Wind RippleのPhoto Blog

気ままな旅と写真が好きなんです。

ひさびさの・・・。

久しぶりに新宿に行ってきました。
イメージ 1


イメージ 2
アイランドタワーで仕事でした。

このビルは来たことがありませんでしたのでもちろん
イメージ 3
これも記念に撮ってきましたよ(笑)

娘に今更?・・・って笑われました。

訪問日: 2017年6月24日

仕事を早く終えて以前から気になっていた代々木上原の東京ジャーミイを
見学させてもらおうと思っていたのですがちょっと気合を入れ過ぎて疲れて
しまったのでそのまま自宅に戻りました。

しかし、都会は人がいっぱいで苦手だ〜。

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

ネタがたまったと思って安心していたら最近の引きこもり生活で
一気にネタ切れの様相です(笑)

今日はお姫様の後に訪問した古語録滝です。
実はこれも滝友さんの追っかけです(笑)

国道421号線(八風街道)に戻り三重県方面に向かいます。
以前訪問した茶屋川三姉妹の茨川林道に入ります。

以前の茶屋川三姉妹の記事はこちら

茨川林道を進み古語録橋を渡ると左手に車2台くらいのスペースがありますので
車の方はそちらに駐車します。私はバイクなので沢沿いに伸びる工事用道路?で
行ける所まで行きました。すぐに石がゴロゴロしはじめるので先の駐車スペースに停めた
ほうがいいと思います。失敗でした。3つ目の堰堤が下降ポイントの目安らしいのですが
運転に精いっぱいでいつの間にか越えちゃってました。ほどなく岩+湧き水でドロドロの
道に変わりバイクを諦め歩きました。ほどなく沢の方向からどう考えても滝じゃないの?
って音が響いてきます。ということで一つ目の堰堤と思っていた所まで戻ると
釣り人の為の下降ポイントの看板があったのでそこをたどりました。

イメージ 3
早速お出迎え。岩の縞模様みえますか?

イメージ 4
ここの岩独特なんです。地層がそのまま石になったようです。

イメージ 5
水もとても綺麗です。

イメージ 6
イモリくんがたくさんいましたよ。

イメージ 7
川トンボもいましたよ。

古語録滝までは20分弱なんですが想定外のへつりが待ってました。
ドボンしたらカメラ行ってしまいそうだったので積極的に水の中に突入しましたが
思いのほか深く、股上まで浸かりました。今年初。水の冷たさを感じて・・・。
気持ちよかったですよ(笑)

イメージ 8
【 古語録滝 】 落差8m
日当たり最高!!(泣)

イメージ 9
落差はありますが水量豊富でスカッとする滝です。

イメージ 10
反射が抑えきれません。水の色も綺麗だったんですけどね。
PLフィルター寿命なのかな〜。

イメージ 1
最後は右にある大岩の上に登って。

イメージ 11
イモリくん久しぶりに触った。冷たくて気持ち良い(笑)

イメージ 12

イメージ 2
詳しい地図は こちら

訪問日: 2017年6月4日

ご訪問ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(20)[NEW]

梅雨なのに全く雨降らないですね〜。
これだけ雨が降らないと滝に行く気にもならないし紫陽花も・・・。
ということで今週も引きこもり生活です。

今日は滋賀県のお姫様こと姫ヶ滝です。
滝友の皆さんが私が引っ越ししてくる前にグループで行かれてました。
滋賀県の滝でどうしても行きたい滝としては最後の滝でした。

ただ、ここは鈴鹿山脈の山懐、ヤマビルの汚染地帯。
滝友さんが行かれた際にはスズメバチの巣もあったそうなので
とてもびくびくしながらの訪問でした。

では

遡行図です。
イメージ 6
メモ書きは大体です(笑)

往復5.5km 高低差160m(最高点420m、最低点260m)
往路は90分、復路は70分でした。

R421(八風街道)を滋賀県側から永源寺ダム沿いに走ると道路の拡幅工事をしています。
真新しい橋の手前側に工事現場があります。そこに5.6台駐車スペースがあります。
その先はゲートがありバイクなら抜けられそうでしたが歩きました。
イメージ 2
最初堰堤まではこんな感じの整備された道です。

イメージ 3
そして堰堤の手前に大きめの滝が落ちています。
堰堤を越えると登山道?になります。

すぐ崩落地があります。斜面がきついですがそれなりの踏み跡が
ありますので慎重にただ急いで渡ります。
そこから10分ほどはヤマビルさんが登場しそうな道を進みます。
イメージ 4眼下には小滝がたくさん現れますが寄り道せずに通りすぎます。

イメージ 5
河原に出ます。往路はゴロゴロの沢沿いを歩きましたが
復路は右岸の林の中を歩きました。後者の方が断然楽です。
イメージ 9
今日もそうですが良い天気でした〜。

