全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

鬼神1964 長谷邦夫


現代忍者シリーズ 鬼神1964 長谷邦夫 曙出版 1964年


目次

第1章 鬼神一族

第2章 恐怖の火祭り

第3章 超魔人

第4章 地獄へつづく穴

第5章 忍者対ベム



とある道も無いような山奥で、無数の矢にさされ黒瀬ダム調査員が変死をした。
東都建設では私立探偵を雇い調査を進めるが、田辺は同僚の死を思い勝手に調査に行くのだった。

田辺が黒瀬の谷に着くと変死を調べていた警官が崖から落ちてきて「鬼…」と言い残して死んだ。
「黒瀬の谷を探るものは死んでもらう」
この谷の主と名乗る鬼神一族が現れ、追い返そうとした。
爆薬を投げられ、逃げるも気絶していまい死んだと思われ、なんとか命拾いをする。

そして、さらに様子を探る為、谷の奥へ足を運ぶと山小屋を発見し、尋ねてみると……
鬼……鬼が待っていたのだ。



忍者漫画ではあるが、現代劇なので区別をする為に1964と製作年をタイトルにつけている。
内容的に判りやすくいえば、貸本版「ひぐらしのく頃に」といった内容で、
ダム建設反対に絡む変死事件に始まり、谷を護る鬼、鬼を崇める部落民、そして鬼の正体……
モチーフも展開も落ちもほぼ同じ……

「栗と雲丹」みたいなものでしょうか


現代忍者シリーズ  リスト 


忍者1964
霧隠1964
鬼神1964
亡霊1964
影武者1964


現在、判っている作品は以上の5冊、まだまだあると思われます。

閉じる コメント(8)

顔アイコン

長谷邦夫さんてフジオプロに居て、この後にパロディ漫画で有名になる、あの人でしょう?へえ〜、ですね。知りませんでした、こんな忍者も鬼も登場のワンダーなサスペンス漫画を描いていたなんて!オドロキです。 削除

2006/9/20(水) 午前 0:41 [ ken ] 返信する

ほぇ〜。設定が似ているものですねぇ。若しかしたら竜騎士さんもコレを参考にしていたりして…(^^; …64年ともなると探すのは大変そうです。

2006/9/20(水) 午前 1:49 [ tsu*u*iyohi*o ] 返信する

Ken様。貸本漫画を描いた後、フジオプロに合流します。もう、この漫画の頃には合流しているのかな。そんな頃の漫画です。

2006/9/20(水) 午前 4:30 [ ほしの ] 返信する

月日夜様。この漫画のレビューを書いていたら、「ひぐらし?」って思ってしまいました。漫画を読んでいても、「ひぐらし」らしさは無いのですが、要点をまとめてみると、「ひぐらし」と共通する点が多いですね。非常に興味深い漫画です。

2006/9/20(水) 午前 4:33 [ ほしの ] 返信する

顔アイコン

キシンと読むのではないのですね。1964年とはこれまた昔 うるQより前ですか〜 傑作ボタンポチッ♪(^O^)

2006/9/20(水) 午前 5:45 もすら 返信する

平野様。このシリーズも集めたいのですが、なかなか難しいです。話としてはウルトラセブン的ですね。

2006/9/20(水) 午後 6:11 [ ほしの ] 返信する

顔アイコン

へえ〜長谷邦夫さんって、学年誌で学習マンガ?をやられてた方という印象ですが、こんなことも。この作品は白土風でも手塚風であり微妙な感じですね。

2006/9/21(木) 午前 3:26 G作品 返信する

G作品様。女の人は赤塚風です。フジオプロに合流する前は貸本で沢山漫画を描いていたようです。

2006/9/21(木) 午後 5:15 [ ほしの ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事