まなざしにメモリー

日々、つれづれなるままに。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1先週のいわきら・ら・みゅうの線量。0.071μSV/h。
遊覧船乗り場のほうにひっそり立っていた。行ってみなかったらこいつの存在に気づかなかった。


イメージ 2次の日の郡山市。開成山公園、五十鈴湖南側にある遊具近くの線量計。
数値は0.496μSV/h。いわきと比べたら格段に高い。ま、これでも下がったんだけれど。


イメージ 3同日午後。同じ開成山公園でも北側に設置されている線量計。
芝生だった場所の芝生を全て剥がし、除染した場所だけれど…0.636μSV/h。

いわきと比べれば郡山は「高い」。事故前の環境値は大体0.04〜0.05μSV/hだったことを考えれば、まだ「10倍から15倍ある」ことになる。でも、事故直後の数値が8μSV/hまで跳ね上がったことを思えば、格段に「下がった」と言えなくもない。

大体、事故後しばらくの白河方面、いわゆる県南地方の線量が今の郡山の線量に近いかな。
この数値、比較対象、比較時期によって高くも低くも見えるけれど、元の環境値からしたら、やっぱり異常に高い数値なんだよね。低くなった、とか、比べて低い、とかって言っているのは、冷静に考えればおかしいことで。県南地方だろうが、会津地方だろうが、東電辺りに勝手に区切られるのはやっぱり納得いかないわけさ。

いわきも郡山も白河も。福島県内なら何処の地域だって、元の環境値からしたら高いのは事実。
「そんなことを言うと、また評被害がおこる!」という気持ちはわかるけれど、はっきり事実を言わなければ、正当に主張することもできなくなるわけで。風評被害を気にして、口をつぐんでしまうのではダメなんでしょう。きっと。

この線量を何と比べるのかは、各々の判断基準にお任せします。
それを高いと思うか、低いと思うかもそれぞれの判断でしょう。

一つだけ間違いなく言えることは、この線量の中で生きている人がいて、或いは生きていかねばならない人たちがいて、それは今日、今も変わらないということ。
わたしも、その中の一人で、ここで生きてますよってこと。


この後にも文章を書いたけれど消しちゃった。
あんまりにも過激な口調になっちゃったからね。
わたしは人殺しにはなりたくないしサ。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

街や公園に線量計が設置される光景なんて、誰が想像しただろう。
明らかに異常だ。
この異常な光景を作った人、物、組織。なんてことしやがった!
そして、この状況を軽視する人、組織。なんてこと言いやがる!
この問題に触れる度に、感情が大きく揺さぶられる私です。

2012/4/15(日) 午前 9:47 さいむん

両親が毎年山菜つみを楽しみにしてるのですが、今年は放射線の値が高いので断念しました。
ゼンマイ、ワラビ、ウド。
一時期はガムテープで名前を隠して走っていた東電の車も今はもう堂々と名前を出して走ってます。
腹立たしいことこの上ありません。
そしてその会社の電気を使わざるえない生活もまた腹立たしいことです。

知らずにいた過去の自分にも責任はあると思うのですが、あまりにもひどい対応に、どうすればいいのかわかりません。

2012/4/16(月) 午後 4:43 エドママ

顔アイコン

さいむんさん》
ちょっと前のマンガの中の世界のようです。
はっきり言って、尋常じゃない。
何の手も打てないのではなく、手を打たずに風化させようとしているんじゃないかと思えてならない、今日この頃です。

2012/4/20(金) 午後 6:29 [ イズミ ]

顔アイコン

江戸さん》
もう福島だけでは済まされないのは明白なんですよね。
とんでもないことをしてくれました。
野菜も、魚も、そこに居るのに、そこにあるのに、わたし達はそれを食べることができません。なぜなんでしょう。

自分で責任の取れないことをするもんじゃない。
まるで子どもに言い聞かせるようなことですが、東電や国という組織は、思った以上に子どもなのかもしれません。
そして子どもに政治を任せている日本の行く末が案じられてなりません。

2012/4/20(金) 午後 6:33 [ イズミ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事