。
この飛び抜けた正義感はどから湧いてきたものなでしょう (_)

元顕正会男子部班長のNさん!!
あなたの求めていた信仰は、顕正会ではありませんでしたね。回り道をしてしまいましたがやっと本物に辿り着きました。これからは、顕正会で活動された10年間のご経験が全て薬となりNさんの信仰の糧になります!!
変毒為薬です
ともに顕正会撲滅!邁進していきましょう\(^o^)
イメージ 2
ご授戒を終えて、なぜか仁王立ちでパチリ(笑)


この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事