ここから本文です
ながら釣師の釣考記
渓流、鮎シーズンは長良川水系の釣行記をメインに、オフは身近な出来事など書いてますので、お気軽にお立ち寄りください。
6/24(日)
散々だった金曜日のリベンジとばかりに今日も出漁、

さすが日曜日、大和以北は何処も釣り人が多く、
さてさてどこに入ろうかと川を見ながら釣人の少ない所を探します。

万場梨畑前に来てみると、下流の淵より下には釣り人がいますが橋脚付近の浅瀬は無人。


こりゃ小型でも入掛りと、早速ここと決めて入ります。既に9時を回っています。

先ずは橋脚付近の瀬から開始し、
イメージ 1

その後に橋脚下流のこの瀬に下ってゆく予定です。
イメージ 2

浅瀬が多いこの付近で一番流れの強い瀬があるここから始めます。
すぐにも来るだろうと思ってましたが何故か全く掛かりません。
イメージ 3

それどころか竿を出し始めると同時くらいに下流の瀬に2名入られ、そのうちのお一人が浅瀬でいきなり入掛りで連荘されてます。

こちらは全くアタリなしで、遠くから羨まし気に眺めるだけ。

その後も全く当たりがなく釣れない時間がどんどん過ぎていきます。

その後も川を見る車が続々と現れ、2台、3台と停まりどんどん釣り人も増えてきて、先ほどの人とは入れ替わりで入られたSで全身固めた方も順調に竿を曲げています。

此方は相変わらず釣れません。
ここで右岸寄りを諦めて、川の中ほどまで入り石が頭を出している浅場を狙うと漸くチビが来ましたがこれが腹掛り、それでもなだめすかして囮に使います。

この時すでに開始後1時間経過。
その後にもう一匹チビを追加しますが、これも腹掛りで内臓が出ていますので囮になりません。

こんな調子ではこの後も期待できそうにもないのでさっさと場所替え、既に開始1時間半以上経過しており、この時点で時速1匹で完全に返り討ち状態。


釣り場を探し一旦上流へ向かうも、どこも釣り人が多いので反転して八幡方面へ。

写真のここまで下ってくると、朝は堤防道路に何台も停まってましたが、この時間には一台だけ。
下流の淵には何人も入ってましたが、この瀬にはお一人だけだったのでここに決めて入ります。
イメージ 4

