ここから本文です
「日本史の宝石箱」オリエントの都アスカへの道 列島古代史学
真冬の我が居間から見る景色、想像できないほど美しい朝がある。

書庫新説発表:日本古代史

すべて表示


 中東地域を襲った動乱は、フェイスブックとやら怪しい経営者らのツールを駆使し、アラブの春(リビア破壊)で始まり、そして、2011年の冬にスタートしたシリアの春?だった。
 その後、すぐに福島原発事故で東日本滅亡かと恐れおののいたのでした。
原発事故では、政府・東電・経産省は必ず、嘘をつくという体質があることが国民に知れ渡り、今でも常識となっています。
 さて、皆さんが国内の殺人事件や北朝鮮の話ばかり聞かされて知能が麻痺状態になっているようですが・・・
複数のニュースソースが発信しています。

 民主化デモを鎮圧したアサド政権に対して民衆が蜂起したから、民主化の正義の動乱というのが、私たち日本人に流された情報で、日本のおかしなマスコミもそれを一斉に垂れ流したのです。
 しかし、今は、リアルタイムで現地のあらゆる動画が誰でも見られるので、少し知能のある方ならおかしい(偽のニュースが多い)と徐々に感じていたはずです。
 この6年間、特に嘘ニュースが世界中に駆け巡り、日本では、常識化していましたが、私たち日本人は、他の非同盟植民に比べて、国際情勢に関しては、小学生並みの知識しかないと言えます。
 スンニ派の反乱軍が負けそうになるとすぐに、タグを変えて過激派が登場します。
それも失敗するや、なんと、あの劇場型残虐集団ISが登場しました。
次から次へと金を持っている集団が現れ、皆さんはおかしいと思いませんでしたか?
その企てもここにきて、頓挫しているようです。

 そして、サウジは今動乱がスタートしました。
撒いた種は刈り取るのですよ。

サウジアラビアの長いナイフの夜事件裏話



ウジアラビアのアブドル・アジズ・ビン・ファハド王子が逮捕に来た治安部隊との銃撃戦で死亡


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事