ここから本文です
鮎のバケ鉤に興味を持って試行錯誤しております。

 鮎比べ

前回は芹川と犬上川、二つの河川で竿を出しました、ほとんど同じ大きさの鮎ですがこのくらい違いがあるんです。
1枚目の写真は芹川の鮎です
イメージ 1
2枚目の写真は犬上川の鮎です。
イメージ 2
1枚目の芹川の鮎の方が星が出ていて黄色味を帯びているのが感じられると思います。これらは釣った鮎を別々のジップロックに入れてあり、大きめの鮎を開きにしようと一袋ごとに選んでいるときに気がついたのです、、腹を割いてワタを見ても芹川の鮎は濃い深緑、犬上川のそれは浅目の深緑色なんです。芹川の星鮎はあの大雨の最中も何処か増水した竹やぶの中にでも隠れていた鮎で、かたや犬上川の鮎は一度落ちてから差し替えして来た、もしくは琵琶湖で育っていて今回登って来た鮎なのでしょうか、、星も1週間くらいで出たり消えたりするんでしょうか?? お詳しい方おられましたら教えてください。今回はたまたま二つの河川の鮎を比べることができたので大変興味深かったんです。写真はありませんが数日前に眩影さんが地内川の鮎を沢山持って来てくださいました、その鮎の腹の中は全く何も食べていないんでしょう、空っぽで緑のみの字もありませんでした、大雨で登って来たものの川にも何にも餌がなく五、六日立っていた状態だったんでしょうか? いろんな川の状況、鮎の様子を想像するのもなかなか楽しいものです、、、笑。

この記事に

307号線の橋の上下には沢山の釣り人がすでにおられます、それでも場所が広いので今日のような平日でしたら、どこなと迷惑にならない場所で竿は出せそうです。
イメージ 1
水嵩はまだありますし、流れも早め、川幅も普段よりあるようですが、小さめながら沢山の琵琶湖鮎ちゃんが登っています。で 今日も餌なしで挑戦! 巻いた鉤を各種用意して3本から4本仕立ての仕掛けを順番に使ってみました。 先ずはもちろん黒、赤、の定番埼玉バケばり! 一投目から来ます、魚が濃いのか鉤がすごいのか、はたまた両方か、、きっと両方で良い条件が重なっていたんでしょう!  琵琶湖定番のパールビーズ、金鉤に赤玉、白鉤にオーロラひげ金玉、バケの派生で赤帯の金ラメ、緑ラメにオーロラ巻き、、等々数種類を一本づつつけた仕掛けを使いましたが、鮎ちゃんはほとんど満遍なく来ました、、が、、ほんのささ濁りな感じの川には「賑やか」な針によく反応したような気もします。
暑い日中でしたので私は足元を川に入っての釣りでした、皆様も暑さ対策は十分に用意してお出かけくださいね!!
イメージ 2

この記事に

バケ仕掛け作り

釣りに行けない日には仕掛けを作りながら勝手な夢を見るのです、、、さぁこれでデカイのを釣るぞー!!大笑い。
イメージ 1

この記事に

真野川へ偵察

朝からの用事が済んだのが午後3時頃でして、それから真野川へでも偵察に行こうかと思いつき着いたのですが、このようなありゃりゃの状態になっていました!こんなに雨降ったんやー! しかも泥水、、、

イメージ 1
仕方がないので、隣の和邇川の様子も見てきました、こちらは水量も濁りも有りませんでしたが、様子見だけで竿も出さずに帰ることに、、、
 帰る途中に小さな流れ込みを覗きましたら、こんなところの沈み石に鮎が苔を食んでキラキラしてるじゃ有りませんか!流れが殆どない場所なのでバケも追わないだろうと思いながらもやはりここはひとつ、バケを投入して見ます。
イメージ 2
一投目からきます!! しかもダブル!! 満月が常に本命にしているアブラハヤちゃんです!!笑。  しかしお外道様のヒラ打ち苔食み鮎ちゃんは全く見向きもしません、、、やっぱり流速がないとバケでもあきませんかねぇ、、、
せっかくお外道ちゃんがそこにいる事なので、姿を一目でも見たい一心で針をコロガシ3本に付け替えて数投投げます、上がってきてくれた鮎ちゃんがこの大きさです。
イメージ 3

こんな所でこんなに大きいの??と少し驚きのサイズです。今年はやはり鮎の個体数が少なくどこもサイズが大きくなるんでしょうか?
大きさが分かればそれで終了、大漁の一匹でした。 本命のアブラハヤちゃんは物欲しげに見守っていてくれた野良ちゃんに進呈、山盛り氷の入ったクーラーボックスに悠々とおいっぴき様が入られてご帰還でした。

この記事に

今年の琵琶湖の小鮎漁が不漁だと伝えられています、例年ですと滋賀県内のスーパーマーケットでは春先から店頭に氷魚から始まり、だんだん大きくなっていく小鮎が並べられて売られているのを良く目にするのですが、今年はほとんど無かったような気がします、偶にあってもびっくりするような値段でした。それが先日はこんな量、800g、入って1380円の値段で出ていましたので、小鮎が値段も安くなって流通しているってことは琵琶湖内で少しは獲れてるんでしょうか? 北小松あたりではガチャンコ船が操業してるんでしょうね、、そういえば私は一ヶ月以上湖西方面へ出向いていないので今年はまだ船を見ていませんでした、、、それにしても懐の深い琵琶湖の鮎ができるだけ復活してくれれば良いのですがねー、、、
イメージ 1

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事