全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

クリィミーマミ2



魔法の天使クリィミーマミ2 北川ゆうこ 伊藤和典 KCキャロル 講談社


目次


第7話 鏡のむこうのマミ   1983年10月号
第8話 カゼをひいたネガ   1984年3月号
第9話 ガリ勉優ちゃん    1984年4月号
第10話 マミのファーストキス 1984年5月号
第11話 ファイナルステージ  1984年6月号〜7月号



ネコに変身した宇宙人とお友達になったおかげで、魔法をつかまえるようになった優ちゃんは、クリィミーマミに変身して、みんなのあいどるに!
でも、大好きな俊夫くんに、ひみつがバレてしまわないかと、いつもはらはらしているのです……。



漫画版は優と俊夫の恋物語です。
漫画である以上、音が無いだけにアイドル「クリィミーマミ」を中心に置くことが出来ない。
出来ない故に、マミではなく優中心の物語になっています。

アニメがアイドル「クリィミーマミ」を中心に据えているとすれば、漫画は小学生「森沢優」の物語なのです。
ただ、物語を追うだけのコミカライズと思わず、漫画としての演出の違いを楽しめたらより一層、漫画「クリィミーマミ」を楽しめること間違いないでしょう。

閉じる コメント(6)

ランダムからきましたが、あまりのなつかしさにコメントかきこみです。アニメのほうしか知らないんですが、2もあったのですね。

2006/9/16(土) 午前 1:02 [ ひるね ] 返信する

ひるね様。懐かしいですね。ただいまお祭り中なので、色々な所をまわってみるのも良いと思います。

2006/9/16(土) 午前 1:27 [ ほしの ] 返信する

顔アイコン

前は、優ちゃんの方がすきだったんですう!今は両方好きですう・・・・

2006/9/16(土) 午前 8:51 クリィミーひろし 返信する

クリーミー様。どっちも、優だけど、頑張れ!!!!

2006/9/16(土) 午前 11:27 [ ほしの ] 返信する

顔アイコン

緑髪のマミもめんこいですな(*´д`*)

2006/9/16(土) 午後 8:14 とらとら 返信する

とらとら様。漫画版は青色や緑色がありますね。

2006/9/16(土) 午後 8:27 [ ほしの ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(46)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事