Wind RippleのPhoto Blog

気ままな旅と写真が好きなんです。
先週の土日は奈良県の前鬼川で水浴びの予定でしたが台風の影響で雨予報。
残念ながら延期とさせていただきました。参加いただく予定だった皆さんすみません。
改めて企画しますのでまたお付き合いお願いします。

ただ、北は降水確率も低く暑いのではなゴンさんに良い所ないか聞くと先日訪問した
白滝谷の隣の沢、奥ノ深谷はどうだろう?とご提案いただきました。
奥ノ深谷は沢レベルがだいぶ上がるとのことでしたがとにかく水浴びしたい!
ということでえださんにもお声がけして3人で行ってきました。

※確かに白滝谷とは比べられないくらいの所でした。しっかりとした沢装備が必要です。
私のレベルでは直登できないレベルの滝が多く出てきて巻くことはできますがきわどい
所もあります。行かれる方は自己責任で経験者と一緒に行かれたほうが良いと思います。

次から次に滝が出てきて楽しい所です。
今回は三脚も軽いものにして水遊びを優先しました。
ですので撮っていない滝がたくさんあります。
三脚は失敗でした。レリーズのリモコンの電池も切れていたので
ほとんどの写真ぶれてます。あんまりじっくり見ないでください(笑)

では
イメージ 2
赤い線は前回の白滝谷のログです。
今回は牛コバの手前の橋下から入渓。黄色い線を遡行しました。
帰りは登山道で下山しました。

沢やさんのメッカの沢ですので途中数グループの人たちと会いました。
イメージ 3

滝の上にいる人たちは5名ほどのグループ
すべての滝を時間をかけて直登してました。
沢やさん待ってるといつになるのかわからなかったので
人のいない写真は諦めさっさと巻きます。

前の滝があまりに消化不良だったのでこんな小滝でも立ち止まってしまいました。イメージ 4

イメージ 5
この沢も水がとても綺麗です。

短いですが今日最後の滝です。
この沢の中で私が一番気に入った変化のある滝です。
イメージ 1

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
独特な岩の模様も楽しい滝でした。
なお、この沢にある滝はすべて無名のようです。
名前があってもよい滝ばかりでした。

今日から夏期休暇です。
部屋の掃除をして帰省します。

訪問日: 2017年8月5日

この記事に

開く コメント(12)[NEW]

履歴を見ると古い記事ですがスッカン沢の記事へのアクセスが一番多く
この時期になると毎日5〜10件ほどのアクセスがあります。
スッカン沢は今も思い出深い沢です。
今ならあのスッカンブルーの水の中を遡行できたんだろうなぁ。

今度の土曜日はあのバスクリンブルーとは異なった透き通ったブルー、
関西で一番行きたかった前鬼ブルーを見に行く予定にしてます。
ブロ友さんの記事では台風が何やらその日をめがけて北上してくるようです(泣)

白滝谷の最後です。
イメージ 2白滝上部の切り取り
この滝を左岸から巻くと少しだけレベルが上がります。
でも楽しむ方が優先で写真がありません。

はなゴンさんにいただいた写真です。
イメージ 3
昭和の香りがぷんぷん。どうしてもピースしちゃいます(笑)

イメージ 4
下から

イメージ 5
上から

イメージ 6
【 夫婦滝下の滝 】 落差20mほど
つるつるでした。左岸を巻きました。

そして最後の
イメージ 7
【 夫婦滝 】 落差35m

イメージ 1
この滝の滝前の岩もつるつる。
最後なので飛び込め〜!
イメージ 8
と思ったけど思いの外深いそして冷たい。真下まで行きたかったけど
金づちなのを思い出しました(笑)胸までで退散です。

イメージ 9
負けてはおられんとばかりにはなゴンさんも続きました(笑)
先輩の意地で直下を目指すかな?と思ったけど水の冷たさに同じく退散。

イメージ 10この後登山道に設けてある滝見台に登り登山道を使って下山しました。

2017年7月22日

一昨日は群馬の白水の滝の記事に55件のアクセスがあったようです。
何があったんだろう?

ご訪問ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(2)

続けます。
ただこの後は純粋に水浴びを楽しんでしまっていた?
いやはなゴンさんに遅れないように頑張っていた?ために写真がありません(笑)

すべり岩は文字通り良く滑りました。
その奥の滝は巻きましょう!
私は巻いたけどはなゴンさんが上がってきません。
はなゴンさんは滝横にあるクラックを登ってくるはずだけど・・・。と思って
覗いてみたら
イメージ 2
荷物が邪魔ではまってました(笑)
笑ってしまって手ぶれしてます(大げさですが)
ロープを出して荷物だけ引き上げました。
イメージ 3
下からも撮られてました。
スリムになったはなゴンさんを無事回収(笑)

そしてこの谷の名前がつくメインの滝へ
イメージ 4
前衛滝とその手前の溜まりが良いです。のんびりできる空間です。

イメージ 5
少しずつ近づきます。
そして本瀑へ
イメージ 1
【 白滝 】 落差10m
小さいけど形の整った美瀑です。

この滝を直登できれば安心して沢登りができるレベルのようではなゴンさんも
昔は登っていたようです。今回は私に合わせてくれたのか一緒に巻いてくれました。
次回はチャレンジしてみたいなぁ。

