Wind RippleのPhoto Blog

気ままな旅と写真が好きなんです。
5月2日の新緑滝巡り、ようやく最後の滝です。
良く引っ張りました(笑)そしてネタ切れです(泣)
今週は近場でもよいからどこか行きたいなぁ。

では

一連の記事で最初に一枚だけ載せた塩川滝です。
R412から中津川のキャンプ場(BBQ場?)に向かう脇道に入ります。
観泉荘こまや手前の道を左折して行ける所まで進むと
イメージ 3
ここに辿り着きます。
奥の橋を渡ると左に滝見道があります。
イメージ 4由緒のある修験の場だったんですね。

駐車場から3分ほどとってもお手軽です。
イメージ 5
しっかりとした観瀑台が設置されていました。
こんな存在感のある観瀑台必要ないんですけど・・・。

基本観瀑台から見ます。
イメージ 6
【 塩川滝 】 落差30m
観瀑台が滝に近すぎてしかも欄干が高いので全景を撮ろうと思うと
広角でも縦位置でしか撮れませんでした。

イメージ 7
切り取ってあげたほうが良いと思います。

イメージ 1
前の記事の一枚は新緑を主役にしましたが少し下に振って滝を
主役にしたこのカットがお気に入りです。

最後は観瀑台の横を通って滝前に下りて見上げ
イメージ 8
光が足らず開けすぎてしまったので浅すぎました(泣)

お手軽ですがとても良い滝でした。

イメージ 2
詳しい地図は こちら

訪問日: 2018年5月2日
滝名: 塩川滝
所在: 神奈川県愛甲郡愛川町半原

ご訪問ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(2)

国道138号線を富士吉田方面に向かい富士見公園前の交差点を右折するとすぐに
駐車スペースがあるようです。私はいまいち場所がわからず一本手前の路地を入り
富士五湖射撃場の看板を辿りました。川を越えたところに城山熊野大権現という社が
ありそこに車を停めると下流側でいかにも滝らしい音が聞こえました。
もしやと思って沢に下りるとビンゴ!滝頭にでました。左岸から降りました。

イメージ 1
【 鐘山の滝 】 落差10m
二条の綺麗な滝です。
落差は実際には5m程度だと思います。

イメージ 3
下には緩やかな流れが続きます。これを含めた落差のようです。
今回私が行った時の水量はとても少なかったようです。

るるぶさんの掲載写真ではこんな感じです。
爆流です。
実際に滝前にいるとこんな姿は想像できません。

イメージ 4
新緑の似合う夫婦滝です。
右岸の滝頭に聳える古木が格好良かったです。

イメージ 5
正式な滝見場所からですと川を挟んでの遠望となります。
せっかく行くのでしたら近寄りましょう。

イメージ 2
詳しい地図は こちら
訪問日: 2018年5月2日
滝名: 鐘山(カネヤマ)の滝
所在: 山梨県南都留郡忍野村忍草

ご訪問ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(8)

道志みちから道志の湯を目指します。
道志の湯は警備員さんを配するほどの盛況ぶりです。
道志みちから2kmほどで到着します。

イメージ 2
滝への降り口にはしっかりとした看板があります。
ここも源頼朝の伝説があります。頼朝さんも滝めぐら〜だったんですかね(笑)

遊歩道を一分で滝前へ到着します。
イメージ 1
【 的様の滝 】 落差7m

イメージ 3
小さな滝ですが滝つぼの緑と白のコントラストが美しい滝です。

イメージ 4
遊歩道途中から少し見下ろし気味に
こういった斜瀑はこういった角度から撮った方が水の軌跡が綺麗に見えます。

なお、滝頭にはこの滝の名前の由来、
イメージ 5
的様が鎮座しています。

イメージ 6
詳しい地図は こちら


訪問日: 2018年5月2日
滝名: 的様の滝
所在: 山梨県南都留郡道志村谷相

ご訪問ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(6)

道志みち(R413)を山梨方面に向かい県境を5kmほど進むと右手に
大きな看板があります。道路わきに2台ほど停められるスペースがあります。

駐車スペースから5分ほどで到着しますがこの時は
イメージ 3
右手の沢沿いの斜面はシャガが〜!

イメージ 4
すごいことになっていまして時間がかかりました(笑)

イメージ 5
相変わらずうまく撮れませんが、

そして滝です。
イメージ 1
【 雄滝・雌滝 】 落差それぞれ10m
右手が雄滝、左手が雌滝です。

では雄滝から
イメージ 6
十分優しい流れですが2つを比べれば確かに男性的かな?

左の太い幹がちょっと違和感、ということで外します。
イメージ 7
滝は細いですが綺麗な流れです。

イメージ 8

続いて雌滝です。
イメージ 9
いずれも滝上の緑が綺麗でした。

最初の2つの滝が見渡せる所で🍙タイムとしました。

ここでも滝見客に会いました。こちらは初老のおじちゃんと若いおねえちゃん。
この辺りではカップルで滝見するのが流行ってるのかな?(笑)

ちなみにこの滝には『その昔、大蛇の化身の美男子と、この滝の精の大蛇の美女が
恋に落ち、逢瀬を重ねたといい、いつしか、この滝に祈ると、良縁に恵まれる』
という言い伝えあるそうです。

イメージ 2
詳しい地図は こちら
訪問日: 2018年5月2日
滝名: 雄滝・雌滝
所在: 山梨県南都留郡道志村小善地

ご訪問ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(8)

今シーズン最初の滝巡りはGW自宅に戻ってのお気楽滝巡りでした。
昨年の伊豆の滝巡りと一緒です。年々出だしが遅くなっていきます(泣)
イメージ 1
【 エビラ沢の滝 】 落差15m
道路から見えます。こちらは展望所から。

イメージ 2綺麗な滝なんですが撮影には変化のない滝でした。

イメージ 3
この上流にも滝が続くようですが見るまでもなく降参(笑)

イメージ 4
いつかは回ってみたいです。
水はとてもきれいでした。

訪問日: 2018年5月2日

イメージ 5
詳しい地図は こちら
今日も山手西洋館の花の写真のおまけ

イメージ 6

イメージ 7
ゴージャスでした。

イメージ 8

訪問日: 2018年5月5日

ご訪問ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(10)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事