20分ほど歩くと両岸が迫ってきて
イメージ 7
新緑が沢に覆いかぶさりのんびりできる空間。
ヤマビルは心配しましたが一切いませんでした。

ここを抜けると視界が一気に開け石が大きくなります。
イメージ 8
ゴロゴロ岩三兄弟
ひとつ5mを越えるような大岩がゴロゴロしています。

これを越えるとまた緑のエリアです。
イメージ 10
綺麗な小滝が現れます。イメージ 11
左を越えるとまた河原の小石歩き

イメージ 12
右から枝沢が合流。これが見えるとすぐです。

イメージ 13
左側から合流する細い流れに入ります。
なんかせまっ苦しくて圧迫感のある空間でした。

イメージ 14
【 姫ヶ滝 】 落差40m?
滝前に5m位の大岩が鎮座しています。岩盤の合間を縫って落ちてくる滝なので
角度を変えると滝筋が隠れちゃうので写真の撮りにくい滝でした(泣)
イメージ 15
大岩を乗り越えて正面に。雲が流れてこなくてあまりの明暗差に画になりませんでした。

今度は大岩の左側に下りて滝頭覗き込みますが見えません。
イメージ 16
見えてる部分は30mくらいかな?

イメージ 17
水はとても綺麗でした。
イメージ 18
見にくいですがおたまじゃくしがいっぱいです。
今頃は滝前でゲロゲロ泣いているのかな?

イメージ 1
最後は見上げ〜。
もう少し陽射しが弱ければなぁ・・・。

※ここは大雨後などでは今回と全く異なった厳しい状況になるのではと
想像できます。崩落個所もあり足元もゴロゴロの岩場が続きます。
行かれる方は天候に注意して滑りにくい靴を準備したら良いかと思います。
あまりヌメはなかったので忍者で大丈夫でした。

訪問日: 2017年6月4日


ご訪問ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(19)

赤目四十八滝ラストの記事です。
イメージ 2

荷担滝を巻くと流れが分岐します。本流は左股、支流が右股です。
実際には本流から先に行きましたが支流の滝は一個だけ、
しかもしょぼ滝なので先にします。

イメージ 3
【 夫婦滝 】 落差3m
しょぼい!

本流に戻ってもしょぼいです(笑)
イメージ 4
【 雛壇滝 】 落差2m
水量多かったら面白い流れだったのかも。

3つ目もしょぼしょぼ。だけど雰囲気はそれなり?
イメージ 5
【 琴滝 】 落差2m

そして最後の赤目五瀑
イメージ 6
【 琵琶滝 】 赤目五瀑その5 落差15m
この滝は下流側から小滝を絡めて撮影するのが
定番のようでしたが知らなかったので正面の画です。

イメージ 7
ただ、陽の差し込みが滝に入り水がキラキラ輝き良い感じ。

イメージ 1
苔の具合も良くて好きな画です。

イメージ 9
右側からの画を一枚だけ。

ここから10分ほどで最後の滝です。
イメージ 8
【 岩窟滝 】 落差7m

イメージ 10
しょぼ滝も多いですが、これだけの滝をそれなりの距離で回って
写真撮れるところはあまりありません。

お弁当もって思い思いの場所で食事ができる。良い所です。
家族がこちらにいれば絶対一緒に行っていると思います。
断られちゃうかもだけど(笑)

この後、忍者姿のモト冬樹さんにお会いしたのですが・・・。
あ〜旅サラダ!すっかり見忘れていました・・・。

訪問日:2017年5月21日

長いことお付き合いありがとうございました。

いつもご訪問ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(14)

赤目四十八滝のその3です。
まだ続きます(笑)
イメージ 2
笄滝を過ぎて雨降滝は・・・流れてなかったような・・・。
覚えてない・・・。
イメージ 3
【 骸骨滝 】 落差2m
だんだん面倒臭くなってきてます(笑)

イメージ 4
【 斜滝 】 落差2m
奥のがです(笑)
イメージ 5
こっちです。水量寂しいですが。

そして赤目四十八滝で一番画になる滝でしょうか?
イメージ 1
【 荷担滝(にないだき) 】 赤目五瀑その4 落差8m
遠望ですが上の流れも入ってこの角度の画が一番良いと思います。

イメージ 6
でも、下に下りても良い感じです(笑)

イメージ 7
正面にも下りられますがあんまりよくありませんでした。

イメージ 8
やっぱりこの滝は斜めからが良く似合います。

遊歩道でこの滝を巻く途中左の滝口の溜まり部分で・・・

発見!

新緑の中の
イメージ 9
ぐるぐる〜!

ということで今日は短いけどこのへんで。

訪問日: 2017年5月21日

ご訪問ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(16)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事