イメージ 6
ここで記念撮影

ネタ不足なので今日はここまでで

訪問日: 2017年7月22日

ご訪問ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(8)



梅雨も明けて毎日あっついですね。
こんな時はやっぱり水に親しみましょう。

今年はあんまり滝巡りが進んでいませんが先週土曜日は神爾の滝でご一緒いただいた
はなゴンさんにお誘いいただき滋賀県のまだ知らないところに連れて行っていただきました。

はなゴンさんにとってここは沢歩きを始めた谷ということでまたまた頼りきりの
お気楽沢歩きをさせていただきました。今回も私がとろいのでかかった時間は
参考程度にしていただければと思います。

遡行図です。
(スマホの電池の消耗が激しいので50mおきの測定ですのでかくかく粗々です。)
イメージ 2葛川市民センター駐車場 8:00出発 ⇒ 8:30 三ノ滝 ⇒ 9:30 牛コバ通過、
ほどなく入渓 ⇒ 11:00 布ヶ滝 ⇒ 12:30 白滝 ⇒ 13:00 夫婦滝
⇒ 登山道で下山、15:40駐車場着
歩行距離10.0km 最低標高301m 最高標高826m 高低差525m

では
沢歩きでびちょびちょになるとはなゴンさんにさんざん脅かされていたので
カメラを防水ケースに入れてレンズもジップロックで防御。撮ろうと思っても
すぐに出てこない。ということで写真はいつになく少ないです。
撮れた画も急いで撮っていたのか水玉いっぱいで惨いものばかりとなりました(泣)

まずは白滝谷に入る手前の明王谷を林道に沿って歩きます。
イメージ 3看板がありここから滝に向かって降りていきます。

イメージ 4
上の展望台から見下ろします。
本格的な沢やさんは左岸を登ってました。
滝口付近とお釜付近にヘルメットが・・・見えるかな?

昔このお釜でボクサーの方が亡くなったそうです。

私たちも下まで降りてみましたがここでも
イメージ 5
先輩を偵察に行かせておいて真ん前に行けないと分かると
止めてしまうという後輩らしからぬ行動をとる私。ひどいですね〜。
まだこの時は水が怖かったんですよ・・・。(と言い訳しておきます。)

沢やさんは滝の下をへつりつつ流れの下を潜って反対側に渡ってました。

林道に戻り先に進みます。林道歩きは空気がよどんでいて蒸し暑い。
早く水に浸かりたいって思えるようになります。

牛コバを通過し適当な所で入渓します。

早速小滝達がお出迎えしてくれます。
イメージ 1
こんなところではまってはいけないと思っていながら止められません。
谷を渡るトラロープが何とも邪魔なんですがね。

イメージ 6
こんな感じで、

イメージ 7
こんなのを撮ってます(笑)

イメージ 8
上の滝もちっちゃいけど綺麗。

イメージ 9
水も綺麗でした。
沢筋は水に浸かっているのもあるけど
空気にも流れがあり爽快そのもの。

イメージ 10
小滝なら私でも直登できます。2mくらいだけど(笑)
ちなみにここの辺りで服はびちょびちょでした。

イメージ 11

そしてようやく大きな滝が現れます。
本流から外れた枝谷から落ちるのが
イメージ 12
【 布ヶ滝 】 落差25m
大岩を乗り越えていきます。
水量は少なく滝つぼもちっちゃいので安心して直下へ
上からのシャワーの気持ちよかったこと。
イメージ 13
満面の笑みです。気持ち悪いのでマスキングします。

沢登りの魅力にはまりそうです。カメラをとるか、沢登りをとるか
難しい選択です。防水コンデジでマニュアル露出できるカメラ
ないのかな〜?

続きます。

イメージ 14

詳しい地図は こちら

訪問日: 2017年7月22日
※私の写っている画はすべてはなゴンさんに提供いただきました。

ご訪問ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(19)

ネタ切れの折、先日滝写真の使用を連絡いただいた旅行会社さんから
掲載しているバスツアーが好評との連絡をいただきました。

お役に立ててちょっと嬉しいです。

でも、好評の理由は私の写真の所為ではありません。
イメージ 1とにかくお値打ち!安いです!
バス旅行で松坂牛と米沢牛&松茸+ワインの試飲にブドウ狩り(30分だけど)
他にも諸々のサービスあり。横浜にいたら申し込んでいたかも。
滝は添え物かな?(笑)

「幻想的すぎる秘境?」。そこまでではないとは思うけど小さいけど
良い滝だし、3つの滝が一度に見れるお手軽・お得滝ではありますので
これでまた人気が出てくれたら私も嬉しいので良しとしましょう。

HPではもっと大きく写真が出ていますのでもしよかったら訪問してみて下さい。

こちら です。

イメージ 2なんと!
今日(7/5)時点で売れ筋ランキングNO.1です!!(笑)
記念にクレジットも入れてもらいました。

この滝の以前の記事は こちら

ご訪問ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(18)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事