川に降りてから早めの昼食を摂ったあと、先ずは瀬頭の波立ちから始めると10分ほどで小さめですがこんな囮ごろが掛かり、イメージ 5

囮が替われば何とか掛かり出しますが、入れ掛かりはありません。

この子はここでの平均より少し良い型。
イメージ 6

ここで中洲に渡って左岸を釣り下ることにします。
先行者は釣れなかったらしく上がられましたが、交代で軽トラの人が入って入掛り。
イメージ 9

瀬の中の弛みを重点に狙ってゆくとポツリポツリと掛かります。

瀬脇で来たぽってりアユ、これは100gでした。
イメージ 7

今日も何時も通り4時に納竿、
相変わらずキャッチミスや空中バラシがありましたが、それでも午後だけで何とかダブルツ抜け達成。

午前中は半べそ状態でしたが、午後になって少しは復活できましたので、半分はリベンジできたかな。
イメージ 8

この記事に

6/22(金)増水後の引き水、晴天、平日で爆釣の筈が、見事に撃沈でした。


何時もの開始時間9時少し前、今年初めて入るこんなところからスタート

半径100m以内に3名のみ、石の色は相変わらず良くありませんね。
イメージ 1

上流 イメージ 2
この時点で入るべきではなかったのですが、何とかなるかな〜と何時ものいい加減な気持ちで竿を出しました。

少しでも石色がよさそうな、石の間の水通しの良い所や石裏の弛みなどを狙ってみましたが、1時間半ピクリともしません。

今日は整形通院日なので3時前には終了しなければなりませんので、こりゃボーズもあり得るな〜と嫌な予感。

言い訳ですがここでは周囲で竿の曲がったのは見ませんでしたね。


さっさと場所替え、次はここ、橋下流の瀞場からの流れ出し。
イメージ 3
石色はほどほど良さそうで食み跡もあります。

しかしここでも全く追わず、漸く掛ったのが1時間後、下流のコンクリート護岸脇の深みでした。

ヘロヘロだった囮がようやく変わり、同じところで直ぐに2匹目、しかしこれを引き抜くと水面を割ったとたんにポットン。またやってまったー。

その後弱った囮をなだめすかして泳がせ、何とか少し小振りを1匹追加し、ここで昼食に。

食事後は上流へ移動してみます。
こんなところには鮎が走るのが見えますが、超浅瀬なのでやっぱりパスし、
イメージ 7

大好きなこんな流れ込みの瀬から再スタート。
イメージ 4

ここで今年初めてかというほど凄いアタリ、
サツキマスでも掛かったかと間違うほどの強烈さで、必死に矯めて何とか抜いてみましたが、上流からの風で竿が戻されてしまい飛んできたアユがタモ入れ寸前に失速しキャッチミス、幸いに外れなかったので必死にタモへ。

引きの割にはそれほどでもなかったです。(納竿時の写真)
イメージ 6
ここで直ぐに追加しますが、2匹で打ち止めでそれっきり。

この下流の淵は掛かるようですが、苦手なのでパスして再度開きからの食み出しを期待して下りましたが、折角掛かったアユも引き抜き水中バレなどで全く数が伸びず、納竿の3時まで頑張ってたったのこれだけ。
イメージ 5
ツ抜けの半分で、ボーズ回避がやっとでした。

因みに、入った時は下流の瀬におられた先行者はお昼頃には居なくなりましたので釣れなかったらしいですが、その後に入られた方で橋の下の淵で粘ってる方、取水口の下に後から入られた方は時々竿を曲げられてました。

今日は(もとい、今日もかな)
掛からない→囮が弱る→尻尾を振らない→針が底石に掛かる→針先が潰れる→掛かり鮎が外れる→囮が弱る、の負のスパイラル。

掛からない時ほど針の点検が必要なのは良く解ってますが、根がいい加減な人間なので掛かればそのまま釣り続けることもしばしばで、バラシてあとで悔やむことばっかり。

仕掛けと針の点検を怠っていては釣れません、反省。


この記事に

開くトラックバック(0)

竿乾燥台


6/20(水)
昨夜から待望の雨が降りましたが、期待した川を洗うほどは増水しなかったようで、一番水位が上がった時でも郡上稲荷で渇水時から+50cmほど。

でも少しはヘチのドロドロは流れたでしょうか?




さて、以前から欲しいと思ってた竿乾燥台を作ってみましたのでお披露目。

百均で買ってきた角材、丸材、色付き板材、他に家にあった不要な棚板、板ゴムなどを利用したので、材料費は総額600円ほど。

イメージ 1
如何にも不格好ですが、売り物でもないので気にしません。

竿を立てるとこんな感じ。仕切りの奥にも立てられますので竿2本分乾燥可能。
イメージ 2
下の竿が当たる部分は水分吸収を考え桐材を敷きました(百均の桐すのこ利用)

上端には竿栓置き箱。
竿の取り外しがし易い様に手前側は板ゴムを細くして中央で切ってあるので、手前に引けば外せます。
イメージ 3

イメージ 4
一般的には竿立て部分は板に穴をあけたものが多いようですが、ホールソーも無く糸鋸で丸く穴をあけるのは面倒なので、格子状にしましたが特に問題ないですね。

この記事に

微妙

15日(金)は雨の予報でしたが、殆ど降ってませんでしたので出漁しました

先行者は上流に1名のみで、掛かる鮎が小さいとの事でした。

先行者の少し下流で9時開始。

こんな岩がゴツゴツのところで掛かりました。
底石は良い色をしてましたが何故か単発で掛かるだけで連荘がありませんでした。
イメージ 1

上流はこんな感じ、この頃は小雨が降ってましたので暗いですね。
イメージ 2

この子が本日最大、良く太ってましたがこれでも80g。
イメージ 3

4時過ぎまで頑張って何とか今年初めて何とかダブルツ抜けを達成。
釣果写真がありませんので代わりに漁協の伝票、
小さいのが多く全部卸してもやっと1kg超え。
イメージ 9





