ここから本文です
鮎のバケ鉤に興味を持って試行錯誤しております。
今日は大好物のドンコを釣りに出かけてまいりました! 唐揚げでも焼いても佃煮にしても、、私そのほろ苦さが大好きなんです。メインはドンコなのですが、おまけに小さな鮎ちゃんも来てくれて何より、、まぁ楽しい川遊びの1日でございました!!
イメージ 1

この記事に

発泡ラセン錘

瀬釣り、石の多い浜釣り、での錘の根掛かり防止としてもっぱらこれを使っています。1センチ直系の発泡棒を約5センチの長さに切り、針金でラセンを作り差し込みます。ラセンの先には錘を取り付ける余分な長さの針金、発泡棒の先にはハリス留を付ける針金をそれぞれ残しておきます。
イメージ 1
ラセンの先には3〜5gの錘をつけて顰めます、発泡棒の上部にはハリス留を付け針金を発泡棒の穴に入れ、1cmほどに切った爪楊枝を差し込み針金の隙間を無くします。
イメージ 2
これで出来上がり!!錘の3〜5gというのは、流速によって使い分けます、 私はシーズンを通してどこでもこれを使っていますが、まだ根掛かりをしたことはありません。安く作れて根掛かり激減!ちと見栄えがよくないのはご容赦くださいませ!!
作られる方がおられましたら、、、これらはどうしても消耗品なので、くれぐれも錘も高価なタングステンバレットなどは使わないでくださいね、

この記事に

2週間ぶりにお魚さんに遊ばれてこようと思いまして、直近の大雨で鮎が登っていると言われている犬上川へ行ってきました。多くのブログ等でも紹介されているように、現在琵琶湖界隈で調子の良さそうなのは湖北だけのようなので早朝から釣り人がおられます。
イメージ 1
犬上川は上流から河口までの距離もあり、取水によって普段は瀬切れしてしまっていることが多いのですが、今回のような大雨や台風が来るとその瀬が繋がり、鮎が沢山遡上して来るのでそんな時が大きな小鮎、、それもおかしな言い方ですが琵琶湖には小鮎しかいないという発想で大きな小鮎、ですが立派な小ぶりの鮎ちゃんです!!大笑い。の狙い目なんです。赤橋、青橋、高速下、金谷、等有名どころはたくさんありますが、川の長さや相の違いがあって竿を出すポイントはいくらでもあります、駐車スペースの心配もありませんので多くの釣り人が訪れるのは当然ですね。
現場でお会いした名古屋から連泊で来られていた方にお聞きしましたところ、水曜日はもっと水が出ていたそうですが、だいぶ釣れたとおっしゃってました。当日もその方はポンポンと上げておられたので、さぞかし釣れたんでしょう!! 結局私は近くで竿を出させてもらい2時間ほどで50匹くらいでした、2日もあれば琵琶湖からこの金屋まで登ってきてしまう小ぶりの立派な鮎ちゃん達、形も揃っており、平均13cmってところでしょうか、ふっくら太ってますし、追星も出始めてるような鮎ちゃんもいます。家に帰って塩焼きで頂いたらまぁ香りも良くて美味しいこと!! 琵琶湖さん犬上川さんありがとうございましたー、でした。 
イメージ 2

そうそう、ここでの釣りは岸から狙うよりウェーダーを履いて川の中央、洲、からポイントを探すのが非常に効果的だと思います、岸からだとどうしても移動も限定的です、実際当日その場所で一番釣っていたと思われる先ほどの名古屋の方は水曜日とは川相も水量も違うし、釣れていたポイントも全然違うと川をあちこと移動しながら数をあげていました、参考までの追記でした。

この記事に

中通しタラの木の浮子を改良して移動式にして、ハリス留めにバケを短くつければバケドライになるんじゃないかと目論んでします、エダスの長さを変えれば水面直下、んな甘くないかなぁーー、、 魂胆は淵でライズするウグイを水面でバケで釣ろうとしているのです、産卵期には餌に見向きもしないウグイさんです、釣れねーよーって言われてるウグイちゃんです、川の中が真っ黒になる程琵琶湖から登ってきているウグイさまです、、、遊ばれてきます、、、それにしても自作のこの浮子 ブサイクやわー、笑い。
  行ってきました。 結果はウグイ様様に相手にされず、とことん遊ばれてきました、 諸先輩がたのご意見はやはり正しくその通りでございました、、満月めげてはいるのですが産卵が終わったら又食うよ! という暖かい励ましの言葉を鵜呑みにして二週間後に再訪するつもりです。大笑い。
 話は変わりますが、以前近所の小川で小鮎釣りをしていて、釣りあぐねていた時に小学生の子達が通りがかって「おっちゃん魚そこにたくさん見えてるやん! なんでつらへんのー?」と聞いてきました。「釣らへんちごうて、釣れへんねん」 とタメ口で返答していたことは内緒にしておいてくださいな、、、今日は小学生には遭遇致しませんでしたとさ、、、笑。
イメージ 1

この記事に

先週のウグイの入れ食いと引きの面白さに釣られて昨日も地内川にいってきました、今回はブログ仲間の眩影さんしみやんさんもご一緒です。今週日曜日のスミレパパ、火曜日の辰さん、のお二方とも同じポイントで爆、爆と続けておられてますので安心して行ってきたのです。 辰さんからは「釣れすぎ注意報」「爆釣り警報」が出ていたほどですから、そのウグイが山盛りいる同じポイントで気楽〜に竿を出し始めたものの、一向に食いつかないのです、、瀬の群れの中、淵のウグイの固まりの中、バケを取っ替えひっかえしながら流し続けるも結果は3人で2時間以上で10匹ほど、、、釣れすぎておもろ無い、魚が重たくて腕が痛い、獲れすぎて料理に困る、飽きてしまった、、、、どの項目にも当てはまらないお天気の良い温かな地内川でのお話でした、、、とさ、で、3人で話していたんですが、釣れないのはきっとパパと辰さんが釣りすぎたんだわー、そうだわきっとそのせいだわ! ということで落ち着きました、、、笑い。
イメージ 1

 午後からは小鮎ちゃんを求めて、今津浜を見学、だれ〜もいません、鴨川、北小松、で竿を出すもご報告するのも恥ずかしい各1匹づつ、釣り友との楽しい語らいができた一日でした、しみやんありがとうございましたー! 眩影さんおおきにです! 満月は来週もウグイに行きまする!!
北小松の帰りに沖にできていた黒い帯、、これって小鮎の群れでしょうか??

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事