開けて16日(土)昨日とはうって変わって良い天気です。

今日も9時頃、昨日の場所より少し上流の此処から開始、

先行者は最上流の開きと、右の流れに各一人、入った左側の瀬は無人です。
イメージ 4

上流はこんな感じ、全体に垢ぐされで岸寄りには青藻がイッパイ生えてます。
イメージ 5
この瀬を釣り下りましたが結局1時間近くアタリなし。

途中から右の流れに移り、こんなところでやっと掛かりましたが、連荘が無いのでアタリのない時間の長いこと・・・
イメージ 6

こんなのが連続で掛かればいいのですが、今日はアタリが少なく囮も直ぐにヘロヘロになります。
イメージ 7
更に午後になると水温もお風呂並みに上昇し引き舟の中の鮎もグロキー気味でした。

今日は早く帰るようにとのお達しなので2時半納竿。

今日の写真もピンボケ、釣果もピンボケでツ抜けがやっとでした。
イメージ 8

微妙な釣果が続きます。


今日は夕方に娘夫婦が孫連れて家に来るので全部持ち帰り塩焼きにします。

郡上の長良川も垢の腐ったところが多いので、掛かる場所が限られてます。

静かに泳がせ釣りをすれば掛かるようですが、瀞場の釣りは我慢できないのでどうしても釣れない瀬に入ってしまいます。

一度増水して川を洗わないと、このままではまだまだ厳しい状況が続きますね。

この記事に

開くトラックバック(0)

厳しい!

土曜日、
増水してたらサツキ狙いでしたが10センチほどの微増のようですので、鮎の道具だけ積んで出発。

大和はダイワの大会だったようで赤い帽子の人たちで川が埋め尽くされてます。
下万場橋まで選手がいっぱいでとても入る勇気がなく、結局会エリアを避けた釣り人で混雑した白鳥の赤瀬橋下流で2時間ほど竿を出しましたが、チビが3匹だけ。

昼食休憩を兼ねて八幡まで下り稲荷の環境センター前へ。

昼食後、川の中央部まで渡ってこの瀬から竿だし。
イメージ 1

薄濁り、しかも川底の石はヌルヌルで良く滑ります。

この白泡の瀬に囮を入れるとものの数分で掛かり、飛んできた魚体は白鳥の鮎に比べて倍くらいに見えました。
ほぼ入れ掛かりで4匹ほど掛かり、その後は何とか退屈しない程度に掛かりました。

傾斜のある瀬の中では強烈な当たりと同時にひったくられアユとの引っ張り合い、今年初めてのアユ釣りの醍醐味を味わえました。

針が合ってなかったか急瀬で良型が掛かると身切れバラシが多発、また、糸がキンクしてたのか、アタリと同時に竿を立てる間もなく目印下からプッツンしたり、挙句は数を数えようとタモにあけた時に脱走と、今日もトラブルの連続、それでも午後は何とか大を含む12匹獲れました。
イメージ 2




明けて日曜日、
午後は雨が降りそうなので釣れないのは解っていますが近場の9時に中央エリアへ

先ずは広い瀬を貸し切ってここからスタート
イメージ 3

郡上に比べて抜群に良い石色をしていますし、そこそこ食み跡も確認できます。
イメージ 4

直ぐにも来そうな感じですが、10分、20分、30分なにも起きません。

一時間ほどで漸くチビ1匹、それを囮にすると瀬の中でビビッと反応があり、やっとまともなのがキターと喜んで抜いてみれば、
イメージ 5

15cmの囮に13cmが掛かってました。

この頃には釣り人は3人に増えてましたが、一向に掛かる気配がないので場所替え。

次は先ほどの場所よりはるかに広いここですが、それでも先行者は7〜8名ほど
イメージ 6

ここも底石は良い色をしていますが、先行者を見ていてもあまり掛かっていないようです。

1時間ほど瀬の中を釣り下り、何とかビリアユを含めて3匹追加しましたが、12時頃に雨が降り出したのでここで終了。

一番上が今日最大の17cm、ビリ13cm含め5匹。(下2匹使い古しの囮)
イメージ 7


郡上の長良川ではこんな良い川色のところは殆どありませんが、中央は何故か全く釣れません。天下の長良川、これでは寂しいですね。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事